Comic

【主夫の育て方】#44 まさかの展開…夫に風呂カビ燻煙剤を依頼した結果

 

 梅雨の季節になりましたね。
この時期は本当になんでもかんでもすぐカビてしまい、湿気の猛威に気が滅入ってしまいそうです……。

特に、お風呂場はカビの発生率が高く、私は通年を通してカビ対策をしているのですが、この時期は特に入念に気合いをいてれいます!
防カビの燻煙剤と、掛けるだけで防カビになる100円ショップの防カビグッズ、換気扇も強めで、徹底しております。

特に燻煙剤は防カビにとても効果があるので、欠かせません!
椅子や桶を裏返して特にカビが生えやすいところに煙が行き渡るようにし、排水溝の蓋も開け、中の取り出せるものは取り出して、とにかくいろいろな箇所に煙が届くように徹底しています。

しかし先日、旦那に燻煙剤での防カビ対策をお願いしたところ、ただただいつものお風呂に煙をモクモクと焚いただけで、排水溝も椅子も桶も何もかもそのままで驚愕しました。

燻煙剤を使うとなったら、ある程度使い方はわかるだろうと思っていたのですが、旦那は本当に掃除関係の知識が皆無なのです。
そして調べてより良い使い方をするという発想も無いため、ただただそのまま使ってしまったのでした……。

とは言え、旦那のそういう性格を一番良く知っているのは私……。
燻煙剤の使い方を、紙に逐一書くくらいしないとやってくれないということを、もっと理解していないといけませんでした……。

主夫の育て方……まだまだ詰めが甘かった……!

因みに、この後、結局燻煙剤をやり直しました……トホホ!
 

大貫ミキエ

息子(2018.3生)と主夫の旦那との3人暮らし。「夫婦のじかん」として旦那とコンビを組み芸人としても活動しています。
著書の『母ハハハ!』(PARCO出版)が話題。

【instagram】
ohnuki_fufutime

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!