撮影:モリサキエイキ

Comic

LUNA SEA大好き!ロバート山本が選ぶ思い入れのある曲ベスト3

ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、気づきを綴る本連載。
今回は番外編企画「ロバート山本博のベスト3」。子どもの頃からの大ファン…いや、SLAVE(スレイヴ)の山本さんが語ってくれました。 

 

■僕の大好きなバンド、LUNA SEAにまつわるベスト3


僕の大好きなものから「これぞ」というものをランキングで紹介していく「山本博のベスト3」。今回は、僕の大好きなバンド、LUNA SEAにまつわるベスト3を紹介します。

そもそも、僕はLUNA SEAがまだメジャーデビュー前だった頃に初めて楽曲を聴きました。

中学の同級生に、のちにプロのギタリストになるすごい友達がいたんですけど、その彼と、当時既に大人気だったX(現X JAPAN)の話題で盛り上がったとき、「Xが好きなら、これもいいよ」と教えてもらったのがきっかけです。

当時、テクニックが上手いバンドはたくさんあったけど、Xは比べようがないくらいの攻撃的なパワーバンドでした。そのXのようにパワーがあって、初期からいい曲がたくさんあったLUNA SEAには中学時代にすぐにハマって何度もCDを聴きました。

ちなみに、LUNA SEAはその後、2000年に一度活動休止して長い充電期間に入るんですが、活動再開にあたって特番が組まれたとき、そのMCを光栄にも担当させていただきました。ずっと「LUNA SEAが好き」と言っていたからお声がかかったんでしょうね。あの仕事は本当に嬉しかったなぁ。

それほど大好きなLUNA SEAの楽曲のなかから、「山本的に思い入れのある曲」ベスト3を紹介していきます。

撮影:モリサキエイキ

■3位「ROSIER」


LUNA SEAといえば、というほどおなじみの曲『ROSIER』。いまさら紹介しなくても、という思いもありつつ、やっぱりバンドにとって名刺がわりのような代名詞の曲ってすごく大事だと思うんです。

「LUNA SEAが好き」と周囲の友だちに言っても、「知らない…」と言われる時代があったのですが、ROSIERが発表されてから「あ、あの『ROSIER』のLUNA SEAね」と、周囲に認知されていくのがとても嬉しかったのを覚えています。

またMVの出来が本当に素晴らしかったです。テレビ的にもとても映える映像なので、たくさん使われていました。

なので僕自身すごく思い入れがあるし、本人たちも、とても大切に歌っていることがわかるんです。ライブでもこの曲がかかると、会場全体ものすごく盛りあがりますから。やっぱROSIERすげーっ!て、なります。

■2位「WISH」

同じく、ライブですごく盛り上がるのがこの『WISH』。LUNA SEAのライブではエンディングで歌う楽曲として知られています。

そのルールを僕自身も踏襲しまして、高校のとき、バンド好き仲間でカラオケに行くと、「最後は『WISH』を歌って終わり!」という暗黙の了解がありました。

カラオケって、終了時間間際になると「5分前です」の内線が入るじゃないですか。その5分前コールを受けた人は、シレッと『WISH』の予約を入れて、みんなが「あぁ、カラオケもう終わりか~!」とわかるという。

当然、誰がこの『WISH』を歌うかで、いつもマイクの奪い合いでした。それでも必ず、ラストソングは『WISH』。あれがないと締まらない、というのが僕の青春でした。

モテない男たちだけでララララ〜♪と歌ってましたね。笑
 

■1位「MECHANICAL DANCE」


思い入れ1位は、『MECHANICAL DANCE』……と言っても、LUNA SEAファンじゃないと「そんな曲あったっけ?」となるかもしれません。なぜなら、シングルではリリースはされてないからです。

なぜ、この曲に思い入れがあるかといえば、初めのベース音からもうカッコよくて、中学生の時にこの曲をリピートして何度も聞いてました。今でも聴くと、全くイケてもいない、何に頑張っていいかもわからない中学生だった自分を思い出すんです。
ボクシングに打ち込んでいたとき、「しんどい! マジで行きたくない!」という状況でも、この曲を聴くと不思議と気分が変わるというか、なぜか昔の自分に戻ったきがして、気持ちが躍動できた曲なんですよね。

でもこの曲、インディーズ時代から存在していた名曲なのに、アルバムにしか収録されていないし、ライブでもほとんどかからない。あまり本人たちもやりたがらない曲なのかな、と思っていたこともありました。

ただ、2010年の「黒服限定GIG」という、全員黒服参加&デビュー前後の曲やります!という東京ドーム公演で、この『MECHANICAL DANCE』を演奏してくれたんです。

あのとき、「NEXT SONG、『MECHANICAL DANCE』!」とコールされた瞬間の会場の空気が凄まじかったんです。ついにやってくれた! 自分だけじゃなくてみんな待ってたんだ! というドームの空気感には、思わず鳥肌が立ちましたね。


というわけで、3曲選んでみましたが、きっと選ぶ日が変わればまったく違う3曲をオススメする気がしています。それくらい、全部いい!

LUNA SEAの何がすごいって、誰か一人だけが飛び抜けたバンドではないこと。むしろ、メンバー全員パワフルで攻撃的で、そのエネルギーとパワーを伝えようという気概しか感じません。

あの細い体からあんな骨太な音楽を奏でるのですから…あ、細くないメンバーもいますけど。でもあれは演奏に必要な体型だそうです。

そんなLUNA SEAのライブは圧倒的!しかも、その楽曲を聴けば、中学生の頃の「まだ何者でもなかった自分」を思い出すことができる……もう、最高です!
 

ロバート 山本博

2018年で結成20年を迎える、お笑いトリオ・ロバートのメンバー。テレビ番組や劇場でのコントではツッコミとして活躍する一方、ボクシングのトレーナーとしてレッスンを開講したり、相方の秋山竜次から「むちゃぶり」で描かされた「むちゃぶりかみしばい」(文芸社)が出版されるなど、多方面に渡って活動している。

趣味:ボクシング(フェザー級、戦績:1戦1勝1KO、トレーナーライセンス取得)、ポケモン、お城巡り、蕎麦屋巡り、体を動かすこと
特技:ルービックキューブ、ロボットダンス、オカリナ、運動保育

【育児絵日記Instagram】yamamotohiroshipapa
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]