出典:mamagirlLABO@hinechi_pageboyさん

Fashion

モード系ファッションをするのにおすすめのブランドは?季節別コーデ5選

雑誌やSNSでおしゃれな人の着こなしを見ているとよく出てくる「モード系」というワード。ぼんやりイメージはつかめるものの、どんなファッションかと聞かれるとはっきりとは説明できない…という人もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、おしゃれ上級者さんたちがよく取り入れているモード系ファッションについて紹介します。

まずはモード系ファッションの基本情報からチェックしていきましょう。

■モード系ファッションを詳しく解説

出典:@_uio___.ia_さん

ここではモード系ファッションの基本についてを解説。

・モード系とは?

モードとは英語で「MODE」と綴り、「(芸術・服装などの)流行」を意味する言葉。「モードファッション」は、そのままの意味だと「流行のファッション」を示すことになりますが、日本のファッションジャンルとしての「モード系」は少し意味合いが異なります。
実は、モード系は少し前に一世を風靡した『COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)』や『Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)』のテイストを含んだファッションを源流として生まれた言葉です。
現在ではそのイメージが単なるニュアンスとして広まり、明確な定義や基準は設けられていません。一般的には「ストリート系」「原宿系」などのカテゴライズと同じような感覚で使われ、「革新的要素を含む洗練されたファッション」のことをレディース、メンズ問わず「モード系」と呼んでいるのが現状と言えるでしょう。

・どんなファッションがモード系なの?

出典:mamagirlLABO@hinechi_pageboyさん

上記のように、正確な定義のないモード系ファッションですが、ショップ店員やファッション上級者さんたちの間では共通したイメージのポイントがいくつかあります。
モノトーンをベースにした着こなし。無機質で洗練されたアイテム使い。トレンドに媚びない個性派であること。デザイン性が突出しエッジの利いたコーデ。などなど、万人受けとは少し違う立ち位置をとったこだわり派さんというのが、モード系ファッションの共通イメージと言えるでしょう。
そんな一見とっつきづらいと思われがちなモード系女子ですが、最近では「意志が強そうでかっこいい」とモテるファッションとしても支持されつつあるのだとか。

・パリコレはモード系の最先端


日本におけるモード系のイメージを越えて、「モード」の名の通り最先端のテイストを取り入れたいと思うなら各ファッションブランドが行う新作発表会のコレクションをチェックするべきでしょう。
中でも有名な「パリコレ」は、世界のファッションの流れを生み出すランウェイのひとつです。オンラインや雑誌でもチェックできるので、ぜひ見てみてくださいね。

■モード系ファッションに着こなすポイントとは?

ここではモード系ファッションの着こなしのポイントを解説!

・個性的な柄を選ぶ


コーデにインパクトを与える柄を選ぶと、簡単にモードテイストに近づきますよ。目を引くビビッドカラーや、鮮やかな幾何学模様などの大柄を大胆に取り入れることで、定番ファッションとは一線を画す着こなしになるでしょう。

・ワントーンコーデで決める

出典:@yui.yanagihashiさん

モード系と言えばモノトーンというイメージが強いですが、最近ではキレイ色のワントーンアイテムをスタイリッシュに着こなすモードなファッションも注目されています。素材やシルエットが単調にならないよう、バランスを取りつつ構成してみるのがポイント。
アクセサリーなどの小物でスパイスをプラスするのもおすすめですよ。

・ハイブランドのボトムスを取り入れる

出典:mamagirlLABO@akiii031さん

モード系コーデをワンランク格上げしたいなら、一点だけでもハイブランドを取り入れてみるのもおすすめです。「洗練」がキーワードのモード系ファッションにおいては、安っぽく見えないアイテム選びが重要。お高めのものを投入することで、ぐっとこだわり派のムードが漂うはず。
中でもハイブランドのボトムスは、インパクトのあるデザインのものが多いため、取り入れるだけで一気にモード系ファッションに変わりますよ。

・個性的な靴やカバン、小物を取り入れる

出典:@_uio___.ia_さん

モード系ファッションと言えば、やはり個性派のアイテムが重要に。トップスやボトムはシンプルデザインでも、バッグやシューズ、アクセサリーなどどこかに主張のあるデザインを入れるとモード系らしい着こなしが叶います。
足袋シューズやアシンメトリーデザインのアクセなどはビギナーでもコーデしやすいでしょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]