出典:mamagirlLABO @ ______________.maさん

Lifestyle

バスタオルハンガー、おしゃれで使いやすいのはどれ?おすすめ商品10選

バスタオルって、どうやって干していますか?普通のハンガーだとバスタオルを折って幅を小さくしないと干せません。両端をピンチに挟んで干したり、物干し竿に直接引っかけたりと、いろいろな方法がありますよね。しかし、専用のバスタオルハンガーがあると便利!とっても干しやすくなります。しかも、ハンガータイプだけでなく、乾きやすくて場所を取らないスリムな取りつけタイプなど、種類も豊富なんです。

今回は、そんな便利なバスタオルハンガーに注目し、形状や使い方の違うさまざまなタイプを、メリット・デメリットも合わせてご紹介します!さらに、機能性とデザイン性を重視したおすすめ商品をそれぞれご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

■バスタオルハンガーの種類をチェック!メリット&デメリットも

バスタオルハンガーには、洋服ハンガーのように、1枚ずつをかけられるタイプ以外にも、自立式の物干しタイプなど、いろいろな種類があります。それぞれのメリット・デメリットとともにご紹介しましょう。

・1枚ずつ干せるハンガータイプ

出典:【今週の100均パトロール】洗濯が楽しめるダイソーのランドリーアイテム @ chiii__homeさん

初めにご紹介するのは、衣類を掛ける普通のハンガーのように、バスタオルを一枚ずつ干せるバスタオル用のハンガーです。
通常の衣類用ハンガーは幅40cm程度のものが多く、幅60cm以上あるバスタオルは、折り曲げたりシワを寄せたりしないと干せませんよね。その点、バスタオル用のハンガーは幅が広く、バスタオルをしっかり伸ばして干すことができ、きれいに早く乾かすことができるんです。

こういったタイプは伸縮性式のものが多いんですが、伸縮式でなく長さがある商品の場合は、収納時に幅が邪魔になり置き場所に困るというデメリットがあります。
また、特にプラスチック製などの商品の場合は、室外使用により劣化しやすいのもデメリットです。

こちらの写真は、100均で手に入るハンガータイプのバスタオルハンガーです。伸縮式で、引き伸ばしてから輪になった部分にバスタオルを入れて掛けます。収納時には、写真のように、すっきりとコンパクトになり邪魔になりません。

 

・折りたためる自立型スタンドタイプ

折りたたみ式の小型物干しのような形で、使うときに一部を広げるとしっかり自立する、スタンドタイプのバスタオルハンガーがあります。上部には、バスタオルが掛けられる幅のバーが数本あり、一度に家族分のバスタオルが干せますよ。
ステンレススチール製などの商品が多く、軽くて耐久性に優れています。折りたたむとコンパクトになり、収納場所に困らないのもメリットです。

ただし、購入前に使う場所を考えて、スペースを確保しておきましょう。

・竿に数枚干せるタイプ

出典:photoAC ※写真はイメージです

長いバータイプのハンガーが数本連結した形をしていて、そのバー部分にバスタオルを一度に干せるバスタオルハンガーもありますよ。両端がフック状になっていて、物干し竿に引っ掛けて使います。
バスタオルの幅に合うよう横に長い形なので収納するには工夫が必要ですが、家族分のバスタオルを一度にコンパクトに干せ、物干し竿を占領せずに済むため、他の洗濯物を干すスペースを作れますよ。

・マグネットハンガータイプ

マグネット式で、壁に取りつけるバータイプや、洗濯機に取りつけて使うバスタオルハンガーもあります。マグネットタイプは磁石がつく場所ならどこでも簡単に設置でき、使わなくなったときに跡が残らないのも人気の理由です。

ただし、商品によって、マグネットの接着力に違いがあり、設置したい場所によっても補強の必要な場合があるというデメリットがあります。
 

■機能性重視!おすすめのバスタオルハンガーは?

