出典:PhotoAC

Fashion

タイツとストッキングの違いって?それぞれの定義と使い分けなど徹底分析!

女性なら誰もが一度は着用する機会のあるタイツやストッキング。ファッションに取り入れたり、防寒対策に着用したり、フォーマルな服装の必須アイテムだったり・・・。女性にとってはマストなアイテムですよね。
そんなタイツやストッキングの違いをご存知ですか?実は呼び方が違うだけではなく、きちんとした定義があるんです。今回はそれぞれの定義や、シーンに合った使い分けについて詳しくご紹介していきます。

それぞれの特徴を知って用途によって使い分けをしましょう!
 

■ストッキングは薄くてベージュのもの?ストッキングの定義とは

出典:PhotoAC

ストッキングと言えば、スーツなどのフォーマルな服装のときに履くベージュで薄い生地のもの、という印象がありますよね。その認識は間違いではありませんが、きちんとした定義があるんです。

ストッキングとは、一般的に厚さが25デニール以下のものを指します。ですので、色も関係なく、何色であっても25デニール以下のものはストッキングということになります。
腰から爪先までを覆うパンティストッキングや、さまざまな丈の靴下タイプのセパレートストッキングも販売されているので服装に合わせて選ぶことも。

また、ストッキングは防寒目的というよりは脚をきれいに見せるファンデーションのような役割を果たしているんです。素足の出る服装のときには女性の強い味方ですね!

 

■冬のおしゃれにも欠かせないタイツの定義とは

出典:PhotoAC

冬のおしゃれにも欠かせない防寒目的としても使用されるタイツ 。
上でご紹介したストッキングが25デニール以下のものということは、タイツは25デニール以上のものということになります。ストッキングよりは厚手のものということですね。
透け感のあるものから肌の透けない厚手のものまでデニール数も幅が広く、ファッションとしても、防寒目的としても万能なアイテムです。


 

■デニールって?デニール数の違いで変わる見え方も解説!

出典:PhotoAC

デニール数でタイツとストッキングを区別することをご紹介しましたが、このデニールについて詳しく解説していきます。

タイツやストッキングを購入する際に、デニールの記載を目にしますよね。
デニールとは糸の太さを指し、デニール数が高くなるほど糸が太く生地が厚いものになっているんです。デニール数が大きいほど防寒性もあり、丈夫なものになっています。デニール数の違いで厚さが変わるということは見え方も大きく変わってきます。

 

出典:PhotoAC

ストッキングと呼ばれる25デニール以下のものであれば、肌の透け感が強く、黒色のものでもほとんど素肌が透けて見えるほどです。しかし、素肌をカバーしつつ素肌をきれいに見せることができます。
一般的に、30デニール〜40デニールは一番おしゃれに見えるデニール数と言われています。透ける部分、透けない部分のメリハリがあり、脚が細くきれいに見える効果も期待できます。
カジュアル過ぎず、女性らしさもあるので男ウケもよいのではないでしょうか。

 

出典:PhotoAC

60デニールのものは少し厚手でほどよい透け感がありますが、それ以上のデニール数になるとほとんど透けません。
素肌を見せたくないときや、防寒目的、ちょっとカジュアルなコーデに合わせるアイテムとしての使用におすすめです。
また、防寒を優先するのであれば、デニール数が160以上のものは裏起毛のものが多く販売されているのでこちらも要チェックです!


 

■レギンスって?タイツやストッキングと似ているけど別物

出典:PhotoAC

レギンスもタイツやストッキングと同じく、女性のファッションにはかかせないアイテムです。では、タイツやストッキングとは何が違うのでしょうか。
素肌をカバーしたり、防寒のために履いたりするのはタイツやストッキングと同じですが、レギンスは腰から足首までの丈のものを指します。
また、レギンスはスポーツウェアとしても販売されており、タイツやストッキングと違い、それ一枚で履くこともあります。



 

■タイツとストッキングの使い分けをシーン別に解説!

出典:PhotoAC

色やデニール数による使い分けに悩みがちなタイツとストッキング。シーン別にマナー違反にならないような使い分けを解説します。
 

・結婚式に黒のストッキングやタイツはNG?

出典:PhotoAC

お祝いの席に黒のタイツやストッキングは履いてもいいの?と悩む方も多いのではないでしょうか。
出席する側もおしゃれをして行きますから、ドレスに合わせて黒のタイツやストッキングを履いていきたい場合もありますよね。

一般的に、黒は葬式を連想させるので避けた方が無難と言われます。しかし、黒でも肌の透け感の強い40デニール以下のものや、華美過ぎないラメ入りや柄入りのものを選べば華やかで結婚式でも場違いではないでしょう。


 

・お葬式には黒のストッキングがベスト

出典:PhotoAC

葬式参列時、女性は喪服に黒のストッキングというのはみなさんイメージできると思いますが、タイツはNGなの?という疑問が浮かんでくると思います。

マナーとして基本的にタイツはNGなんです。
肌の透けない厚手のタイツはカジュアルな印象を与えるので、25デニール以下の黒のストッキングを着用するようにしましょう。

しかし、冬の葬式では足元がかなり冷えますよね。
寒さの厳しい地域や、屋外にいる時間が長くなるなど、どうしてもストッキングでは寒い!という場合は、透け感のある30〜40デニール程度の黒のタイツであればマナー違反には当たらないでしょう。
基本的には黒のストッキングがベストですので、可能な限り黒のストッキングを着用するようにしてくださいね。

 

・面接にはスーツにベージュのストッキングがベスト

出典:PhotoAC

スーツを着用する面接時にストッキングは必須アイテム。ビジネスシーンのマナーとして、黒のストッキングは基本的にNG。ベージュのストッキングを着用しましょう。
また、女性の場合はパンツスーツという選択肢もありますが、パンツスーツのときもストッキングは必須です。肌の見える部分は少ないですが、ベージュのストッキングを着用するようにしましょう。パンツスーツのときには靴下タイプのセパレートストッキングでもOK!


 

・入学式や卒業式などの式典にはベージュのストッキングが無難

出典:PhotoAC

結婚式同様、入学式や卒業式などのお祝いの場では可能な限りベージュのストッキングを着用する方が無難です。どうしても黒色のものがいいという場合は、40デニール以下程度の透け感のあるものを着用し、カジュアルな装いにならないよう注意が必要です。

 

■デニール数や色に注意し、シーン別に使い分けよう!

女性のファッションに欠かせないアイテムだからこそ違いを理解し、マナーに気をつけてシーン別に使い分けをしていきましょう。
デニール数でもかなり見え方が変わってくるので、ファッションに合わせておしゃれを楽しんでいきたいですね。

 

mi-i

パン作り、パンを食べること、パン屋巡りが大好きです♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!