出典:@ efu_________homeさん

Lifestyle

整理収納のコツ4つ!部屋別・マネしたくなる収納実例も

「家が片づかない」と悩んでいませんか?身の回りの持ち物は、あると便利だからと限りなく増えていきますよね。しかし、家の収納やスペースには限りがあります。収納能力より物が多いと、はみ出して生活スペースに侵入し、かえって不便になることも。整理整頓して収納スペースをもっと機能的に活用できれば、すっきりと使いやすくなり収納量も増やせるかも。そこで今回は、整理・収納や家を片づける方法を探ります!

お部屋の中を見渡してみましょう。家が片づかない原因がわかり、根本的な対処法が見つかりますよ。そこからすっきりと片づけるための、今日からできる整理・収納のコツやマネしたくなるアイデア実例をご紹介しましょう!

 

■家が片づかない原因は何?元を正すことが近道に!

出典:photoAC

いつも気になり、どうにかしたいと思っているのに、家がなかなか片づかない場合には、もしかしたら次のような原因があるかもしれません。
・物を整理する段階ができていない。収納力よりも物が多い。
・物の定位置が決まっていない。必要なときになかなか探し出せず、同じものを余分にそろえてしまう。
・収納スペースがうまく使えていない。収納物の出し入れがしにくい。
・そもそも収納が少ない。
片づけたい所をじっくり見渡してみると、あらためて問題点に気づけ、整理整頓をはじめ使いやすい収納に変えるための目標を立てやすくなりますよ。

 

■整理整頓・収納のコツをおさえる!キレイを継続するために

収納を使いやすくフルに活用できれば、日々の暮らしがより快適に楽しめます。片づけたい箇所の問題点が見えてきたら、いよいよ整理整頓をしながら、使いやすい収納にするための作業に入りましょう。整理整頓をして使いやすい収納を作るための4つのコツをご紹介します。

【整理整頓・収納のコツ1】必要な物を絞り込む

出典:photoAC

収納を使いやすくするために、収納自体の機能UPに注意がいきがちですが、そこが失敗の原因かも。ひとまず落ち着いて、今ある持ち物を本当に必要かどうか選別し、厳選するところから始めます。 この持ち物の整理の段階が、実は最も大切な力の入れどころで、使いやすい収納を作るコツです。断捨離ブームですが、案外この段階が難しいことも。一日10~30分から少しずつ、引き出し単位や小さな収納単位で、作業を進めていきましょう。

【整理整頓・収納のコツ2】すべてのものが見えるように収納する

出典:photoAC

整理されて残った持ち物をしっかり活用できるように、出し入れのしやすさに重点をおいた収納の仕方をしていきます。物をよけなくても一目で見つけられるように並べ、引き出しの中などは全て一部でも見えるように収納するのがコツです。 衣類やファブリックなどは、畳み方も重要!ケースや引き出しに合わせて大きさや形を工夫して畳んだら、上・横から見えるように縦に収納しましょう。

【整理整頓・収納のコツ3】収納場所や収納法を見直す

出典:mamagirlLABO @ smile_wrさん

収納場所が使いやすく適所にあると便利ですが、希望通りにいかないことも。そんな場合は、100均などの便利グッズを利用して、隙間や空間を生かした収納法に。また、見せる収納と隠す収納を使い分けるのもおすすめです。
収納が棚なら、写真のように収納BOXや袋、書類ケースなどを利用して引き出し式にするなど収納法を変えると、収納できる量が増え、取り出しやすくできますよ。

【整理整頓・収納のコツ4】管理できる量を決める
整理整頓された収納で気持ち良く暮らすためには、持ち物を自分で管理できることが大切です。そのためには、物の定位置を決めるのがポイント!使う頻度の多い場所に置けるのが理想です。さらに、各収納場所やケースに入るだけにする、など量の決まりを作るのがコツですよ。

 

Recommend

Xmasプレゼントにいいね!冬の外遊びが楽しくなる【GLOBBER】アイテムを今すぐチェック♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]