出典:@ chisa_maiさん

Beauty

アクアレーベルの青は高コスパで美白も♡肌の悩みをまるごとケアしてくれる

日本が誇る老舗『資生堂』のプチプラコスメブランド「AQUALABEL(アクアレーベル)」。肌の状態に合わせて選べる3つのシリーズが販売されていますが、美白ケアに特化した"青"のシリーズは、年齢とともに増えてしまう肌の悩みをまるごとケアしてくれるという優れもの。毎年たくさんの賞を受賞していて、発売から10年以上経つ今も男女問わずたくさんのユーザーから高い支持を得ているスキンケアブランドです。

化粧水からスペシャルケアアイテムまで、アクアレーベル青に含まれてる成分や使用感、口コミで高評価を得ている商品など、徹底的にチェックしていきましょう。

■資生堂のアクアレーベルとは?基本情報を紹介

出典:@ ____28noyer_さん

アクアレーベルは、日本だけでなくアジア諸国で展開している資生堂のセルフスキンケアブランドです。

ラインナップは全部で3種類、美白ケアに特化した"青"、乾燥や保湿ケアに特化した"赤"、エイジングケアに特化した"ゴールド"です。それぞれに洗顔・メイク落とし、化粧水・乳液・クリーム、スペシャルケアがもれなくそろっています。

3つのラインに共通して含まれるのは、美白有効成分の"m-トラネキサム酸"と希少な美肌必須成分"チャージアミノ酸WH"、乾燥を予防する"ヒアルロン酸"と"コラーゲンGL"です。チャージアミノ酸は、資生堂が初めて発見した4つのD-アミノ酸からなる希少成分。この成分が、うるおいバリアを守って、透明感と弾力のある肌へと導いてくれるのだそう。

これらの成分にプラスで、青は肌に透明感を与え明るい印象へと導いてくれる成分、赤には肌あれ防止の有効成分、ゴールドはハリをキープするうるおい成分をそれぞれ配合。年齢や肌悩みに応じて選べるのが特徴です。

■うるおいと透明感!青の美白ラインナップのここがすごい

出典:@ chisa_maiさん

シミ、ハリ、乾燥と増えつづける肌の悩みケアに重点を置いているアクアレーベル。中でも、美白ケアに特化した青のラインについてより細かく解説していきます。

・チャージアミノ酸とヒアルロン酸でうるおい貯蓄

アクアレーベルに含まれるチャージアミノ酸が、肌にじゅうぶんな水分を閉じ込め、角質のバリア機能を守ってハリと透明感をキープ。さらに、高い保水力のヒアルロン酸や水溶性のコラーゲンが、乾燥から肌を守ってくれます。アクアレーベルの化粧水と乳液には角質を育て、肌を乾燥から守る効果が期待できるようですよ。

・m-トラネキサム酸とパールシェルエキスで透明感のある肌へ

アクアレーベルの青に含まれている、m-トラネキサム酸にはシミの原因となるメラニンの生成や肌荒れを抑える作用があり、美白やニキビ跡のケアにも有効といわれています。
パールシェルエキスが、乾燥でくすんで見えてしまう肌を保湿。肌にうるおいを与えて透明感のある明るい肌へと導いてくれるのだそう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]