出典:photoAC

Fashion

パンプスとは?知ってるようで知らない種類の違いや語源を探ってみよう

パンプスは、ファッションに欠かせない足元のアイテムです。パンプスといってもその種類は豊富で、デザインやヒールの高さによって呼び方が変わることをご存知でしたか?
今回は、パンプスの種類やデザインについて深堀してみたいと思います。意外と知らない人も多いパンプスとハイヒールの違いなどを紹介するので、気になる人はチェックしてみてください。

パンプスの種類を知っていると、ネットなどで画像検索するときに意外と便利です。パンプスの知識を少しだけ深めて、靴選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

■そもそもパンプスって何?どんな靴のこと指すの?

出典:photoAC

普段何気なく使っている“パンプス”という言葉。パンプスの定義や意味などを知っている人はどれくらいいるのでしょうか?

・パンプスってどんな靴に対して使われる言葉?

パンプスとは、一般的に足の甲の部分が広く開いたデザインで、ひもや留め金などがない女性用の靴のこと。近世ヨーロッパでは、馬車を運転する人がはく靴として使われており、古い時代から比較的よく見かける靴であったことがわかりますね。

近ごろでは、“パンプス”と呼ばれる靴でもデザインがさまざま。
◇足の甲が大きく露出している
◇サンダル以外
以上の二つの項目を満たしている靴は、パンプスであると考えて間違いないようです。

・パンプスってどこの国で生まれた言葉なの?

パンプスの語源は諸説ありますが、その中でも英語の“Pump(ポンプ)”という言葉を語源だとしている説をご紹介しましょう。交通手段が主に馬車だった時代、馬車を運転する人は運転しやすいようにかかとが低く、かつはき口が広いデザインの靴を使用していました。
その靴をはいた運転手が馬車のブレーキをポンプのように踏んでいた様子が、パンプスの名前の由来になったと言われています。

■パンプスとハイヒールってよく似てるけど何が違うの?

出典:photoAC

靴の形を見て、パンプスかそうでないかを判断する人も多いことでしょう。パンプスとは、靴の種類のことを指す言葉である一方、ハイヒールはパンプスの中でもヒールの高いタイプのことを意味する言葉です。
“種類を指す言葉”と“高さを指す言葉”とあって、そもそも使われ方から違うことがわかりますね。ハイヒールの定義は、一般的に7cm以上のヒールがあるものです。そのため“ハイヒールパンプス”と表記されている靴は、ヒールの高いパンプスということが分かりますね。
ハイヒール以外にも、ヒールの高さや形によって呼び方が変化します。フラットヒールやローヒール、ウェッジヒール、ピンヒールなどいろんな種類があるので、ファッションに合わせていろんなパンプスをはきこなすのも楽しいですよ♡

■パンプスとローファーも似ているけれど何か違いはあるの?

出典:photoAC

ローファーとは靴ひものないデザインで、甲の部分に装飾がついたスリッポンタイプの革靴のことを言います。パンプスと違いヒールがないので、パンプスよりも気軽にはくことができる革靴です。
学生服やスーツに合わせる機会が多いですが、最近ではカジュアルに普段のファッションに取り入れてクラシックな雰囲気を楽しむ人も少なくありません。

次から、パンプスのカタチについて見ていきましょう。

■【ラウンドトゥパンプス】コーデに合わせやすい万能デザイン

出典: GU

ラウンドトゥとは、パンプスのつま先部分が湾曲しており、丸みを帯びているデザインのパンプスです。シンプルで流行に左右されないデザインなのが特徴。
どんなファッションとも相性がいいので、フォーマルからカジュアルまで活用できます。やわらかい印象が漂うパンプスなので、落ち着いたカラーを1足持っていると便利です。

■【プラットフォームパンプス】つま先の負担軽減が叶う

プラットフォームパンプスの特徴は、つま先部分の底に厚みがあります。ヒールが高くてつま先の底が薄いとつま先に負荷がかかり、長時間はき続けると足が痛くなってしまうことがあります。
一方、プラットフォームパンプスはつま先に厚みがあるので、実際のヒールの高さよりも足の高低差が少なくなります。結果、つま先への負担が軽減!歩きやすく、美脚効果も叶うデザインです。

■【コンフォートパンプス】足のお悩みにおすすめ

出典:photoAC ※写真はイメージです

コンフォートパンプスは、パンプスによる足の負担を目的に作られた、健康志向かつはき心地重視のパンプスです。インソールを入れても靴擦れや足の指に負担がかかる場合は、コンフォートパンプスを使ってみると良いでしょう。
デザインや機能性よりも、足への負担を考えて柔らかい素材や構造を優先してくれているのが特徴。外反母趾や偏平足など、足に悩みがある人におすすめです☆

■【アーモンドトゥパンプス】ファッション性の高いおしゃれパンプス

出典:mamagirl2018秋号 

アーモンドトゥとは、パンプスのつま先がアーモンドみたいにほっそりとしたデザインのパンプスことです。ラウンドトゥよりも先が尖っていますが、先が細いパンプスの中では比較的初心者でもはきこなしやすい構造になっています。
デザインや素材の種類も多く、ファッション性が高いのも特徴!アーモンドトゥはラウンドトゥと同様に、フォーマルからカジュアルまで使えます。

■【チャンキーヒールパンプス】安定感抜群のずんぐりデザイン

出典:mamagirl2018秋号

チャンキー(chunky)とは、“ずんぐりとした”という意味で、ヒール部分が太くて安定感があるのが特徴です。
高いヒールが苦手な人や、歩きやすさ重視の人におすすめのヒールタイプと言えるでしょう。チャンキーヒールはパンプスに限らず、ブーツやサンダルなどにも見られるヒールがついています。
子どもを連れているときなど、すぐに動けるようにしておきたいけれどおしゃれも楽しみたいというときにぜひはいてみてください。

■【ポインテッドトゥ】シャープなデザインを好む人から人気

出典:photoAC

先端がとがってシャープな雰囲気をかもし出すポインテッドトゥパンプスは、パンツスタイルなどのときにもマッチしやすいパンプス。足先がとがって見えるので、足が細く長く伸びたような印象を与えることができます。
定番の形でありカラーやデザインの種類も豊富!パンプス初心者でもおしゃれにはきこなせるので、一つ持っておいて損はありません。

■【スクエアトゥ】つま先が四角形になっていて歩きやすい!

出典:photoAC

スクエアトゥのパンプスは、つま先部分が四角形になっていることが最大の特徴です。他のタイプのパンプスよりもエレガンスで上品な印象が漂うので、仕事のときなどフォーマルな場でも大活躍してくれることでしょう。
先端が四角形になっていることで靴の中のつま先に余裕が生まれるので、歩いても足が痛くなりにくいという声が集まっています。

■【オープントゥ】足のムレが気になる時期におすすめ

オープントゥのパンプスは、その言葉の通りつま先部分が開いているようなデザインのパンプス。パンプスをはくと足が蒸れるという人も、オープントゥのパンプスなら一日中快適に過ごすことができます。
つま先に直接風があたるので、夏など暑い時期にはくのがベストでしょう。他の種類のパンプスに比べてカジュアルな印象が強くなるので、オフのときの活用がおすすめです。

■パンプスはデザインや目的によって名前が変わる!

出典:photoAC

パンプスと言っても、形や高さでいろんな呼び方があるのが分かりましたね。似たようなデザインでもヒールの高さやトゥの形だけで印象が変わるので、ぜひお店で違うデザインのパンプスをはいて、比べてみてくださいね。
※この記事で紹介しているGU商品は、現在店頭にない場合がございます。

syksn

おかっぱヘアの6歳女の子と、自宅で誕生した2歳男の子のママ。お笑いをこよなく愛する大阪人です。子供たちと好きな芸人の漫才を見ながら、日々我が子のお笑いセンスを磨いています。
カフェ巡り大好き!遅ればせながら着々とタピ活にもいそしんでおります。
【Instagram】asamakoma
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]