出典:@trans3005さん

Lifestyle

キッチン照明の正しい選び方とは?実例コーデもチェックしよう!

最近、キッチンもインテリアの一部として考える人が増えています。家族で食事が楽しめるオープンキッチンの照明は、快適さはもちろん、おしゃれにもこだわりたいですよね。しかし、デザインばかりに気を取られると失敗して後悔してしまうケースも少なくはありません。

そこで今回は、キッチン照明の正しい選び方やおしゃれなコーディネート術を合わせてご紹介したいと思います。知っておくべきポイントをおさえて、快適なキッチンライフを実現しましょう!

■キッチン照明を選ぶ際に気をつけるべき4つのポイントとは?

出典:photoAC

まずはキッチン照明を選ぶうえで大切なポイントを4つご紹介します。

・ポイント1:照明の明るさ

出典:photoAC

材料を切ったり火を使って調理したりと、キッチン作業は安全面に気を使わなければなりません。そのためにはまず、手元が暗くならない照明のプランニングを考えることが大切。一般的に、ベースとなる明るさは天井にピタッとついたダウンライトやシーリングライトを用い、キッチン全体を明るくします。
手元の照明は、吊戸棚がある家庭では棚下に手元ライトを付けますが、オープンタイプの場合はおしゃれなペンダントライトを配置して明るさを確保すると良いですよ◎
ちなみに、ベース照明は一畳あたり30~40W程度、手元の明るさはキッチンの広さにもよりますが20~60W程度を目安にプランニングしましょう。

・ポイント2:照明の色合い

出典:photoAC

キッチン照明の色合いは、作業面で考えると白っぽく光る「昼白色」が良いかもしれませんが、LDKの場合だと全体的な調和も大切にしたいところ。ダイニングやリビングは落ち着いた雰囲気の「電球色」が良いという方は、統一感を持たせて「電球色」または「温白色」を選ぶと良いでしょう。明るい雰囲気が好きな方は「昼白色」もおすすめですよ☆
大切なのはキッチンだけでなくお部屋全体の色合いを合わせることです。

・ポイント3:照明の個数

出典:photoAC

ベースの明かりは一畳あたり30~40W程度、手元の明るさはキッチンの広さにもよりますが20~60W程度を目安にすると失敗がないです。ベース照明をダウンライトにする場合は2~3個、シーリングライトならひとつあれば十分です。

・ポイント4:機能性や清掃性で選ぶ

出典:photoAC

省スペース、省エネ、清掃性を考えると断然LEDのダウンライトがおすすめです。天井に穴を開ける工事が必要なため賃貸では難しそうですが、ダウンライトはすっきりしてインテリアの邪魔もしません。

■おしゃれなキッチン&キッチン照明の実例コーデ

それでは照明の使い方にこだわった、おしゃれなキッチンコーデ集をご紹介していきましょう!
オープンタイプのカウンターキッチンにおすすめしたい照明計画を、解説しながらご紹介しますので、ぜひお役立てくださいね。

・カフェスタイルで洗練された空間に

出典:@trans3005さん

ベースのダウンライトをキッチン中心部ではなく、壁際に取付ることで飾り棚の陰影を楽しむことができます。そして手元照明はホワイトのペンダントを選ぶことで、天井の白と一体化させすっきりとした印象に見せる効果が。おしゃれな照明なのに強調させず、天井と一体化させるなんてセンスの塊ですよね。

・スポットライトを使ってメリハリのあるキッチンに

出典:@trans3005さん

キッチンとダイニングスペースを一直線上につなげる場合は「ダクトレール」を使うのがおすすめ。こちらの実例はキッチンの手元照明にスポットライトを採用しています。スポットライトの良さは手元を明るく照らしてくれるだけでなく、角度調整ができるのも魅力です。気分で照明の演出が変えられるのはうれしいポイントですよね☆

・整列したペンダントライトが独創的

出典:@trans3005さん

気持ち良いくらいに整列したコンパクトなペンダントライトたち。温かみのある電球色にすることで、ブラックとナチュラルカラーが統一感を出して素敵です。気分によってライトの数やデザインを交換しても楽しめそうですよね!こんなふうにお部屋の空間全体を、電球の色合い込みで計画するのも失敗しないポイントです。

・間接照明×塗り壁で空間に奥行を

出典:@trans3005さん

こちらはキッチンの背面壁が間接照明に設計された実例です。間接照明にすることで空間に広がりを感じさせる視覚効果が♡ぼんやりとお部屋を照らすため、手元とダイニングの照明は低めに吊るし必要な明るさを確保していますね。北欧系やモダンなインテリアが好きな方には特におすすめですよ。

・統一感のある落ち着いた照明計画

出典:@2452risaさん

ブラックの天井とぬくもりのある木目が落ち着きを放つモダンなダイニングキッチン。その空間に調和するようダウンライトとペンダントライトのシンプルなコーディネートをしていますね。ダクトレールも良いですが、ミニマムにしたい方はこの配置がおすすめですよ◎

■キッチンはコーデを楽しめる空間!照明も合わせておしゃれに計画しよう

今回はキッチン照明についてご紹介しました。マンションも戸建てもLDKが主流になっている今、キッチンはみんなから注目の的に!視線が集まる空間だからこそ、おしゃれにコーデしたいですね。ご紹介した照明選びのポイントさえ押さえれば、明かりで雰囲気を演出してもよし、ペンダントライトを使ってアクセントにしてもよし◎ぜひ素敵な空間にしてみてくださいね。

sayaco

インテリアコーディネーター×美容師という異色の資格をもつ新米ママ。
ある時は空間コーディネート、ある時は花嫁のメイクなど、得意なことを活かして働いていました♡
子育ても得意になりたい今日この頃。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]