Facebook Twitter Instagram

出典:@ uemura_aさん

Fashion

ブーティは季節を問わない万能アイテム!ブーティコーデ完全攻略

足首までの長さのブーティはパンプスとブーツの中間の存在。女らしさのある丈感が魅力です。スカートスタイルにもパンツスタイルにも合わせやすく、季節を問わず履くことができる万能アイテム!ブーティの選び方から春夏秋冬のブーティコーデまで、ブーティについてまとめてご紹介します。これでブーティを完全攻略しましょう!


■季節を問わず使える!万能アイテムブーティーを履きこなそう

まずはブーティの選び方が重要です。足がキレイに見えるブーティ選びのポイントを押さえておきましょう。

・まずは基礎知識!ブーティってどんなアイテム?

ブーティはブーツとパンプスのちょうど中間の位置づけ。ブーツよりも軽やかでパンプスよりもコーデに重みをプラスすることができます。デザイン性の高いブーティもありますが、基本的にはシンプルなデザインが主流。20代から40代、50代と、幅広い世代から支持を得ているアイテムです。ブーツの活躍する秋・冬の季節はもちろん、春や夏でも使えるのがうれしいポイント。自分の足に合ったベーシックなデザインをひとつ持っていれば、いろんな場面で活躍してくれそうです。

・知りたい!足がキレイに見えるブーティを選ぶコツは?

出典:mamagirl2018冬号

ブーティはブーツよりも短く、ふくらはぎがしっかりと出るのが大きな特徴です。そのため、ブーティのデザイン次第ではふくらはぎの太さを強調してしまう可能性も。
ブーティと一言で言っても、そのデザインはブランドによってさまざま。似たようなデザインだと思っても、ディテールの違いによって履いた時の印象が大きく左右されます。
そのため、ブーティ購入の際は試着必須!鏡の前で見え方をチェックして、自分の足に合ったデザインのブーティをチョイスしましょう。

・足を細く見せるブーティはどんなデザイン?

出典:mamagirl2018冬号

ふくらはぎが太いなら、隠れる部分が足の甲の部分のあまり高さのないデザインのブーティがおすすめです。足首からしっかり出るタイプのデザインの方が、ふくらはぎの太さが気になりません。
足を長く見せたい!そう思う人も多いはずです。足首から甲にかけてVのデザインになっているものなら、足を長く華奢にみせるといううれしい効果が期待できます。
また、足首から履き口にファーやリボンなどのアクセントのあるブーティなら、足首周りをより細く見せることができるかもしれません。秋冬しか履けないデザインですが、2足目、3足目ならアクセントのついたデザインブーティもいいでしょう。


■2019年最新♡季節ごとのブーティコーデ

季節ごとのおすすめブーティコーデを確認していきましょう。

・華やかな春コーデの引き締めアイテムにブーティを

出典:@ uemura_aさん

まだ肌寒い春の季節は、冬に引き続きブーティが活躍してくれます。薄いデニールの黒タイツと黒のブーティを合わせるのがおすすめです。抜け感が春らしく、黒ブーティの引き締め効果でスタイリッシュな足元に仕上がります。
足を長く見せる効果が期待できるため、バランスが難しいひざ下丈のスカートとの組み合わせもばっちり!スタイルよく見せてくれるコーディネートです。

・夏は素足に合わせてすっきりと履きこなして

出典:@ uemura_aさん

夏のブーティ使いなら素足をしっかりと見せるのがいいでしょう。パンツスタイルの場合はブーティとパンツの間から素肌をのぞかせるのがバランス良く着こなすためのポイントです。
サンダルよりもかっちり感を出せるのが夏のブーティ。軽やかになりがちな夏の足元を引き締めたいときに活躍してくれます。気合の入ったお出かけなど、重宝する場面も多いはず!

・秋からブーティの活躍本番!足元に重さを出して秋の雰囲気を

出典:@yui.yanagihashiさん

秋はブーツより軽やかな印象になるブーティが活躍する季節。どんなコーデにもすんなりとなじんでくれるのが大きな魅力です。

出典:@ uemura_aさん

パンツならブーティとの間に素肌を見せるのはお約束。Tシャツとデニムという海外セレブのようなシンプルスタイルには、人気の黒ブーティで足元に重みを出してバランス良く仕上げましょう。

出典:@ uemura_aさん

スカートならソックスと組み合わせて丈感を調節するのがいいでしょう。ソックスのカラーや素材にこだわって足元から秋を取り入れるとおしゃれにキマります。

・冬はパンツとの組み合わせがベストバランス!

出典:@yui.yanagihashiさん

秋から引き続き、冬もブーティが活躍してくれる季節。
冬はトップスやアウターにボリュームのあるスタイルが多くなりますよね。適度なボリューム感があるブーティは、パンツスタイルとの組み合わせがベスト!トップに負けない程よいボリュームでコーディネートを引き立てます。
黒やブラウンなどのベーシックなブーティは、コーディネートのバランスが取りやすいのもうれしいところ。スカートと組み合わせるなら、足元はタイツで防寒対策もしっかりしておきましょう。

■ブーティの年代別おすすめコーデをチェック!

続いて、ブーティの年代別コーデを見ていきましょう。

・脚見せもあり!20代のブーティコーデ

出典:@ uemura_aさん

20代なら思い切った脚見せコーデにチャレンジするのもあり!ブーティ×ショートパンツの組み合わせがおしゃれ上級者♡ソックスのチラ見せでバランスを取るのがポイントです。適度なヒールで足長効果も期待できますよ。

・キレイめに着こなしたい30代のブーティコーデ

出典:mamagirl2019冬号

キレイめに着こなしたい30代は、ワンピースやセットアップとの組み合わせがおすすめ!洋服とブーティを同系色にすると、すっきりとした着こなしが叶います。

出典:mamagirl2019冬号

トレンドはバッグで取り入れるのが○!春夏ならかごバッグやクリア素材のバッグ、秋冬ならファーバッグで季節感をプラスして。さりげないトレンドで感度高めのおしゃれを目指しましょう。

・タイツとの組み合わせで足長効果!40代のブーティコーデ

出典:mamagirl2019冬号

40代のブーティコーデは、ブーティと同系色のタイツとの組み合わせがカギ!足長効果を実現してくれます。ブーティのパンツコーデもいいですが、お出かけならワンピースで女らしく♡長め丈なら大人っぽさと女らしさのどちらも叶えてくれますよ。

■ブーティはどんなコーディネートにもすっきりなじむ万能アイテム

ブーティはどんなコーディネートにも使える万能さが最大の魅力です。まだ持っていないというあなたは要チェック!1足持っておくと重宝しますよ。女性ならではの丈感で女っぽさをアシストしてくれるのもブーティのうれしいところ。これからブーティを購入するなら、まずはブラックやブラウンなどの定番カラーで、ベーシックな形のものを取り入れてみてください。足をキレイに見せてくれるかどうかのチェックもお忘れなく。いつものコーデに大活躍してくれること間違いなしです♡

minarico

いつも元気な4歳の男の子と標準よりも大きめサイズの0歳の女の子を持つママです。家事に手を抜きつつ楽しく暮らすのが今の目標♡

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp