News

ママたちの予防接種あるある。注射が辛いのは子どもだけじゃない!

子どもにとっては辛い試練の予防接種。中には大暴れして、こっちが泣きたい!!と苦労しているママもいるかもしれません。よその家庭の予防接種事情はどのような様子なのでしょうか。少し覗いてみましょう☆

親の私が泣きたい…!

5歳になる息子は、注射が大嫌い!毎年予防接種に連れていこうとすると泣いて嫌がります。今年も「病院に行こうか」と言うと「お熱ないのになんで?」と早くも勘づいた様子…。
何とか誤魔化して病院に連れていきましたが、ずっと警戒していました。

順番が来て名前を呼ばれたときにはやはり大泣きで大暴れ。無理やり抱っこしていこうとしましたが、5歳とはいえ男の子の力強さに私も押され気味になってしまいます。
他の患者さんには冷ややかな目で見られるし、私も泣きそうに…。
看護師さんが数人来てくださり何とか息子を診察室に連れていき、みんなで押さえながら何とか注射を打ってもらいました。

毎年力も強くなっていく息子。来年のことを考えると今から憂鬱です…。(30代前半ママ)

看護師さんパワーで乗り切った☆

1歳になる息子の予防接種。いつも顔を真っ赤にして泣き叫ぶ姿を見るのが辛くて私も予防接種が苦痛でした。
1
歳に受けなければならない予防接種を受けに行ったとき、看護師さんが指人形を使って息子に話しかけてくれ、息子も大喜び。気を取られている間に先生ともう1人の看護師さんがそーっと注射を打ってくれました。
さらに看護師さんが指人形を使って歌を歌ってくれたので、一瞬は驚いた様子を見せた息子も、すぐにノリノリに♪

病院側の配慮に感謝です。(20代後半ママ)

準備満タンでいったけど…

昨年、注射で大暴れした4歳の娘。行く前から注射に関しての絵本を集めたり、人形を使ってお医者さんごっこをしたりして注射に関しての恐怖心を取り除こうと頑張ってみました。

予防接種の当日、診察室に入ると意外と堂々としている娘。注射の瞬間は険しい顔になったものの、泣きもせずに終了しました。

対策のおかげなのか、娘の成長なのか?昨年あんなに苦労したのに…と拍子抜けです。(30代後半ママ)

娘の成長にカンゲキ!

2歳の娘を注射に連れていったときのこと。先生はあえて娘ではなく下の子に「〇〇くん、今日はお姉ちゃんが頑張るからね!かっこいい姿見ててね」と声をかけたのです。

すると、いつもは泣いて嫌がる娘でしたが、先生の言葉を聞いてかっこいい姿を見せなきゃ!と感じたのか我慢しながら受けてくれました。
さすがに注射の瞬間は泣いてしまいましたがすぐに泣き止み、弟に向かって「お姉ちゃん頑張ったよ~!〇〇くんも頑張ってね!」と声をかけた娘。

その姿に成長を感じ、少しウルッときてしまいました。(20代後半ママ)

いつかは思い出になる予防接種話

さまざまな感染症の予防のために受けなければうけない予防接種。
中には、全く平気!という子どももいますが、大泣きして大変!と困っているママも多いと思います。

子どもの恐怖心を理解しながら「注射を打って悪い病気をやっつけようね!」など励ましの言葉をかけるなど、頑張って取り組めるようにサポートしてあげましょう。

HALF

元保育士で3歳女児、1歳男児をもつママです☆インスタでトレンドを探ってます♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!