Facebook Twitter Instagram

Comic

【主夫の育て方】#16 夫あるある?主夫の掃除の意外な盲点

我が家では、旦那が主に家事を担ってくれています。
掃除もよくしてくれているのですが、料理に比べて、掃除は苦手なのかなという印象が…。

その原因は、とにかく掃除のツメが甘いこと!

ほこりが隅に溜まっていたり、拭き残し、吸い残し、ありとあらゆる箇所が完全にはキレイになっていない状態で、掃除を完了してしまうのです…。

私は結構そういう細かなところが目についてしまう方なのですが、あまり掃除のことでいちいち言っても、小さなことでうるさいなーと思われてしまうかなと思い、最初の頃は自分でササッと掃除していました。

そんなある日、あれ?もしかしてこれって一生続くのかな…とふと思い、旦那にちゃんと掃除が雑だと伝えようと決意しました。

しかし、いざ伝えてみると、あまりピンときていない旦那…。

目が悪く、ゴミを捉えられていなかったのです…!

より見えるようなメガネにすると、牛乳瓶の底のような暑さのレンズになってしまうため、普段はそこまでよく見えるメガネをしていない旦那。
近いうちに、よりよく見えるメガネを買いに行こうと決意しました…。

大貫ミキエ

息子(2018.3生)と主夫の旦那との3人暮らし。「夫婦のじかん」として旦那とコンビを組み芸人としても活動しています。
著書の『母ハハハ!』(PARCO出版)が話題。

【instagram】
ohnuki_fufutime

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp