出典:@nonohana.28さん

Beauty

今クレンジング美容がトレンドです☆雪肌精の洗顔で素肌美人を目指そう

『KOSÉ(コーセー)』の「雪肌精(せっきせい)」は、和漢植物成分の配合で、雪のような透明な肌を目指しているシリーズ。雪肌精の洗顔が、きめ細やかなクリーミーな泡立ちで、すごく使い心地が良いとSNSなどでうわさになっているのを知っていますか。洗顔は肌の土台を作るためにとても大切!肌の土台が良くないと、化粧水などのスキンケア成分が肌に浸透しにくいなど残念なことになってしまいます。

雪肌精の洗顔で美白効果も期待できるという噂!メンズも使える雪肌精の洗顔についても詳しく見てみましょう。あなたも雪肌精の洗顔が欲しくなっちゃいますよ。

■雪肌精の洗顔はタイプ別に4種類!雪肌精が人気の理由は?

出典:@ rie__88xsoranagix88さん

雪肌精の人気の理由は、雪肌精の目指すところが肌の白さではなく、雪のような透明感のある肌を目指しているところです。CMに起用されている新垣結衣さんの透明感ある肌が魅力的なところも、人気の理由のひとつでしょう。
雪肌精の洗顔には、クリームタイプ・洗顔石鹸・パウダー洗顔料・乳液タイプと全部で4種類あります。それぞれの洗顔の特徴やSNSなどから口コミを見てみましょう。

■キメ細かい泡が特徴のホワイト クリーム ウォッシュ

出典:@nonohana.28さん

クリームタイプの洗顔料「雪肌精 ホワイト クリーム ウォッシュ」は、内容量130g入り2,200円(税込)です。

・商品の特徴や成分

ホワイト クリーム ウォッシュは、キメの細かい泡が特徴で、古い角質が原因のくすみや、毛穴の汚れもすっきりと落としてくれます。しっとりとした透明感のある、しなやかな肌に生まれ変わるのを助けてくれる洗顔料です。
和漢植物のひとつ、ムクロジに含まれているサポニンが水に溶けることで、純植物性の洗浄剤になり、石鹸のような泡立ちを実現します。また、ヤシに含まれるクリア成分の働きで、肌本来の透明感を引き出してくれます。

・使用方法

(1)手のひらと顔を濡らす。
(2)手のひらに2cmほどホワイト クリーム ウォッシュを出し、しっかり泡立てて洗顔。
(3)しっかり洗い流しましょう。

・口コミ

「洗いあがりがつっぱることなく、しっとりとしてスベスベ」
「1回の使用料は8ミリくらいでも、十分な泡立ち量です」
「泡がしっかりとしているので、まるでクリームで洗っているかのような気持ち良さ」

■和漢植物エキス配合の化粧水仕立て 石けん

出典:pixabay ※写真はイメージです

洗顔石けん「雪肌精 化粧水仕立て 石けん」は、100gの固形石けんで、ケースなしが2,000円(税抜)、ケースありは2,200円(税抜)です。

・商品の特徴や成分

化粧水仕立て 石けんは、植物から抽出した石けん成分と、和漢植物エキスを含んだ化粧水成分から作られた洗顔石けん。コーセー独自開発のホイップ&モイスト製法で、泡立てが苦手な人でも簡単にクリーミーな泡が作れます。
キメの細かい泡が、毛穴の汚れや余分な皮脂をからめて落とすことで肌がやわらかくなめらかになり、洗顔後の化粧水が浸透しやすい肌に導きます。ハトムギエキスには保湿と肌荒れ防止、リンゴエキスが皮膚をやわらかくする効果が期待できるそう。

・使用方法

(1)顔全体を濡らし、石けんにぬるま湯を加え泡立てます。
(2)泡で顔全体を包み込むように洗顔し、しっかり洗い流しましょう。
買ったばかりのときは、透明のフィルムがついているので外すのを忘れずに!

・口コミ

「密度の濃い泡が、泡というよりはクリームのような感じでエステにいったみたい」
「ニキビのできやすかった肌ですが、ニキビができにくくなった気がします」
「この石鹸を使い始めて、肌のトーンが明るくなったように感じます」

■コスパ抜群!ホワイト パウダー ウォッシュ

出典:photoAC ※写真はイメージです

パウダー洗顔料の「雪肌精 ホワイト パウダーウォッシュ」は、内容量100g入り約150回分使えて、3,000円(税抜)です。

・商品の特徴や成分

新雪のような真っ白いキメの細かいパウダー洗顔料で、厚みのある濃厚な泡をすばやく作ることができます。トウキエキスや高保湿剤の配合により、肌に保湿膜をつくるので、洗った後もしっとり感が持続。

・使用方法

(1)手と顔を濡らして、手のひらに100円玉くらい出しましょう。
(2)ぬるま湯を加えてしっかり泡立てて洗顔します。
(3)きれいに洗い流せばOK。

・口コミ

「ティースプーン1杯の量で十分な泡立ちです」
「肌のくすみがなくなって、肌が白くなってきた感じがあります」
「購入するときは高額に思いますが、毎日使っても1年くらいもつのでコスパ力◎」

■肌に優しい使い心地♡ホワイト ミルキィ ウォッシュ

出典:photoAC ※写真はイメージです

乳液タイプの洗顔料の「雪肌精 ホワイト ミルキィ ウォッシュ」は、140ml入り3,000円(税抜)です。

・商品の特徴や成分

ホワイト ミルキィ ウォッシュは、肌に優しい洗浄成分や保湿成分などでつくられる十分な泡で、うるおいはそのままにしっとりと洗い上げてくれるのが特徴。テンチャエキス配合で、健康や美容への効果が期待されています。
保湿効果が高いといわれているメロスニアは、中国では古くから美肌効果のある植物として言い伝えられるほど!アケビのつるから抽出したエキスには、透明感と保湿効果が期待できますよ。

・使用方法

(1)手と顔を濡らして、手のひらに1~2回ポンプを押しましょう。
(2)ぬるま湯を加えて泡立ててから洗顔。
(3)しっかり洗い流しましょう。

購入当初はストッパーがついているので、外すのを忘れずに。

・口コミ

「トロっとしたミルクのようなテクスチャーで、少しゆるめの泡立ちですが、洗いあがりは気持ちが良いです」
「泡立てネットを使うと、モコモコな泡ができました」
「洗いあがりの適度なうるおいがちょうど良いです」

■雪肌精の洗顔はマツエクしていても使えるの?

出典:photoAC

マツエクをしていると、雪肌精の洗顔が使えるのか気になるところですね。マツエクに使っているグルーはオイルに溶けやすく、界面活性剤にも弱いという性質があります。
メーカーに問い合わせてみたところ“マツエクに影響のある成分は使用していない”とのことですが、念のためにマツエクの施術店に確認してみたほうが安心ですね。
洗顔するときにマツエクをこすらないことと、洗顔後すぐにドライヤーの冷風をあてて乾かすことがマツエクを長持ちさせるポイントのようです!

■洗顔するときのポイントは?

出典:photoAC

洗顔には正しい使い方があるのを知っていますか?タイミングによって、洗い方にも違いがあるんですよ。うるおいを保つために、洗顔するときのポイントを確認しておきましょう。

・洗顔するタイミングはいつが良いの?

出典:@ bm.p0512 さん

肌がベタベタしたり、汗をかいたりしたときには洗顔でさっぱりしたいものですが、洗顔には適したタイミングがあります。朝起きたときと夜のお風呂のときが洗顔に適したタイミング。
朝起きたときの洗顔は、寝ている間に出てきた皮脂汚れをキレイにすることで、メイクのノリが変わってきます。
夜のお風呂のときの洗顔は、一日の汚れを丁寧に洗い流すのが目的。洗いにくい髪の生え際もお風呂なら、しっかり隅々まで洗い流せますね。毎日の丁寧なお手入れが、美肌を生み出すポイントですよ。

・正しい洗顔方法を知っておこう

出典:photoAC

洗顔には正しい方法があります。間違った洗顔方法では肌にダメージを与えてしまう恐れがありますよ!

<ぬるま湯で洗いましょう>
「体温よりも少し低いかな?」と思うくらいの温度が洗顔に適した温度です。熱すぎると肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥肌になってしまうことも。冷たいと毛穴が閉じたままで毛穴の中の汚れが落とせないのです。

<洗顔料はしっかりと泡立てて!>
洗顔料の泡立てが不十分だと、泡で肌を洗うのではなく手のひらでゴシゴシ洗いになってしまいます。ゴシゴシ洗ってしまうと肌がダメージを受けることになって、本末転倒です。

<すすぎ残しは厳禁>
洗顔料がほんの少しの量でも肌に残っているのは、肌にとってNG。残った洗顔料が肌荒れの原因になったり、毛穴のつまりを引き起こしたりしてしまいます。すすぎは丁寧に、しっかりとすすぐことが美肌への近道ですよ。

■雪肌精の洗顔で美肌美人を目指しましょう♡

出典:今コンビニコスメがアツイ!見逃せないラインナップをチェック 「日々のできごと&時々ディズニー Powered by Ameba」

雪肌精の洗顔についてお伝えしました。「雪肌精の素晴らしさはわかっても、やはりお値段が…」という方には、コーセーとコンビニの『セブン-イレブン』との共同開発で生まれたブランド「雪肌粋(せっきすい)」がおすすめ。
買いやすい価格とサイズ、美肌のためのスキンケアがきちんとできるように考えられていますよ。透明な肌を目指して雪肌精や雪肌粋を使ってみませんか。

引用文献
「日々のできごと&時々ディズニー Powered by Ameba」

nobii

お調子者女児のママ。証券会社に勤務し夫の転勤を機に退職。出産後ライターへ。2級ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有。
【Instagram】nobii00
沖縄専用アカウント→okinawa.daisuki01
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]