Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

【ママガールズトーク】パパに恋愛感情ナシ⁉対処法は【2019年5月①】

友だちやパパには言えないことが、ママたちにはあるんです。そんなリアルな悩みや不満、ときにはノロケも…♡ 覆面だからぶっちゃけられる!そんなリアルなママ座談会企画。GWも終わり、新たなママ3人を迎えて、ぶっちゃけトークスタート。今回は、海外と日本の遠距離結婚生活中のママに半年で結婚のスピード婚ママ、再婚同士のママが来てくれました。パパに対して思うことや夫婦円満な関係を保つ方法を語ってもらいます。


■2019年5月の回に集まっていただいたのは、こちらのママ!

Aさん
27歳/8ヶ月の男の子のママ。

Bさん
36歳/2歳の女の子のママ。

Cさん
33歳/2歳の男の子のママ。


⬛パパに対して恋愛感情がない!?スピード婚ってどんな感じ?

ーーまずはみなさん、簡単に自己紹介からお願いします!


Aさん
8ヶ月の息子を持つ27歳。パパと知り合ったのは合コンで、3年付き合って結婚しました。
でもその直後にパパが仕事でブラジルに駐在することになって、子どもが生まれてから年に1〜2回しか会えないの。

全員
え〜!ブラジルって遠い!

Aさん
そうだよね。ちょうど13時間時差があって、パパが会社行く前の15分間テレビ電話したりしてる。
パパは息子に向かって「パパだよ〜!」って必死に言ってて、息子は一応笑うけど、多分わかってない(笑)。なのでうちはいま、かなりのワンオペ状態なんだ。

Bさん
大変だね…。私は2歳の女の子のママで、36歳。パパとの出会いは、フットサル大会なんだけど、自分が医者になるんじゃなくお母さんの足の障害を治すための人脈をつくるために医大に入ったとか、話を聞いてたらすごい変わった人で(笑)。
若く見えたからタメ口で話してたんだけど、実はすごい年上で。あとから47歳だってわかって、Facebookでタメ口ですみませんでしたってメッセージしたことから連絡取るようになったんだ。ちなみにお互い再婚です。

Cさん
私は2歳の息子を持つ33歳。私のパパとの出会いってちょっとすごいんだけど…。

全員
なになに?

Cさん
29歳のころ、周りの友だちがバタバタ結婚していって、私自身すごく結婚することに対して焦ってしまって。それで、友だちに「とにかくまじめな男性を紹介して!」って頼んでいたの。というのも、それまで付き合ってた人が遊び人すぎて振り回されて悩んでたからなんだけど…。
10月に紹介してってお願いしてから11月に紹介してもらって、そこからはとんとん拍子。12月に付き合って、翌年3月に結婚式場探しに行って、5月のパパの誕生日に入籍。だから出会って半年以内に入籍してて。それから7月に新婚旅行に行って、11月に挙式しました。

全員
ええっ!早い!

Cさん
スピード婚すぎて、よく周りに驚かれる(笑)。私も焦ってたのと、パパもその時期結婚願望が高まっていたから、お互いのタイミングが合っていたみたい。

ーーいま、パパになにか不満はありますか?


Cさん
付き合ってから結婚までが短すぎて、お互いまだよく知らないままなんだよね。出産して1年後くらいから一緒に住み始めたのね。

Bさん
え!結婚してすぐに一緒に住まなかったの?

Cさん
そうなの。いま一緒に住んでまだ1年経ったくらい。
私はずっと実家にいて、向こうが週末だけ来てたの。いま思うとね、離れていたときのほうがのびのび気楽にやれてたなぁって思う。

Aさん
いまはどんな感じなの?

Cさん
なんというか、パパがまじめすぎるの。たとえばお笑い番組見てたらそれなりに笑うけど、2人で話してて大爆笑することがないからつまらなくて。
ふざけたノリで「わっ!」って脅かしてみたりしても「どうしたの?」って冗談が通じないし。確かにまじめな人と結婚したかったけど、いざ生活を始めてみたら、楽しさも欲しいなって。それに正直、恋愛としての好きというより家族愛みたいな感じのほうが強くなった気がする。

Aさん
私も恋愛感情というより家族愛に変化したかなぁ。うちもCちゃんちのようにパパがまじめで、私がボケてツッコミ待ちしてるのに「かわいいね」で終わるの。
結婚前は、私が行ったことがないようなちょっといいレストランとかに連れて行ってくれたりして、素敵な人だなって盲目になっちゃってたんだよね(笑)。


⬛️“思ったことはその場で伝える&適度に頼る”でパパへの不満はゼロに!

Bさん
私はパパに不満は1つもない。

2人
そうなんだ!いいな〜!

Bさん
でも些細なことでケンカはするよ。だけど、2人ともバツイチだから、いろいろ反省を踏まえてるところがあって。たとえば、私は何事も溜め込まないようにしたんだ。
1回目の結婚の時は、言いたいことずっと我慢して我慢の限界が来てからいきなり怒りながら旦那さんにあれこれお願いしちゃってたんだけど、いまは気持ちを溜め込まないで、家事や育児をお願いできるようになったの。

ーーでもそんなふうに変われたのってすごいかも。

Bさん
自分の考え方を変えないと、前の結婚と同じ道をたどるだろうなって思ったんだよね。それで自己対話を始めたの。自分はどうしたいのか、なんで自分ばっかりと思ってしまうのかって。そこで自分の性格とか問題の根本とかを見つめなおすようになったんだよね。

Cさん
へぇ〜。

Bさん
妊娠して仕事を引退して収入がゼロになった時、お金を稼げない私って価値がないって思っちゃってたの。だから主張する権利もないし、収入ゼロの主婦が何かをお願いするって負けた気がしちゃってた。
もともと甘えるのが苦手な性格だから、勝手に背負って勝手にイライラして。でもこれじゃいけないって思って、少しずつ考え方を変えていって、いまは家事とか育児を手伝ってもらうのにも罪悪感がなくなった。すごくラクになったよ。我慢しないことは大事だと思う!

Cさん
私は、何かを話しかけるのにもいちいち緊張してるの。

2人
なんで?

Cさん
スピード婚すぎて、本当にお互いをよく知らないっていうのがいちばん大きいかな。
それから、気軽に何か言えないっていうきっかけになった事件があって。前に友だち夫婦がうちに遊びに来た時に、私が何気なく相手の旦那さんに言った言葉について、友だち夫婦が帰ったあとにパパから注意されたの。
「さっきこう言ってたけど、あれって男のプライド傷つけるから次から気をつけて」って。私は全然そんなつもりじゃなかったんだけど、パパいわく、その旦那さんの会社を下に見るような発言をしたらしい。「Cが友だちから悪く思われたくないから注意してるんだよ」っていわれたけど、納得いかなくて。
で、そこからまた何か注意を受けるんじゃないかとか考えて、気軽に発言できなくなっちゃったの。1回言葉を飲み込むようになったし、夫婦交流がいやになった。

Aさん
そっかぁ。難しいね。

Cさん
だから私にとっての理想の夫婦像、家族像は、なんでも言い合えてリラックスして生活できる関係を築くこと。

Bさん
大事だよ〜。私は溜め込まなくなってからすごくラクになったから。

……………
…………
………
……


(2019年5月②に続く)

【次回予告】ママだけど女心は忘れたくない!産後の悩みとケア方法について

夫婦関係円満の秘訣は、自分で抱え込みすぎないで頼れるところは頼ることなのかもしれませんね!
次回は、産後のカラダにどんな変化が起きてる?肌、髪、ネイル、マツエク…美容ケアってどうしてる?リアルなママのいまの悩みを聞いちゃいます。

次回は、5月17日(金)より配信開始!
金曜22時をお楽しみに。

企画・構成/mamagirl WEB編集部
文/若山あや

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp