Comic

【カンナのトイトレ】#9 ちょい漏れに効果絶大だった保育士の一言とは?

三兄妹それぞれ違った!3人目だけど意外と苦戦!?末っ娘カンナのトイトレ事情。

こんにちは!よこやまひろこです。

今回は、3歳5カ月(季節は6月)にトイトレが完了した直後のお話です。

7月から保育園でプール遊びが始まります。
カンナがずっと楽しみにしていたプール遊び。

その前にトイトレが完了してホッとしていたのですが…

トイレでできるようになって喜んでいたのもつかの間…

もう上手にトイレでできるのに、遊びに夢中で面倒になりトイレに行かず…
我慢の限界になってからトイレに走るので、間に合わなくてちょっと漏れてしまう…


ということが多くなりました。

保育園でもちょい漏れしてしまうことが増えて、ほぼ毎日濡れたパンツのお土産を持って帰ってきていました。

「トイレでしたいのに、まだタイミングがわからなくて漏らしてしまう」のと、「トイレでできるようになったのに、行くのが面倒で漏らしてしまう」のとでは、同じ「漏らす」という行為でも全く意味が違ってきます。

プール遊びがもうすぐ始まるというのに困ったなぁ…と頭を悩ませていたのですが…

保育士さんがカンナにさりげなく言ってくれたこの言葉…

「このままではプールに入れないよ?」

これが絶大な効果を発揮しました!!

保育士さんが忠告してくれた直後から、ピタッとちょい漏れが無くなったのです。
めちゃくちゃ楽しみにしていたのに、プールに入れないなんてことになるのが相当嫌だったんでしょうね…笑

なんとか無事に楽しいプール遊びを満喫する夏を過ごせたようで、母としてもホッと胸を撫で下ろしました。

できるのにやらないだけの失敗には、カツを入れることも大事なんだな~と実感しました。

■トイトレは完了した後もなかなか大変!!

その後…
夏が終わってからもしばらくはちょい漏れも無く過ごせていました。

ただ、おしっこをためておける時間が短いのかすごく頻尿なので、それに付き合ってトイレについて行くのもまた大変な時期でした。

夜中にも何度もトイレに起きるので、毎晩寝ぼけ眼でトイレに付いていくのもなかなかしんどいし、根気がいります。
そんな期間がまた1年くらい続きました。

付いて行く方も大変だけど、本人だって大変なはず。
それでもちゃんとトイレに行けているということがすごいことなので、

「ちゃんとトイレに行けてえらいね~!」

とその都度褒めてあげていました。

まだ3歳…
この世に生まれて3年しか経っていない小さな身体で一生懸命に頑張っている。

そんな我が子の頑張る姿を、地道に付き合うことで見守ってあげるというのも親の大事な仕事なんですよね。
いつか完全に一人でできるようになるその日まで、じっくりと付き合っていくしかない。
そう自分に言い聞かせて乗り越えて来ました。

トイトレの真っ只中は、出口の見えないトンネルをさまよい続けているようだけれど、いつかは必ず光が見えてきます!
人生の中で我が子のトイトレに関われる期間なんて本当に短いものです。

もし今、我が子のトイトレに先が見えなくて悩んでいる…という親御さんがいらっしゃいましたら、お子様のペースに合わせてゆっくり付き合ってあげたらきっと大丈夫です。
いつかは必ずできるようになります!
頑張り過ぎず、リラックスして見守ってあげてくださいね♡

次回は、いよいよ最終回!
4歳になってからも、ちょい漏れとおねしょが続いた時期がありました。
その頃のことについてお話したいと思います。

よこやまひろこ

三兄妹【長男ソウタ(14)、次男ハルト(11)、末っ娘カンナ(5)】のママです。
フリーイラストレーターとして活動する傍ら、子育ての中でクスっと笑えたこと、心に響いたことなどを絵日記にしてInstagramやブログで公開しています。
こちらの連載では、よこやま家のアイドル【末っ娘カンナ】が産まれた時からのエピソードを描いていきます。

【Instagram】@hiroko_yokoyama_diary
【ブログ】いくつになってもギュッてしたい ~よこやまひろこの子育て絵日記~


SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]