出典:@tingjp1129 さん

Beauty

ネイルにイラストを描いちゃおう♡オリジナルのデザインが超簡単にできる♡

ネイルにイラストを描いたことがありますか?ネイル用のハケや筆でも簡単な手描きアートは描けますが、細かい線や文字を入れたいときにおすすめなのがボールペンなのです。普段使っているボールペンなら新しく買い足す必要もなく無料でチャレンジできますよ。
今回は、ネイル技能検定1級・ジェルネイル上級の資格を持つライターMACHAが、デザインや手描きネイルアートのやり方の紹介をします。

アートが苦手な人でも簡単で手軽にできるネイルデザインもピックアップ!ぜひチェックしてみてくださいね!

■ネイルのイラストデザインはオリジナルでかわいい!

出典:photoAC ※写真はイメージです。

お正月にはその年の干支を描いたり、春には桜などのお花を、夏ならスイカや水着、冬には雪だるまやサンタさん。その季節に合ったイラストが描かかれている指先って、想像するだけでも楽しくなりますね。
マニキュアでイラストを描いたり、ネイルシールを使ったり、その方法はさまざまです。その中でもボールペンを使った手描きアートは手軽にオリジナルのデザインにできるのでおすすめです。

■手描きアートのセルフネイルに挑戦してみよう

手描きアートのセルフネイルをボールペンで描くと、かなり細かい柄や文字も手軽に描くことができます。普段は文房具として使っているボールペンでネイルのイラストを描くことができるなんて面白いですね。
手描きアートならデザインが他の人とかぶったりすることもなく、簡単にオリジナルデザインにできるのも魅力のひとつ。描きたいイラストが思いつかないときには、フリー素材のイラストを参考にアレンジするのもいいですね。

・ボールペンなら黒だけでなくいろいろなカラーも


もちろん黒だけではなくボールペンにはたくさんの色がありますよね。ネイルカラーをそろえるよりもリーズナブルでいろいろなカラーを使えるのも、ボールペンネイルの魅力です。好みの色のボールペンを集めてみましょう。

・ネイルにはゲルインキのボールペンがおすすめ

出典:筆者撮影

一口にボールペンといってもたくさんの種類があります。水性のボールペンは滲みやすいのでネイルには向きません。ネイルにイラストを描くには、ゲルインキのボールペンが適しています。写真は『ZEBRA(ゼブラ)』の「SARASA(サラサ)」シリーズ。
カラフルな色が多くあるボールペンなので、ネイルカラーに合わせて色を選ぶことができます。他にも『uni-ball(ユニボール)』の「SigNo(シグノ)」は、細い線が描きやすく文字や縁取りを描くのにおすすめです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]