出典:photoAC

Fashion

パンプスとは?知ってるようで知らない種類の違いや語源を探ってみよう

パンプスは、ファッションに欠かせない足元のアイテムです。パンプスといってもその種類は豊富で、デザインやヒールの高さによって呼び方が変わることをご存知でしたか?
今回は、パンプスの種類やデザインについて深堀してみたいと思います。意外と知らない人も多いパンプスとハイヒールの違いなどを紹介するので、気になる人はチェックしてみてください。

パンプスの種類を知っていると、ネットなどで画像検索するときに意外と便利です。パンプスの知識を少しだけ深めて、靴選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

■そもそもパンプスって何?どんな靴のこと指すの?

出典:photoAC

普段何気なく使っている“パンプス”という言葉。パンプスの定義や意味などを知っている人はどれくらいいるのでしょうか?

・パンプスってどんな靴に対して使われる言葉?

パンプスとは、一般的に足の甲の部分が広く開いたデザインで、ひもや留め金などがない女性用の靴のこと。近世ヨーロッパでは、馬車を運転する人がはく靴として使われており、古い時代から比較的よく見かける靴であったことがわかりますね。

近ごろでは、“パンプス”と呼ばれる靴でもデザインがさまざま。
◇足の甲が大きく露出している
◇サンダル以外
以上の二つの項目を満たしている靴は、パンプスであると考えて間違いないようです。

・パンプスってどこの国で生まれた言葉なの?

パンプスの語源は諸説ありますが、その中でも英語の“Pump(ポンプ)”という言葉を語源だとしている説をご紹介しましょう。交通手段が主に馬車だった時代、馬車を運転する人は運転しやすいようにかかとが低く、かつはき口が広いデザインの靴を使用していました。
その靴をはいた運転手が馬車のブレーキをポンプのように踏んでいた様子が、パンプスの名前の由来になったと言われています。

■パンプスとハイヒールってよく似てるけど何が違うの?

出典:photoAC

靴の形を見て、パンプスかそうでないかを判断する人も多いことでしょう。パンプスとは、靴の種類のことを指す言葉である一方、ハイヒールはパンプスの中でもヒールの高いタイプのことを意味する言葉です。
“種類を指す言葉”と“高さを指す言葉”とあって、そもそも使われ方から違うことがわかりますね。ハイヒールの定義は、一般的に7cm以上のヒールがあるものです。そのため“ハイヒールパンプス”と表記されている靴は、ヒールの高いパンプスということが分かりますね。
ハイヒール以外にも、ヒールの高さや形によって呼び方が変化します。フラットヒールやローヒール、ウェッジヒール、ピンヒールなどいろんな種類があるので、ファッションに合わせていろんなパンプスをはきこなすのも楽しいですよ♡

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]