Comic

【主夫の育て方】#31 穴井夕子式で円満!夫にお願いの仕方を変えたら…

 

片付けが苦手な旦那。
靴下を脱ぎっぱなしにしたり、掃除も雑で、とにかく部屋を片付けるという概念が無い人なので、一緒に暮らしてからは、すぐに部屋が散らかるようになりました。
正直、いろいろと細かいことをその都度その都度指摘し、片付けに関しての意識を変えてほしいと思うのが本音です。

しかし、昔テレビ番組で穴井夕子さんが言っていたことが私の中で強く心に残っていました。

「ぶりっこするのってダメなことって思われがちだけど、彼氏や旦那さんに『ねー、ちゃんとやってよー』と言うのと『お願ーい♡やって~♡』と言うのでは全然反応が違うんですよ!」

というような内容のことをおっしゃっていました。

スタジオの空気は、「ウソだ~」というような穴井さんのキャラクターをイジる感じでバラエティっぽく終わっていましたが、私は内心、なるほどなー!と、すごく納得したことを覚えています。

とは言え、穴井さんのようにぶりっこキャラが似合う見た目でもないので、私の場合は、とにかく明るく楽しく言うようにしています。

「あ~誰か片付けてくれる人いないかな~」
「部屋が散らかり過ぎてて息ができない…!」

等々、とにかくふざけた雰囲気で、片付けて欲しいということを伝えています。
そうすると、旦那もふざけながら片付けてくれるので、助かっています。

穴井夕子さんは、その昔、結婚願望が物凄く強いということをバラエティー番組で話していましたが、単なるビジネス結婚願望ではなく、プロゴルファーの旦那様とお子さんたちとその後も幸せに暮らしており、昔も今もとても正直に本音で生きている方だという印象があります。

私も毎日明るく楽しく過ごせるよう、見習っていきたいです。


大貫ミキエ

息子(2018.3生)と主夫の旦那との3人暮らし。「夫婦のじかん」として旦那とコンビを組み芸人としても活動しています。
著書の『母ハハハ!』(PARCO出版)が話題。

【instagram】
ohnuki_fufutime

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]