いろいろな種類のバスタオルハンガーがありますが、機能性を重視しておすすめするならこちら!という人気商品をご紹介していきましょう。
 

・ダイソーのシンプルな伸縮式ハンガー

出典:【今週の100均パトロール】洗濯が楽しめるダイソーのランドリーアイテム @ chiii__homeさん

こちらの写真は、『DAISO(ダイソー)』で人気の「スライド式バスタオルハンガー」110円(税込)です。写真の白色の他、水色もありますよ。伸縮式で、最大幅65cmまで広がります。@chiii__homeさんは、バスタオルの他、パーカーなどの乾きにくい衣類にも利用されていて、袖を広げて干すと袖下が乾きやすいのだそうですよ。

・ダイソーの左右に伸縮するハンガー

出典:【ダイソー】ハンガーおすすめ12選!便利な収納アイディアも大公開 @ acuc_mamaさん

こちらもダイソーの伸縮式「スライドバスタオルハンガー」110円(税込)で、通常の衣類用ハンガーのように上部が山型になっているタイプです。こちらの場合は左右に伸び、バスタオルだけでなく、アウターやメンズの肩幅が大きめの衣類を干すのにも便利ですよ。
伸ばさないで普通サイズのハンガーとしても使え、いろいろな使い方ができるところもおすすめポイントです。

・ニトリの2枚干せる広がる伸縮ハンガー

出典:@ imph_さん

こちらの『ニトリ』で販売されているハンガータイプ、「伸縮ワイドバスタオルハンガー(2LGY)」2本組 712円(税込)は、1本で一度にバスタオルが2枚干せます。横から見ると、写真のように通常の洋服ハンガーのような形ですが、上部は回せる構造になっていて、竿などを挟んで固定できるピンチタイプです。

出典:@ imph_さん

写真のように左右が伸ばせ、最大内寸70cmまで広がります。良く見ると、タオルを掛ける白い部分が2列になっていて、2列使うとバスタオルなら2枚、フェイスタオルなら4枚も干せますよ。
また、伸ばさずに通常の洋服ハンガーとして使うこともでき、2列のバーのおかげで風通しが良く、乾きやすいというメリットも。ニトリらしくお値段以上の商品だと好評です。

・セリアのビッグサイズハンガー

出典:@ nominoseikatsuさん

広げたり伸ばしたりせず、ハンガーを手に取ったら、ワンアクションでさっと干したいという方におすすめなのが、写真の『Seria(セリア)』で販売されている「ステンレススチールバスタオルハンガー」110円(税込)です。幅60cmで、耐久性にも優れています。
収納するときには邪魔にならないように、縦方向にするのがおすすめですよ。

・カインズホームの折りたたみ式伸縮ハンガー

出典:@ das.0415さん

こちらの写真は、『CAINZ(カインズ)』で販売されている「ステンレス伸縮タオルハンガー」2,980円(税込)です。使わないときには折りたたんでコンパクトになる上、伸縮式で48~81cmまで幅を変えられて便利!設置スペースや干したいタオルの大きさなどに合わせて使えます。
しかも、丈夫なスチール製でステンレス加工され、室内干し、ベランダ干しのどちらにもおすすめですよ。

・towerシリーズのマグネット式ハンガー

出典:mamagirlLABO @ ______________.maさん

こちらの写真は、『山崎実業』から発売されている人気の収納アイテム、「towerシリーズ」の「マグネット伸縮洗濯機バスタオルハンガータワー」です。伸縮式で、洗濯機の側面に強力マグネットでピタッと接着でき、バスタオルが最高3枚干せますよ。
浴室横に洗濯機を置いている場合は、使用後にバスタオルをすぐ干せ、入浴時の物置き台にもなり便利です。

出典:mamagirlLABO @ ______________.maさん

さらに、使わないときは、写真のように簡単に位置をつけ替えられ、邪魔にならないという優れものです。通販サイトでは、3,630円(税込)で販売されています。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]