Entertainment

芸人夫婦が感動「ゆで卵メーカー」筋トレマニアにもおすすめの理由は?


ついにゆで卵メーカーを購入しました!
高いものですぐ買えそうなものなのですが、お鍋で作れるものをわざわざ専用のメーカーを買わなくても…とも思い、なかなか手が出せずにいました。

しかし、半熟卵を作る際など、ついつい時間が経って黄身が固まってしまうことがあったりしたため、スイッチを入れるだけで勝手に作ってくれるゆで卵メーカーがとても魅力的に感じるようになりました。

私が購入したのは、太知ホールディングスさんの「ゆで卵名人&かんたん蒸し器」というものです。
Amazonなどのネットショップですぐに出てくる定番のものでした。

ゆで卵メーカーにもいろいろな種類があるのですが、蒸し器にもなって中華まんやしゅうまい、蒸し野菜なども作れることや、ちょっとレトロな黄色い見た目のかわいさもあり、決めました。

実際に使ってみるととても便利で、本当に買ってよかった!と思えました。

そして、どういう原理なのかはわかりませんが、いつもお鍋で作るゆで卵より、ゆで卵メーカーで作るゆで卵の方が断然殻が剥きやすいのです。

私も夫も、実は卵の殻を剥くのが苦手でして、いつも表面がボコボコになってしまいます。
しかし、ゆで卵メーカーのゆで卵は、ツルンっと比較的スムーズに殻が剥けていきました。

3歳の息子も卵の殻剥きが大好きになり、今では殻剥きは息子の担当となっております。
思わぬ利点もあったゆで卵メーカー、今後も食卓に華を添えてくれる存在となっていきそうです。

大貫ミキエ

息子(2018.3生)と主夫の旦那との3人暮らし。「夫婦のじかん」として旦那とコンビを組み芸人としても活動しています。
著書の『母ハハハ!』(PARCO出版)が話題。

【instagram】
ohnuki_fufutime

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE