撮影/mamagirl 編集部

Lifestyle

家族旅行にも、ママひとりのご褒美旅にも♪ 「OMO3札幌すすきの(おも) by 星野リゾート」宿泊レポート!

2022年1月にオープンした「OMO3札幌すすきの(おも) by 星野リゾート」を、ママライターが宿泊レポートします!

2022年1月に、札幌の歓楽街・すすきのにオープンした、「OMO3札幌すすきの(おも) by 星野リゾート」。「OMO」ブランドとは、星野リゾートが運営する都市ホテルブランド。その街だけの楽しみ方をホテル側で紹介してくれたり、特別なイベントが用意されていたりと、「街を楽しむ」視点から宿泊体験ができる新しいスタイルの宿泊施設です。今回は、「OMO3札幌すすきの」に実際に宿泊したママライターが、おすすめポイントを紹介します!

コンセプトは「幸せな夜更かし」。ママの久々の夜更かしを全力サポート!

「OMO3 札幌すすきの by 星野リゾート」外観

OMOのロゴに記載されている数字は、サービスの幅を示すもの。街のランドマークとなるフルサービスホテルの「OMO7」、カフェレストランを備えた「OMO5」、フード&ドリンクステーションがあるベーシックホテルの「OMO3」、カプセルホテルの「OMO1」のように分かれています。今回宿泊したのは「OMO3」。気軽な旅にもってこいの、ちょうどいい設備が特徴です。そして「OMO3札幌すすきの」のコンセプトは「幸せな夜更かし」。食の魅力がつまった街・すすきのを楽しむ仕掛けがたくさん用意されているとのこと♪

「OMO3 札幌すすきの by 星野リゾート」内観

まず目を引くのが、エントランスがある1階の「OMOベース」と呼ばれるパブリックスペースにある架空の飲食店がデザインされた看板群。すすきののネオンをイメージしており、ワクワク感が刺激されます。

なんとスナックスペースまでありました! こちらでは、11月30日まで人生初のスナック体験としてオススメの「夜更かしスナックOMO」が開催されているそう。実際にすすきので営業されているスナックのママさんをお呼びし、ウイスキーの水割り片手に、おしゃべりや人生相談を楽しむことができます。

さらに、夜更かしにオススメのご近所情報が掲載されている「ご近所マップ」や、いまの気分に合わせてチャート式でお店を紹介してくれる「ラーメン診断」まで!

定番の味噌ラーメン以外も充実しています!

紹介されている店舗は、実際にOMOスタッフが食べ歩き、現地で交渉した上で掲載されているとのこと。ガイドブックだけではわからない、かなりディープな情報が盛りだくさんです!

専門ガイドによる「アペロミーティング」で、今夜のディナーを決定!

「幸せな夜更かし」をサポートしてくれる仕掛けはまだまだあります。
すすきのには、飲食店が約3,500店舗もあると言われていますが、あまりに多すぎて初心者はどこに行ったらいいのかわからない! しかも子連れだと知らない街はなおさら不安……。そんなママのお悩みを解決してくれるのが、「すすきのアペロミーティング」です。 

すすきの情報に詳しい「ご近所ガイドOMOレンジャー」による、15分のガイドプログラムで、OMOベースにて、毎日16時~/17時~の2回、無料で行われています。

札幌出身で、らーめんを食べ歩きつくしたというOMOレンジャーの小笠原さん。

この日は「ラーメン」がテーマのアペロミーティングを実施。クイズや豆知識を交え、札幌ラーメンの歴史や、オススメ店舗紹介をしてくれるので、お子様も一緒に楽しみながら、街のことを深く知ることができます。小笠原さんいわく「北海道では、麺を製麺所で作るのが一般的。大抵のれんに製麵所の名前が書いてあるので、製麵所でお店を選ぶのも面白い」とのこと。これは参加したからこそ知ることができた新しい視点です。
もちろん、OMOレンジャーへの質問・相談もできるので、食事の場所に困ったら、まずは参加してみましょう!

無料の「すすきの夜更かし散歩」ツアーで、すすきのの夜をマスター!

北海道イチの繁華街・すすきの

そして、夜更かし派のママに絶対に参加してほしいのが、OMOレンジャーによる「すすきの夜更かし散歩」ツアー! 21時から22時までの約1時間、実際に街を歩きながら日替わりで約20軒の店舗を紹介してくれます。

「夜更かし散歩」は、当日予約で一人でも参加できます。

王道のジンギスカン屋さんやラーメン屋さんから、知らなければ絶対に入らないような路地や地下街、初心者でも気軽に入れるスナックの他、深夜営業のパン屋さんやカフェなどなど……、すすきのならではの夜更かしスポットを紹介してくれます♪ お酒好きなママも、スイーツ好きなママも、必ず「行ってみたい!」が見つかるはず。

土曜夜でにぎわう「ラーメン横丁」!

ディープすぎる地下街&スナック街にも潜入!!

特に驚いたのが、すすきの市場地下に広がる「すすきの地下街」! OMOレンジャーの案内がなければ、知ることがなかったマニアックすぎる路地は、必見です!

お目当ては、すすきのの台所「すすきの市場」の地下。

こんなに飲食店が広がっているとのことですが……。

いざ潜入です!

怪しげな1本道に、スナックや蕎麦屋、カフェなど様々なお店がところ狭しと並びます。

さらに、ドキドキのスナック街へ。

一つのビルに多くの店舗が入っているのがすすきのの特徴。寒くてもハシゴ酒をしやすいようにという理由だそう!

ビルの狭いスペースにも、飲食店とスナックが詰まっています。

知らない土地でのスナックは、なかなかハードルが高いのが正直なところ。でも、そんなスナック初心者でも安心して楽しめるよう、押さえておきたい歴史あるスナック、女性一人客も多いスナック、元歯科衛生士などユニークな経歴のママがいるスナックなど、OMOレンジャーが厳選した名店の数々を紹介いただきました。思わずふらっと寄りたくなります。

スイーツ好きママにも嬉しい夜更かしスポットも

そして、すすきのにはお酒が苦手なママでも夜更かしできるスポットが。食事やお酒のあとの“シメ”としてパフェを食べる、北海道独自の文化「シメパフェ」を深夜まで楽しめるお店や、深夜営業のパン屋さんまでめぐります。

シメパフェが楽しめるオシャレなカフェは、金・土・祝前日なら朝3時まで営業中。(※コロナ禍により、営業時間変更の可能性あり)

夜16時から朝4時まで営業の「夜のしげぱん」さん。

商品名もユニークなものばかり。お客さん考案のメニューを採用しており、名前も自由に決めていいとか。子どもといっしょに考えたい!

ツアーの途中で、気になるお店があれば離脱もOK。例えば、お子様連れで途中までの参加や、お子様が小さい場合は、家族代表として一人で参加し、紹介していただいたお店に翌日訪れる楽しみ方も。こちらのツアーは、当日夜20時までの予約で、無料で参加できます。

24時間立ち寄れる「OMO Food&Drink Station」で、朝食もおつまみも!

1階OMOベースに設置された「OMO Food&Drink Station」では、パンやおにぎりなどの軽食や、おつまみにうれしい菓子類、酒類を含むドリンクも販売中。24時間営業のキャッシュレス決済なので、いつでも気軽に利用可能です。
 

「夜更かし散歩」で訪れた、しげぱんのメニューも!

OMOオリジナル商品のチーズケーキとあんバターサンド

通常のコンビニとは異なり、OMOオリジナル商品や、近所のパン屋さんの人気メニューも取りそろえる充実ぶり。ゆっくり起きた朝や、夜更かし前後の夜食、お部屋での晩酌など、どんなシーンにもうってつけ。

セルフレジなので、時間帯を気にせず気軽に利用できます。

電子レンジも自由に使えます。

個人的には、夜更かしをした翌朝はゆっくり過ごしたいので、朝食の時間が固定で決まっていないのはとてもありがたいポイント! また、せっかく旅先で朝食がたっぷり用意されていても、子どもがあまり食べない悲しい経験も多々ありました……。時間も量も自分のペースで朝食を楽しめるのは、家族にとってもうれしいですよね。

広くてキレイなお部屋。11時まで、のんびりステイ♡

写真はスーペリアツインルーム。添い寝の際には、ベッドをくっつけてくれるので、安心です。

気になる客室は、スーペリアツインルーム、ダブルルーム、トリプルルームの3種類をご用意。
添い寝可能なお子様はスーペリアツインルーム、大きなお子様はトリプルルームがオススメです。
ベッド下には、スーツケースを収納できるスペースがあり、お部屋を広々と使用することができます。
 

テーブルと椅子が2脚用意されており、家族での晩酌も楽しめます。また、wi-fi&コンセント完備なので、いざというときのお仕事スペースとしても活用できます。テーブル前に大きな鏡&コンセントも設置されており、座りながらラクラク身支度を整えることができました。

洗面スペースとシャワースペースは扉で分けられています。

シャワールームは、多機能シャワータイプ。シャンプー・コンディショナー・ボディーソープのアメニティが用意されています。

その他の歯ブラシやヘアブラシ、かみそり、シャワーキャップなどのアメニティは1階「OMOベース」から必要なものだけ選んで持ち込める仕様。また、パジャマも200円でレンタル可能です。

そして、旅行中くらい日々のバタバタから解放されたいママにうれしいのが、チェックアウトが11時な点。すすきので幸せな夜更かしをした後、お部屋でゆったり過ごせます。実際に私も、朝はホテルでのんびりした後、午後から札幌市街観光や近場の観光スポット巡りを楽しみました。コンパクトに北海道の自然と娯楽を感じられるのも、すすきのならでは! 

すすきの近くの南4条バス停からバスで30分ほどの「羊ヶ丘展望台」。クラーク博士のBOYS BE AMBITIOUSでお馴染み!(ライター撮影)

子連れの家族旅行、パパとのデート旅、一人旅や友だち旅、どんなシーンにもフィットするOMO3札幌すすきの by 星野リゾート。初めての土地でも、ストレスフリーに効率良く街を思いっきり楽しめた2日間でした♡ 忙しいママこそ、ぜひリフレッシュのために訪れてみてくださいね。

【施設概要】
OMO3札幌すすきの by 星野リゾート
所在地:〒064-0805 北海道札幌市中央区南五条西6丁目14-1
宿泊料金:1泊10,000円~ (1室あたり、税込、食事別)
交通:地下鉄南北線すすきの駅から徒歩約5分
https://www.hoshinoresorts.com/resortsandhotels/omobeb/omo/3sapporosusukino.html

 

あわせて読みたい

話題のギャルママ・聖菜さん独占インタビューも! 興奮の SAPPORO COLLECTIONをレポート!

Entertainment

2022.11.11

話題のギャルママ・聖菜さん独占インタビューも! 興奮の SAPPORO COLLECTIONをレポート!

菱山恵巳子

1991年生まれのライター・コラムニスト。エンタメからビジネスまで、執筆ジャンルは多岐に渡る。恋愛漫画の原作も手掛ける。2016年に出産、男女の双子を育てる母。男性アイドルウォッチャー。
Twitter:@kaerita_i

Recommend

Xmasプレゼントにいいね!冬の外遊びが楽しくなる【GLOBBER】アイテムを今すぐチェック♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]