出典:@_____sarangさん

Beauty

セラミド美容液のおすすめはどれ?効果的な使い方やおすすめ3選も

最近、セラミド美容液ってワードをよく耳にしませんか?若いころはハリのある肌でしたが、年を重ねるにつれてハリや潤いが失われていきお肌はカサカサに!そんなときに使いたいのがセラミド美容液。セラミドとは、肌の細胞に潤いをため込む働きをしてくれるとっても大切な成分なんです。 また、バリア機能も高めてくれるので、お肌の乾燥や肌荒れだけでなくニキビの改善にも役立ってくれるんですよ!

そこで今回は、セラミド美容液の効果的な使い方や選び方、おすすめの美容液など大切なポイントをピックアップしてご紹介します☆

■セラミド美容液の効果的な使い方は?

まずはセラミド美容液を使うタイミングや基本的な使い方、さらに効果的な使い方などをご紹介していきます。

・化粧水の後につける

出典:photoAC

セラミド美容液は、化粧水の浸透をUPさせるブースタータイプでない限り必ず化粧水のあとに使います。なぜなら、セラミド美容液は化粧水で補った水分を肌につなぎとめてくれるので、蒸散を防ぐことができるのです。
その後はいつものスキンケア通りに、乳液や保湿クリームで蓋をしてあげましょう。

・乾燥が気になる部分には重ねづけ

出典:photoAC

目尻やほうれい線など、乾燥しやすい部分には重ねてつけることでセラミドの効果がさらに期待できます。集中保湿して皮膚の奥までしっかり浸透させてあげましょう。

・温かい手で肌と美容液をプレスするとGOOD!

出典:photoAC

じんわりと肌の内側へセラミド成分を浸透させるイメージで、温かい手でハンドプレスしましょう。冷たい手は毛穴を引き締めてしまいますので、肌を温めて毛穴を開きながら美容液を浸透させていきます。

■セラミド美容液はここをチェック!

出典:photoAC

実はひとことでセラミドと言ってもたくさん種類があるので、選ぶときはどんなセラミドが配合されているかを必ずチェックした方が良いのです!その他にも選び方としてのポイントをまとめてみました。

・ヒト型セラミドは保湿力が高くて良い!

出典:筆者撮影

できれば質の良いセラミド美容液を使って効果を高めたいですよね。そんなときは成分表をチェックしてみましょう。
保湿力の高さや肌なじみの良さなら、「ヒト型セラミド」が断然おすすめ。人間の肌にあるセラミドと構造が似ているため、不足しているものをちゃんと補えるんですね。そのヒト型セラミドにも種類があるので以下を参考にしてみてください。

#セラミドEOP(セラミド1)※肌がデリケートなときにおすすめ
#セラミドNSまたはNG(セラミド2)※最も保湿力が高い!
#セラミドNP(セラミド3)※年齢肌におすすめ
#セラミドEOH(セラミド4)※乾燥肌におすすめ
#セラミドAS(セラミド5)※乾燥肌におすすめ
#セラミドAP(セラミド6または6Ⅱ)※年齢肌におすすめ

これらの表示が成分表にあったら、ヒト型セラミドが使われていることになります。

・好みのテクスチャーを把握しておく

出典:photoAC

テクスチャーもスキンケア選びに重要なポイントですよね。化粧水のようにサラサラしてさっぱりと仕上げたい、こっくりとしたクリームでしっとり仕上げたい、などといった好みもありますし季節によっても気分が変わります。
また、グリセリンは保湿剤としてだけでなく潤滑剤としても使用されているため、グリセリンが多く含まれていると肌の上でツルツルと滑る傾向があります。最近はグリセリンフリーのスキンケアがニキビ改善に良いとして注目されているので、ニキビに悩む方は、こちらもあわせて成分表でチェックしてみると良いですね☆
 

・スキンケアには香りも重要☆

出典:photoAC

至福のスキンケアタイムにするためには、やっぱり香りが大切ですよね。好みの香りで脳をリラックスさせてあげることも、お肌にとって大切なのです♡ただし、安すぎるものを購入してしまうと“ゴムのようなにおいがした!”といったこともあるようです。
そうなるとせっかくのスキンケアタイムの台無しになりますし、お肌にも悪影響を感じてしまいますので気をつけましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE