出典:photoAC 

Fashion

タイツとストッキングの違いは何?定義やシーン別の選び方、洗濯方法まで

女性なら誰もが1度は着用する機会のあるタイツやストッキング。ファッションに取り入れたり、防寒対策に着用したり、フォーマルな服装の必須アイテムだったり…。ファッションにマストなアイテムですよね。そんなタイツやストッキングの違いをご存知ですか?実は呼び方が違うだけではなく、きちんとした定義があるんです。今回はそれぞれの定義や、シーンに合った使い分け、洗濯方法まで詳しく紹介していきます。

それぞれの特徴を知って用途によって使い分けましょう!

■ストッキングは薄くてベージュのもの?ストッキングの定義とは

出典:photoAC 

ストッキングといえば、スーツなどのフォーマルな服装のときに履くベージュで薄い生地のもの、という印象がありますよね。その認識は間違いではありませんが、きちんとした定義があるんです。
ストッキングとは、一般的にデニールで表される、厚さが25デニール以下のものを指します。色も関係なく、どんな色であっても25デニール以下のものはストッキングということに。腰から爪先までを覆うパンティストッキングや、さまざまな丈の靴下タイプのセパレートストッキングも販売されているので服装に合わせて選ぶこともできます。
また、ストッキングは防寒目的というよりは脚をきれいに見せるファンデーションのような役割を果たしているんです。素足の出る服装のときには女性の強い味方ですね!

■冬のおしゃれにも欠かせないタイツの定義とは

出典:photoAC 

冬のおしゃれにも欠かせない防寒目的としても使用されるタイツ 。上で紹介したストッキングが25デニール以下のものということは、タイツは25デニールより厚いものということになります。
透け感のあるものから肌の透けない厚手のものまでデニール数も幅が広く、ファッションとしても、防寒目的としても万能なアイテムです。

Recommend

五感を刺激!お風呂のおもちゃが好奇心を育てる【Sassy】の新作が登場!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]