Comic

【撃退!隣の迷惑モンスター】#10 夏祭りはりきる暴走ママ…衝撃の結末

保育園の保護者会の役員になった私。夏祭りの内容を決めなければなりません。

今回もヒラ役員の松子に振り回される!!

前回のお話で、グループLINEで暴走したヒラ役員・松子さん。
保育園の行事・夏祭りを誰よりも張り切っています。

張り切りすぎて会長を差し置いて仕切っているのは想定内ですが、とてつもなく張り切っているので、何か面倒な事が起きないといいなと思っていたのですが……。

何故かカブトムシを売ろうとしている松子。
田舎だからその辺にたくさんいるから、売れないと思う……けど誰も言えず……。

結局、私はジュース係、松子はカブトムシ係となった。

そして事件は起きたのです。

勝手に発注してくれて、逆に二度手間!!
私だけではなく、他の係の人にも余計な事をしてみんな疲れ切っていました。

そんなことになっているとはつゆ知らず、松子といったら…

カブトムシを捕まえるたびにご丁寧にLINEで報告してくれていた(大体深夜‥笑)
そして、気付いてしまった…
すでにオス42匹、メス50匹捕まえている事に……。

流石に100人ぐらいしかいない保育園でこの数は売れるわけないし、田舎だからその辺にカブトムシいるし、乱獲甚だしいので、少し逃すようにみんなで説得したけど、全然聞く耳持たず……。

みんなは諦め、松子のやりたいようにカブトムシを売る事になった。

夏祭り当日、またまたご丁寧にカブトムシの状況をLINEで逐一報告してきた。

私は気付いてしまった……
空気孔がない事に!!! LINEで空気孔を開けるよう返事をしたが時すでに遅し……。

空気孔の穴を開けたはいいけど重ねてしまって3分の2死なせてしまっていた……。


そしてもちろんカブトムシは売れ残った。

もう松子には任せておけないから、他の役員で買い取っておうちで逃がしてあげましたとさ……。

これを機に生き物を売ることは禁止になりました。松子も自分の暴走に少し反省したようでした。

新庄アキラ

理学療法士として働きながらくだらない漫画を書いてるジャニヲタ

【Instagram】
shinjo_akira

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!