Facebook Twitter Instagram

出典:photoAC

Lifestyle

【シミ抜き】自宅でできちゃう! タイプ別にシミの落とし方をチェック

気をつけていてもついうっかり洋服にシミをつけてしまうことってありますよね。「気に入っていた洋服なのに…」「このシミ落とせるのかな?」なんてショックを受けたことがある人もいるでしょう。子育て中のママならなおさら、そういった機会も多くなるかもしれませんね。

洋服のシミ取りは白洋舎などのクリーニング店におまかせするのが確実ですが、なかなか持って行くタイミングがなかったり、費用もかかってしまったりという点がネック。できることなら自宅でシミ取りをしたいと考えてしまいますよね。
そこで今回は、シミのタイプ別に自宅でできるシミ取りの方法を紹介していきます。

■洋服にシミがついてしまった!さぁどうする?

まずは、シミがついてしまったときの応急処置からみていきましょう。
外出先で「うっかりシミがついた!」そんなときあなたはどのように対処していますか?とりあえず、水をつけたりウェットティッシュで拭いたりするという人も多いでしょう。
しょうゆやジュースなどの水溶性のシミならこのやり方でOKですが、ドレッシングや口紅のような油を含んだシミは、こすることで余計に広がってしまう恐れがあります。水をつける前に、まずティッシュで汚れを押さえて油や水分を吸い取りましょう。このときこすらずに軽くたたくようにするのがポイントです。
その後濡らしたティッシュやハンカチでシミを落とします。少量のハンドソープや石けんをなじませるとシミが取りやすくなりますよ。
CMで目にしたこともある人もいるかもしれませんが、便利な応急処置用のシミ取りペンなんてものもあります。こういったものを活用してもいいでしょう。

■タイプごとに紹介!自宅でできるシミ取りの方法とは?

ここからは、シミのタイプ別の方法を紹介していきます。

・油


「揚げ物をしているときに、揚げ油が飛び散ってしまった!」そんなときはまずティッシュや乾いた布で、ついた油を拭き取るようにしましょう。その後方法はシミの状態に合わせて変わってきます。

<軽い油ジミ>
1.洗面器や洗面台などにぬるま湯をためて、洋服をつける。
2.食器用洗剤をつけた歯ブラシで細かくこすり洗いする。
3.水で洗い流した後、洗濯する。

ぬるま湯につけることで、油ジミが浮き上がってきやすくなります。歯ブラシでこすり洗いするときは、力を入れてゴシゴシせずにシャカシャカ細かい動きをするように心がけましょう。

<頑固な油ジミ>
1.下にタオルを敷き、クレンジングオイルを垂らす。
2.歯ブラシを使ってトントンとたたく。
3.ぬるま湯でもみ洗いする。

食器用洗剤では落とせなかったシミは、クレンジングオイルで落とします。意外に思う人もいるかもしれないですが、お肌についた油を含むファンデーションや口紅などを落とせるクレンジングオイルは、油ジミを落とすのにぴったりなんです。これなら簡単に試すことができますね。
これでも落ちない油ジミは、クリーニング店にお願いした方がいいでしょう。

・牛乳


牛乳は一見シミとして残りにくいような気がしてしまいますが、そのままにしておくと黄ばみになってしまいます。牛乳がついてしまった場合も、すぐに処置するようにしましょう。

<牛乳のシミの取り方>
1.シミがついたところを水で洗う。
2.石けんを溶かしたお湯を、シミ部分に染み込ませる。
3.乾いた布やティッシュでシミの部分をたたきながら落とす。
4.通常通り洗濯する。

これでも取れない場合は、重曹を使った方法を試してみましょう。

出典:photoAC

<頑固なシミ・黄ばみになった場合>
1.重曹ペーストを作る。
2.重曹ペーストをシミの部分に塗りつけ、30分ほど置く。
3.固まった重曹ペーストを取り除き、洗濯機へ。

重曹には、消臭効果もあるので牛乳独特の臭いも取ってくれますよ。

・ワイン

出典:photoAC

「ワインをこぼしてしまった!」そんなときはまずシミになった部分をざっと水洗いするだけでも、ある程度取れてきます。しかし、時間が経つと頑固なシミになってしまうんです。

<ワインのシミの取り方>
1.シミの部分に衣類用漂白剤を塗る。
2.その後洗濯機で通常通り洗濯する。

ワインのシミは、漂白剤で取り除きます。漂白処理をするときは、スプレータイプのものを使うと便利かもしれません。

・ボールペン、油性ペン

ボールペンや油性ペンは油性汚れになります。油シミと同じように、クレンジングオイルを使用すると効果的です。

<インクのシミの取り方>
1.クレンジングオイルを染み込ませた綿棒などで、シミがついた部分をたたく。
2.次に、衣類用洗剤や食器用洗剤をつけてさらにたたく。
3.ぬるま湯を使って軽くもみ洗いする。
4.洗濯機で洗濯する。

・泥よごれ

出典:photoAC

泥んこになって遊んだ子どもの洋服には、がんこな泥汚れが!時間が経つほど汚れが取れにくくなってしまうので、早めに処置しましょう。

<泥汚れの落とし方>
1.40度のお湯に弱アルカリ性の粉末洗剤を加えて、20~30分くらいつけ置きする。
2.汚れた部分をもみあらいする。
3.洗濯機でいつも通り洗濯する。

血液


血液は水溶性の汚れに分類されます。シミの取り方はその他の水溶性汚れと同じですが、血液の場合60度以上のお湯により凝固してしまうので、必ずぬるま湯を使用してください。

<血液ジミの取り方>
1.衣類用洗剤や食器用洗剤をつけ、シミの部分をたたく。
2.ぬるま湯でもみ洗いする。
3.洗濯機で洗濯する。

■時間が経ってしまった古いシミはどうしたらいい?

時間が経ってしまった場合、何によってできたシミなのかが分からなくなってしまいますよね。そんなときはまず、シミが油性なのか水性なのかをチェックしましょう。
油性の汚れ落としに効果のあるクレンジングオイルやベンジン、アルコールなどを使ってみて、もしも落ちたらそれは油性の汚れ。落ちなかったら水性の汚れであると考えられます。
シミがどちらのタイプなのかが分かったら、あとはそれぞれの方法でシミ取りをしていきましょう。

■もっとお手軽に!便利な最新のシミ抜き家電

最近では、便利なシミ抜き家電も登場しています。超音波の力や振動力でシミ汚れにアプローチ。頑固な汚れもしっかり落とせると口コミも上々です。

出典:「えむちん☆のレビューブログ Powered by Ameba」

こちらは、『SHARP(シャープ)』の人気商品「超音波ウォッシャー」です。使い方はとっても簡単!シミの部分を水にひたしたあと、「超音波ウォッシャー」の先端部分を当ててなぞるだけ!

実際に使ってみたというママさんも、その効果に満足しているみたいです。試してみる価値がありそうですね♪

■クリーニング店に行く前に、自宅でチャレンジ!

シミがついてしまったら、シミのタイプを見極めて適切に処置をすれば、自宅でシミ取りも可能。クリーニング店に持って行く前に、一度試してみてもいいかもしれませんね!

引用文献
「えむちん☆のレビューブログ Powered by Ameba」

tamago

アパレル→歯科衛生士に転身した3児のママです。ワーママ歴は10年以上!家事の時短テクや簡単レシピを取り入れながら、仕事と子育てを楽しんでいます♪音楽・ファッション・インテリアにも興味津々♡中古マンションを自分好みにリノベして、武骨で男前なインテリア空間で暮らしています。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp