出典:@ efu_________homeさん

Lifestyle

整理収納のコツ4つ!部屋別・マネしたくなる収納実例も

「家が片づかない」と悩んでいませんか?身の回りの持ち物は、あると便利だからと限りなく増えていきますよね。しかし、家の収納やスペースには限りがあります。収納能力より物が多いと、はみ出して生活スペースに侵入し、かえって不便になることも。整理整頓して収納スペースをもっと機能的に活用できれば、すっきりと使いやすくなり収納量も増やせるかも。そこで今回は、整理・収納や家を片づける方法を探ります!

お部屋の中を見渡してみましょう。家が片づかない原因がわかり、根本的な対処法が見つかりますよ。そこからすっきりと片づけるための、今日からできる整理・収納のコツやマネしたくなるアイデア実例をご紹介しましょう!

 

■家が片づかない原因は何?元を正すことが近道に!

出典:photoAC

いつも気になり、どうにかしたいと思っているのに、家がなかなか片づかない場合には、もしかしたら次のような原因があるかもしれません。
・物を整理する段階ができていない。収納力よりも物が多い。
・物の定位置が決まっていない。必要なときになかなか探し出せず、同じものを余分にそろえてしまう。
・収納スペースがうまく使えていない。収納物の出し入れがしにくい。
・そもそも収納が少ない。
片づけたい所をじっくり見渡してみると、あらためて問題点に気づけ、整理整頓をはじめ使いやすい収納に変えるための目標を立てやすくなりますよ。

 

■整理整頓・収納のコツをおさえる!キレイを継続するために

収納を使いやすくフルに活用できれば、日々の暮らしがより快適に楽しめます。片づけたい箇所の問題点が見えてきたら、いよいよ整理整頓をしながら、使いやすい収納にするための作業に入りましょう。整理整頓をして使いやすい収納を作るための4つのコツをご紹介します。

【整理整頓・収納のコツ1】必要な物を絞り込む

出典:photoAC

収納を使いやすくするために、収納自体の機能UPに注意がいきがちですが、そこが失敗の原因かも。ひとまず落ち着いて、今ある持ち物を本当に必要かどうか選別し、厳選するところから始めます。 この持ち物の整理の段階が、実は最も大切な力の入れどころで、使いやすい収納を作るコツです。断捨離ブームですが、案外この段階が難しいことも。一日10~30分から少しずつ、引き出し単位や小さな収納単位で、作業を進めていきましょう。

【整理整頓・収納のコツ2】すべてのものが見えるように収納する

出典:photoAC

整理されて残った持ち物をしっかり活用できるように、出し入れのしやすさに重点をおいた収納の仕方をしていきます。物をよけなくても一目で見つけられるように並べ、引き出しの中などは全て一部でも見えるように収納するのがコツです。 衣類やファブリックなどは、畳み方も重要!ケースや引き出しに合わせて大きさや形を工夫して畳んだら、上・横から見えるように縦に収納しましょう。

【整理整頓・収納のコツ3】収納場所や収納法を見直す

出典:mamagirlLABO @ smile_wrさん

収納場所が使いやすく適所にあると便利ですが、希望通りにいかないことも。そんな場合は、100均などの便利グッズを利用して、隙間や空間を生かした収納法に。また、見せる収納と隠す収納を使い分けるのもおすすめです。
収納が棚なら、写真のように収納BOXや袋、書類ケースなどを利用して引き出し式にするなど収納法を変えると、収納できる量が増え、取り出しやすくできますよ。

【整理整頓・収納のコツ4】管理できる量を決める
整理整頓された収納で気持ち良く暮らすためには、持ち物を自分で管理できることが大切です。そのためには、物の定位置を決めるのがポイント!使う頻度の多い場所に置けるのが理想です。さらに、各収納場所やケースに入るだけにする、など量の決まりを作るのがコツですよ。

 

■整理・収納のアイデア実例を紹介!<リビング>

リビングは、家族が集まる生活の場です。日常生活に必要な道具は数えきれないほどありますよね。それらを全部そろえ、必要な場面ですぐに取り出せると便利です。そんなリビング収納があれば、ごちゃつきがちなリビングが片づき、スッキリと暮らせます。

出典:mamagirlLABO @ maachi.k.k_homeさん

写真は、@maachi.k.k_homeさんの機能的に整理されたリビング収納です。『Seria(セリア)』『IKEA(イケア)』『無印良品』などの収納ケースを活用して、すっきりと組み合わされていますよ。

出典:mamagirlLABO @ maachi.k.k_homeさん

収納ケースの中も、写真のように100均の収納グッズを利用して仕切り、道具ごとに定位置を決めて使いやすく工夫されています。

出典:mamagirlLABO @ maachi.k.k_homeさん

仕切りには、こちらのセリアで販売されている「仕切り板」を使っているそうですよ。衣類のケースなどの小物収納にもおすすめのアイテムです。


 

■整理・収納のアイデア実例を紹介!<キッチン>

キッチン周りは、調理道具、食器、調味料、ストック食材や野菜など、必要な物が溢れてしまいがちな場所です。収納スペースを有効に使えるように工夫し、すっきりと片づけるためのアイデア実例をご紹介します。

