画像提供:gettyimages

News

高岡早紀さんの自宅インテリアに注目「素敵でお洒落」「パラダイス」と反響

屋上の小部屋は、外国のリビングのような空間に

 

 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

高岡早紀 saki takaoka(@saki_takaoka)がシェアした投稿



「こっそり屋上の小部屋を覗いたら…」とのインスタには、高岡さんのお母さんがくつろぐ屋上のリビング空間の写真。「小部屋」と呼ぶには広いスペースには、テーブルとソファを配置。カラフルなラグがシックなトーンのソファとテーブルの差し色になってくれています。

眺めと日当たりのいい最高の場所のソファの上で、高岡さんのお母さんと愛犬たちはリラックスしており、きっとお気に入りのスペースなのでしょう。異国のような色使いも素敵なリビングは、子どもも隠し部屋のような雰囲気で喜びそう。

この投稿には「外国人に見えました。とってもお洒落なお母様!」「小部屋? 外国に来てるみたい!」「なんて、リッチな部屋!外国みたい!」との声が集まり、外国のようなリビングはカラー使いも参考になるものばかり。

レトロなガラステーブルを使って親子水入らずの時間

 

 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

高岡早紀 saki takaoka(@saki_takaoka)がシェアした投稿



「ウチの可愛いネイル屋さん。。」ともインスタには、テーブルの上にズラリとネイルを並べ娘さんが高岡さんのフットネイルを施しているシーンをキャッチ。女の子なら大好なガラスがキラキラと可愛い丸テーブルは、ちょっとした作業をするにもぴったりサイズ。

たくさんのグリーンが目に飛び込んできますが、家にいながら自然を感じられる場所は、癒しの空間になっていることでしょう。

この投稿には「ホントかわいいネイル屋さんですね!微笑ましい!横顔だけでも美少女だとわかります」「なんとも 幸せなひと時!」との声があがり、俯き加減の娘さんは凛とした美少女。素敵なインテリアのお陰もあり映画のワンシーンのよう。
 


「なんて素敵なお洒落な空間!」とのコメントも届き、グリーンを惜しげもなく使い、癒しの場所になっているお家は誰もが憧れるのではないでしょうか。

木の温もりを生かしつつ彩りを加えてポップな空間に仕上げているところに、高岡さんのセンスを感じますね。
 

とも

心理カウンセラーの2児の母。webでライター業もしています。
今は休業中ですが主に恋愛に関してのセッションをやっています。
人間観察が趣味のため芸能ネタは欠かさずチェック。
2年間のアメリカ在住経験もあるので、セレブのゴシップも得意です。
4歳差姉妹の娘達の美意識の高さにむしろ母が刺激をもらっている毎日であります。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]