撮影:モリサキエイキ

Comic

新番組『ロバートのコント極上百景』がスタート!映えある第1回のロケは…


ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、日常の気づきを綴る本連載。
第120回目はこの春からスタートしたロバートの新番組について。秋山さんも馬場さんも手ごたえを感じた映像とは?

 

■コント×絶景=ドローンで「無理ぃ〜!」

この春、WOWOWで『ロバートのコント極上百景』という新番組が始まりました。

WOWOWさんから「秋山さんのやりたいことをやっていいですよ」というありがたいお話があったそうで、そこで秋山が考えたのは「絶景をバックにコントをやりたい」と。

僕がその企画を聞いてまず思ったのは、「絶景をバックにしたら絶景に目が行き過ぎて、コントなんか誰も見ないだろ!?」ということでした。でも、太っ腹なWOWOWさんはその企画をOKしてくださったんです。映えある第1回は鳥取砂丘でのコントでした。

この番組のこだわりは、景色もそうですけど、その景色を映すためのカメラです。自然の滝や雲や星の動きをキレイに撮るような、とんでもない高性能カメラで撮っているんです。本来、コントなんて撮るカメラじゃないんですよ。

さらに、ドローンも駆使して、ものすごいスケールでの撮影になりました。実際、仕上がった映像は素晴らしかったですね。

コントの中身も、砂丘なので砂漠に絡めたネタを作って、コントに入る前の前振りで僕が砂漠に遭難している芝居なんかも本格的な映像に仕上がっていて、面白かったですね。

オチも、僕の「無理ぃ〜!」といういつものヤツなんですけども、無理ともにドローンがビューンと上に飛んでいき砂丘を大空から撮影。すごくスケール感のあるオチになっていました。
 

撮影:モリサキエイキ

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]