出典:収納アイデア6か条!キッチン寝室リビング洗面所‥部屋ごとの各ルールとは @ ponpom_lifeさん

キッチンでは、調理台下のスペースを有効活用することが大切なポイント!コンロ下・シンク下などのキッチン収納を見直してみましょう。フライパンや鍋は、フライパン立てや、写真のように書類ケースを利用して縦に並べて収納すると、片手でさっと取り出せて便利です。 コンロ下に収納すると、調理する際にすぐ取れ、コンロ回りもすっきりします。よく使うサラダ油などの高さのある調味料もここにあると便利ですね。

出典:mamagirlLABO @ yuki_s_homeさん

キッチンの収納では、ごちゃつくパントリーをいかにすっきりと見せるか、が大きな課題です。@yuki_s_homeさんは、『ニトリ』のファイルケース使って組み合わせ、ケースにラベリングすることで、どこに何が入っているかわかるように“ざっくり収納”にされています。 統一感が心地良い上に、下方にスペースを取ってゴミ箱が入れられ、すっきりと省スペースです。

出典:@ efu_________homeさん

写真は、@efu_________homeさんの吊り戸棚式カップボードに、100均の白いケースがシンデレラフィットしているところです。

出典:@ efu_________homeさん

こちらのように、使いやすく小分けされ、ケースごとにラベリングして収納物がわかるようにしているので、必要なときにさっと取り出せます。カップボードの収納が充実していて、キッチンがすっきり使えそうですね。

 

■整理・収納のアイデア実例を紹介!<寝室>

寝室は、落ち着いた雰囲気で安眠できるような部屋にしたいですよね。また、朝は、寝室で身支度する場合もあります。そこで、寝室では、押し入れやクローゼット内を奥までフル活用できるように、使いやすくしておきたいですね。

出典:mamagirlLABO @ maachi.k.k_homeさん

こちらの写真では、大きな押し入れ収納を奥行きも活用して使いやすくされています。あらかじめ奥行きに合わせた大きさの収納ケースにしたり、収納物にキャスターを取りつけて引き出せるようにしたりとアイデア満載です。 オフシーズンなどで使わない布団類は、写真中央のように圧縮してから立てて収納し、すぐに選んで取り出せるようにするのがおすすめですよ。 その他、ベッド下やベッド横にちょっとした収納があると、スマホや小物が置けて便利です。サイドチェストでなくても、カラーBOXなどの小さな収納を置いて、フックなどのグッズを取りつけ、便利に変えていくのもおすすめですよ。

 

■整理・収納のアイデア実を紹介!<子ども部屋>

子ども部屋で片づかないお悩みのトップなのが、おもちゃ類です。おもちゃの収納がうまくできれば、部屋全体がすっきり見えます。

出典:mamagirlLABO @ __hochi__mさん

おもちゃはあえてざっくりとした収納にして、お子さまが自分でも簡単に片づけられるようにすることがポイント。写真左側にあるイケアの人気収納「トロファスト」は、子ども部屋の“ざっくり収納”にぴったり!ケースの大きさが自由に組み合わせられるので、おもちゃの大きさに合わせて場所を決めてあげましょう。

出典:mamagirlLABO @ mee.238さん

こちらのように、棚に箱型やバケツ型の収納BOXを並べる方法もおすすめです。BOXには色と形に統一感を持たせるのが、すっきり見えるポイント!ラベルシールでBOXに番号をつけることで、お子さまでもおもちゃの指定場所がすぐに覚えられ、片づけやすくなっています。

 

■整理収納アドバイザーに相談する方法もおすすめ!

出典:photoAC

整理・収納のプロがいるのをご存じですか?“整理収納アドバイザー”という資格を持つ収納のプロが、TV番組や雑誌などでも活躍されています。 整理収納アドバイザーは「特定非営利活動法人ハウスキーピング協会」の認定資格で、認定試験は1~3級。1級以上の取得で、整理収納アドバイザーと名乗ることができます。

出典:photoAC

思い切ってガラッと整理・収納をして、気持ち良く暮らしたい!と思っても、自分の力では限界を感じて途中で挫折してしまったり、すぐにリバウンドしてしまったりすることもありますよね。 かといって、自分で資格を取るのも難しそう…という方には、プロの力を借りる方法もおすすめです。整理収納アドバイザーの中には、フリーランスでセミナーを開催する他、個別に収納のアドバイスやカウンセリング、さらに片づけ作業もいっしょに行うといったサービスを仕事にされている方も。 ブログなどで、整理・収納のコツをはじめ役立つ情報を発信している人気アドバイザーさんも多く、直接サービスに申し込める場合もありますよ。

 

■収納を快適にすると暮らし全体が快適に!整理から始めよう

快適な暮らしのためには、快適な収納を活用することが大切です。そのために、少しずつでも整理することから始めましょう。アイデア溢れる快適収納の実例もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。あなたもさっそく1箇所からでも始めてみませんか?

ぺる

反抗期の子どもとのバトルな日々を楽しむママです。趣味は、コーヒーと映画と書道。それから、雑貨や文具、インテリアを見て歩くのが好きで、街ぶらでお店を見つけると吸い込まれてしまいます。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!