Comic

【ママ友ができません!】#4 おうち時間にお勧めなママ友ドラマを紹介

 

未だママ友がいない筆者ですが、ママ友や子育てについて考えさせられるドラマをご紹介します。
緊急事態宣言が延長され、おうち時間は何しよう?というママさんに是非見ていただきたいドラマです。

マザー・ゲーム~彼女たちの階級~

【あらすじ】
バツイチのシングルマザー・蒲原希子は仕事のために5歳になる息子・陽斗を預ける保育園を探していたが、保育園児童待機の問題で、なかなか見つからずにいる。そこで偶然出会った幼稚園の園長先生の誘いで幼稚園に入園することに。しかし、その幼稚園は高級ブランド品を身につけた富裕層が集まる名門幼稚園だった。しかも、その園内では徹底したママカーストが存在しており、希子は早速いじめグループに目をつけられてしまい...。


【見られるサービス】
・U-NEXT
・Hulu
・ビデオパス
・楽天TV
・Amazonプライム・ビデオ
・TSUTAYA TV

 

個性豊かで豪華な出演者たち

彼女たち一人ひとりを主人公にしたドラマが作れそうなくらい、みなさん色々と背負っているものがあります。
私は希子とみどりに、自分と重なる部分があり、感情移入してハマってしまいました。


蒲原希子(かまはら きこ)
演 - 木村文乃
本作の主人公。弁当屋を1人で切り盛りし、5歳の息子・陽斗を育てるシングルマザー。
言いたいことをハッキリ言うところにスカッとします。現実的にママ友トラブルがあったら、こうなれたらいいのになあ...とお手本にしたいママ。あと木村文乃さんのエクボが可愛い。

矢野聡子(やの さとこ)
演 - 長谷川京子
園内のママカーストで上位な立場にあり、園にふさわしくないと判断した人間には陰湿ないじめをおこなう。姑から執拗な嫁いびりにあっている。最初は希子をいじめていたが、希子が聡子を助ける一件があってからは、良い雰囲気に。このツンデレ感が非常に可愛い役どころです。

神谷由紀(かみや ゆき)
演 - 貫地谷しほり
見栄をはって、娘をセレブ幼稚園に入園させるも、自身をセレブに見せる為に無理な出費を重ね、パチンコや水商売に手を出すようになってしまう。闇金ウシジマくんに出てきそうなキャラ。最近の人気ドラマ、「テセウスの船」でも心の姉役として出演していた貫地谷さん。演技力の幅広さに惹きこまれます。

後藤みどり(ごとう みどり)
演 - 安達祐実
元キャリアウーマンで、子育てに専念するために退社したというのに元同僚と旦那が不倫していたり、子育てがうまくいかなくてヒステリックになっちゃったり。お教室の先生といい雰囲気になってしまいます。
家なき子から安達祐実さんを見てきた筆者ですが、綺麗になって色気がアップしたことが、この役で再確認できます。下がり眉メイクで、儚げな雰囲気が更に色気を増している気がするので真似したい。

小田寺毬絵(おだでら まりえ)
演 - 檀れい
園内のママカーストの最上位ママ。しかしその権力をふりかざして弱いものいじめしたりせず、常に上品で凛とした振る舞いを見せる。毬絵さんのファッションは入学式とか何かしらの行事で着ていきたい参考としてチェックしていました。さすが元宝塚で娘役だった檀れいさん。上品で優しくて可愛らしい雰囲気はお手本にしたい!

 

見終わった後の筆者の感想(若干ネタバレあり)

※筆者の回想です
 


 

※筆者の回想です

※こんな感じのシーンがあります

※こんな感じのことを言う場面があります。イラストは全くドラマと違います。

 

子育て、家庭の問題、ママ友付き合いといろんなテーマが盛り込まれたドラマ

今、おうち時間が増えて、保育園に預けられず、子どもに対しイライラしがちなのですが、子どもと一緒にいる時間や、世話をする時間もいずれ無くなり、子どもは独り立ちします。
なので、いま、子どもと一緒にいる時間をもっと大事にしようと気付かされました。

また、ママ友問題に悩んでいたとしても、子どもが卒業して別の学校に行くことになったりとライフステージが変わったら付き合いも無くなったりするもの。
もし顔も見たくないようなイヤなママがいたとしても、背景には意地悪な姑がいたり、不倫をしている夫がいるからかもしれない...と思うとなんだか、どこかで仲良くなれるキッカケがあるかも?...と気づかされるドラマでありました。
(私まだママ友いないけど...。実際それくらい嫌なママいたら卒園まで多分疎遠だけど...。)

マザーゲームは他のママ系ドラマとは違い、そこまで主人公が酷いいじめに遭う話ではないので、安心して観られます。
まだ見ていないママには是非見て欲しい作品です...!
 

今回の一言

ママとは年齢も環境も価値観も違うけどみんな母親という共通の仲間。

ままだ あやの

アラフォーシングルワーママです。
育児や仕事で吸収されたドス黒い感情を変な絵を書いたりして浄化させています。

ブログ→https://mama-press.net
Instagram→@mamada_ayano
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]