Comic

芸人夫婦おススメ!100均のS字フックと突っ張り棒でスッキリ収納術


夫が帽子好きということもあり、我が家は帽子で溢れております。
クローゼットの中の帽子掛けだけでは収まりきりません。

私もニット帽やキャップなどいくつか持っているのですが、いざ出かけようとする際に、収納ボックスの中から引っ張りだすのがだんだん億劫になってきており、いつも玄関に置いてある1つしか使っていないという状況です……。

なんとかこの状況を打開したいと思い考えたのが、デッドスペースの有効利用です。

廊下の奥の壁に突っ張り棒を3本くらい突っ張り、そこにS字フックを掛け、帽子を掛けて並べておくことにしました。

コレがまぁ何とも便利です!!
目に付くところに出ているのって、邪魔に思わないかなと懸念していた部分もあったのですが、帽子ってインテリアのアクセントにもなり、全くもって圧迫感や雑多な感じがありませんでした。
(一応綺麗に整頓して並べることは重要ですが)

帽子が落ちてきてしまわないか不安な方は、S字フックの代わりにハンガークリップを使うパターンもあります。
私はクリップだと帽子に跡が付いてしまうのと、クリップを握る手間が煩わしかったためS字フックにしました。

ふわっと掛けたい帽子は大きめのS字フック、キャップなど、落ちてくる心配の少ないものは小さめのS字フックを利用しております。
夫はハットをいくつか持っているのですが、ハットの場合は、大きめのS字フックを更に手でググっと広げて支える面を広くしてあげると、落ちにくくなります。

S字フックが動いてしまって掛けにくいので結束バンドを使った方がいいかなとも考えましたが、壁と突っ張り棒の隙間があまり無いため、うまい具合いにS字フックも固定されてくれております。

出掛ける際にも、どの帽子を被っていこうかと目で見て選べるので、おしゃれが面倒になってきた私のようなズボラ母さん方には特におすすめです!

皆様もデッドスペースをうまく有効利用してくださいね。
 

大貫ミキエ

息子(2018.3生)と主夫の旦那との3人暮らし。「夫婦のじかん」として旦那とコンビを組み芸人としても活動しています。
著書の『母ハハハ!』(PARCO出版)が話題。

【instagram】
ohnuki_fufutime

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]