撮影 モリサキエイキ

Comic

ロバート山本が語る間宮祥太朗のすごさ「芸人でも圧倒されるコメディ顔」

 

ロバートの山本さんが芸人として、パパとしての気づきを綴る本連載。
第67回は、現在テレビ東京で放送中のドラマ「僕はどこから」(毎週水曜 深夜0時12分〜)に出演した際のエピソード。間宮祥太朗さんの魅力から劇中で演じた役どころについて語っています。

■Hey! Say! JUMPの中島裕翔くん、間宮祥太朗くんと共演中

テレビ東京の連続ドラマ『僕はどこから』(毎週水曜 深夜0時12分〜)に出演させていただいてます。Hey! Say! JUMPの中島裕翔くんが小説家志望の青年役。間宮祥太朗くんがその同級生で、20代なのにヤクザの組長、という役柄です。

現場は役者さんたちの個性のぶつかり合いで楽しいですね。中島くんなんてカメラが回ってないときでもずっと役に入りきっていて、熱い人だなぁって感心させられっぱなしです。

間宮くんとは以前、映画『お前はまだグンマを知らない』でも共演させてもらいましたけど、間宮くんはすごい役者ですよ。そもそも声がいいのに、芸人でも圧倒されるコメディ顔とかコメディ声もできて、存在感がありまくりですから。

ちなみに、僕の役はというと、編集マン。「そんな奴いねえーよ」と言いたくなるようなちょっと偏った役かもしれません。でも、僕からするとすごく新鮮で嬉しい配役なんです。

というのも、僕、ロバートでよくコントをやってますけども、その場合は「標準な人」をやることが多いんです。まあ、秋山と馬場との対比ですよね。だから、こういう癖のある役ができるのは楽しいですね。


撮影 モリサキエイキ

■コントとドラマで違う、演技での評価軸

これまでずっとロバートでコントをやってきて、“なにかの人を演じる”ことは結構経験してきたつもりです。でも、やっぱりコントとドラマとでは全然違いますね。

コントの場合、どんないい演技をしても、ウケなかったらもうすべてダメ。そして、目の前のお客さんの反応がすぐにわかる。お客さんに受ければナンボだし、逆にその反応によって演技プランが持っていかれることもあります。

でも、ドラマも映画も、監督が「カット!」と言うまでは止まらないから、自分の演技がいいのか悪いのか、その評価がわからない。「これでいいのか?」と半信半疑の状態で演じ続けることもあります。

だから、カメラが止まったあとになって、監督から「すっごくよかったよ」と言われると、メチャクチャホッとするし、嬉しいんです。俳優さんたちはここが気持ちいいポイントなんだなぁ、というのがちょっとわかりましたね。

ちなみに、原作は「ヤングマガジン」で連載しているマンガです。配役が決まって脚本を渡されたとき、僕はあえて原作は見ずに、その脚本からだけでイメージを固めてみました。その方が監督の求めているものになるのかなと思って。

この前、通っている美容室にたまたまその原作漫画のコミックスがあったので読んでみたら、イメージしてたのと全然違いましたよ。監督、本当にあの役あれで大丈夫でした???

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]