Comic

【ママ友ができません!】#2 妊娠を機に…独身時代の友達と疎遠に

妊娠する前に、仲の良かった友人がいたのですが、ライフステージの変化と共に疎遠になってしまいました......。今回はそんなお話です。

まるで恋人のように仲が良かった親友が...。


私は、パートナーの借金問題で(妊娠した後で発覚)シングルマザーとして子どもを産むことになったのですが、パートナーができる前、とても仲の良い友人がいました。

家が近所なので、ほぼ毎日顔を会わせ、家に泊まりあったり、一緒にスーパー銭湯等に行ったり。もう恋人みたいな感覚で。
お酒が好きで、オタクな私たち。お互い高円寺に住んでいたので、中野、高円寺、阿佐ヶ谷界隈は飲み屋もサブカルな店も沢山あり、遊ぶ場所には不自由せず、とても楽しい独身ライフを過ごしていました。

しかし、本音ではお互い35歳以上で彼氏もいなくて、同年代の友人たちが次々と結婚していって子どもを産んでいる。
もうそろそろ子どもを産んでおかないと...でも彼氏ってどうしたらできるの?結婚したい!と、焦りと寂しい日々を過ごす私たち。

正月やクリスマスはお互い独り者同士なので、一緒に過ごして寂しさを紛らわしていました。
しかし、私にパートナーができ、そんな蜜月も終わりを迎えてしまいます。
すぐに妊娠し、今まで通り夜遅くまでお酒を飲むことができなくなり、彼女と会う頻度は少なくなってしまいました。

女の嫉妬...?

妊娠中に会う時もありましたが、重い荷物を持たせて身重の私にわざと階段上らせてるの?と思う道を通ってみたり、「あれっ?」と思うことが多々ありました。
また、私が出産した時「お祝い持って病院に行くね」と時間を調整したにも関わらず彼女はドタキャン。
その後も結局、ドタキャンが続き、疎遠になりました。

よく、彼女は「独身でもいいから子どもが欲しい。精子バンクでの精子でもいいから子ども作ってもいいくらい。」と冗談まじりで言っていました。
私も当時は同じような気持ちでいたのを覚えています。

なので、逆の立場になったら....彼女の気持ちもわからなくはないので、ただただ、彼女の幸せを遠くから願うばかりです。

ライフステージが変わると、今までの友人と疎遠になった。

彼女は極端な例ですが、他の友人も子どもができたことで夜に飲みにいけなくなりましたし、会話もあわなくなってきたので徐々に疎遠に。

今でも度々会う友人はいますが、こちらも子どもと一緒だったりして
「申し訳ないなあ」と思ったり、きっとあちらも気を使って誘わなかったりで、会う頻度はかなり減りました。

そんなこんなで、独身の頃と比べて環境が変わってしまい、今までの友人と疎遠になったので、ママ友が欲しい想いは膨らむばかり。

今回の一言

友達の幸せを願えない友達は、友達ではない。

ままだ あやの

アラフォーシングルワーママです。
育児や仕事で吸収されたドス黒い感情を変な絵を書いたりして浄化させています。

ブログ→https://mama-press.net
Instagram→@mamada_ayano

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!