Facebook Twitter Instagram

Comic

【主夫の育て方】#15 わかってあげられない妻

 


元々は料理ができなかった旦那ですが、私があまりにも料理が下手なため、自然と上手くなっていきました。
料理をすること自体は好きだったらしく、最近ではどんどんこだわりが増えています。

良いお肉を安くなったときを見計らって買ってきたり、実家から送られてくる栄養豊富な甘みの詰まった野菜等を使ったり、素材にもこだわっています。
調味料も、最初は塩胡椒や味噌、しょう油、麺つゆくらいだったものの、今ではマジックソルト、ナンプラー、にんにく油、スイートチリソース、ネギオイル、にんにくソルト、喜界島のごま油等々、私の知らないところでどんどん調味料が増えていっています。

言われてみれば、数年前に比べ、角煮やタコライス、カオマンガイなど、料理のレパートリーも格段に増えていますし、無加水油鍋など初めて食べる料理もここ最近はたくさん食卓に並んでいます。
申し訳ないことに、私の味覚が鈍感なので、旦那が頑張って試行錯誤してくれた結果が私にはストレートに伝わらないことが多いのですが、とにかく頑張ってくれているのだという熱量は伝わってきます!

私ももっと旦那の料理を楽しめるよう、味覚を鍛錬していきたいです…!

大貫ミキエ

息子(2018.3生)と主夫の旦那との3人暮らし。「夫婦のじかん」として旦那とコンビを組み芸人としても活動しています。
著書の『母ハハハ!』(PARCO出版)が話題。

【instagram】
ohnuki_fufutime

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp