Entertainment

ロバート秋山のむちゃぶりがきっかけ!「むちゃぶりかみしばい」誕生秘話

 

2017年に第一子を授かり、パパとなった、お笑いトリオ・ロバートの山本博さん。息子くんとの生活の中で感じた「?」や「!」をマンガに描き、昨年7月からインスタグラムで発信。そのイラストをもとに、山本さんがパパ芸人ならではの気づきを綴る本連載。

第51回は、山本さんの著書「むちゃぶりかみしばい」誕生秘話について。ライブの遊びだった「むちゃぶりかみしばい」から絵本発売、ワークショップ開催に至るまでの経緯、当時の心境を語ってもらいました。

■ロバート山本流・紙芝居ワークショップ

早いもので、『むちゃぶりかみしばい』という絵本を発売して、もう1年になります。この絵本がきっかけになって、最近、紙芝居を作るワークショップをやらせてもらっているんです。

僕が相方の秋山(竜次)から無茶なお題を振られて、なんとか話と絵を絞り出しているように、ワークショップでは僕が参加者の皆さんに絵本のタイトルだけを無茶ぶりして、そのタイトルをもとに絵と話を作ってもらっています。

といっても、僕の場合と違って、3つぐらいのタイトルから選べるようにしています。

面白いのは、「絵が得意な人?」と聞いても、誰も手を挙げないんです。全員苦手だと思ってる。でも、僕のワークショップの場合、絵が得意かどうか、うまいか下手かは大事じゃないんです。

じゃあ、何が大事かといえば、とにかくトライしてみること。別に絵で評価されなくても、話で評価されるかもしれない、想像力で評価されるかもしれない。とにかく、表現してみることが大事だから、絵が下手でも気にしないで、という話から始めます。なんてったって、講師である僕が絵心ゼロですから。

■自由で壮大な、子どもたちの発想力

これまで何度かワークショップをやらせてもらって、いくつかの絵本タイトルを試した結果、受けがいいのが見えてきました。 『線路の最後は?』『動物のレストラン』『お花の国のお姫さま』という3つのタイトルです。

毎回毎回、子どもたちの発想力にワクワクしっぱなしです。 『線路の最後は?』の場合、線路の最後はブラックホールで飲み込まれて消える、という話を考える子もいるし、ゴミ捨て場みたいな場所に到着する電車もあるし。もちろん、オーソドックスに車輛基地に到着する子もいます。普通だって当然OKです。

あと、このタイトルだと、お話の主語になるのは電車だったり、それに乗っている人になるのが基本ですけど、なかには線路そのものを主人公に話を作る子もいて驚かされます。

線路の枕木に顔が描いてあって、その線路が新しい駅に配属され、いつしか駅も古びれていくなかでどんな歴史を歩むのか、という壮大なスケール。最後はリサイクルセンターに行って新しくなってから、新駅に使われるって話でしたからね。すごい発想力ですよ。

先日は沖縄でもこのワークショップをやらせてもらいました。失敗したなぁと思ったのは、沖縄ってモノレールはあるけど、電車はないんですよね。なのに、 『線路の最後は?』のタイトルを出してしまって、「線路ってなんですか?」みたいな空気に。

まあ、そんな状況でも、「このタイトルから思いついたこと何でもいいから」と、自由演技に持ち込めるのが『むちゃぶりかみしばい』らしさです。

Recommend

宮城舞さんも実感! 【ララヴィ】癒しのオイルイン洗顔&クレンジングで、クリア美肌へ

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]