Lifestyle

妊婦さん必見の葉酸はパウダーで摂取★料理&お菓子に混ぜておいしく補おう

妊娠中の女性に必要量の摂取が大切とされている葉酸ですが、食べ物だけで摂取量を満たしているか心配に思う人も多いのではないでしょうか。今回は、天然由来の葉酸を多く含むクロレラパウダーを使って、おいしく葉酸を摂れるアレンジレシピを紹介していきます。

■毎日の葉酸レシピに使える!サン・クロレラAパウダー for cookingとは?

サン・クロレラAパウダー for Cooking 1箱(3g30袋入り)5,600円(税抜)

葉酸は、妊娠から出産、授乳期までの女性は特に摂取を心がけたい栄養素。赤血球の形成や、赤ちゃんの正常発育に必要な水溶性ビタミンのひとつです。
葉酸を摂る方法は、食べ物から摂取する方法とサプリメントで補う方法のふたつ。サプリ由来の人工的に作られた葉酸は、利用効率が80%と食事由来のものよりも高く、効率的に葉酸が摂取できますが、過剰摂取に注意が必要です。いっぽう、食事由来の天然の葉酸は、利用効率は50%と下がりますが、摂取量に上限がなく過剰摂取した場合も必要量だけ変換されるため過剰摂取の心配はありません。

今回紹介するのは、食べ物由来・天然の葉酸を含む「サン・クロレラAパウダー for Cooking」。天然由来の葉酸を多く含むクロレラは、栄養素の宝庫と呼ばれ、葉酸をはじめとするビタミンB群やビタミンD、ビタミンE、カルシウムや鉄などのミネラル類など59種類以上の栄養素を含みます。赤ちゃんの正常な成長だけでなく、ママの健康にも役立つ栄養素がつまっているんです!
さらに、粉末状なのでアレンジ料理を楽しめる点も、クロレラパウダーの魅力。いつもの料理に調味料感覚でプラスしたり、飲み物に混ぜたりと、使い方は多岐に渡ります。
さっそく、クロレラパウダーを使ったアレンジレシピを紹介していきましょう。

■【お食事レシピ編】さまざまな料理に入れておいしく葉酸を摂ろう!

粉末状なので、煮込んだり混ぜ込んだりとアレンジしやすいクロレラパウダー。まずは、おかず系・ごはん系のアレンジ料理をみていきましょう。
 

・簡単!30分で作れちゃうアボカドと鮭のほくほくグラタン♡

<材料>(4人前)
・アボカド 2個
・生鮭 1切れ(塩鮭でも可)
・玉ネギ 1/2玉
・サン・クロレラAパウダー 小さじ1/2
・小麦粉 大さじ1
・顆粒コンソメ 小さじ1
・牛乳 120ml
・塩こしょう 少々(塩鮭を使う場合は無し)
・油 小さじ2
・とろけるスライスチーズ 2枚
・パセリ お好みで

<作り方>
1. 鮭は骨と皮を取り除き、塩こしょうをふり、1cm角に切ります。(※塩鮭を使う場合は塩こしょう無し)
2. アボカドは半分に切り、皮を傷つけないよう中身をスプーンでくり抜き、1cm角に切りましょう。皮は器にするので取っておきます。
3. 玉ネギは薄くスライスし、油をひいたフライパンでしんなりするまで炒めましょう。
4. 鮭を加え火が通ったら、アボカドを加えます。
5. 全体に火が通ったら、クロレラパウダー・小麦粉・コンソメを全体にふりかけるように加え軽くまぜましょう。
6. 牛乳を入れ、混ぜ合わせながらとろみが出るまで3分煮込みます。
7. 6.をアボカドの皮に入れ、チーズをのせてトースターで8分焼きます。
8. お好みで刻みパセリを乗せて完成です!
(1人分: 240kcal 調理時間:30分)

手が込んだ料理に見えて、実はとっても簡単な時短料理!クリーミーなアボカドが、ホワイトソースにコクと旨みをプラスしてくれますよ♡

・プチプチこく旨☆玄米キノコ炊き込みご飯

<材料>(3人分)
・玄米 2合
・鶏肉 80g
・スライス干椎茸  20枚
・スライスたけのこ 60g
・プチトマト 4個
・しめじ 40g
・切り昆布(戻し)
・バター 10g
・昆布椎茸だし 小さじ1
・塩 小さじ1
・クロレラパウダー 小さじ2

<作り方>
1. 玄米はしっかり洗い、1日前から浸水させておきます。炊飯前にはザルに上げ水を切りましょう。
2. 鶏肉は食べやすい大きさに切り、プチトマトは半分に切ります。
3. 炊飯器にすべての具材と玄米、調味料、水を入れて炊くと完成です。
(調理時間:100分※玄米浸水時間含まず)

キノコにクロレラ、バターで旨味たっぷりのおこわに!浸水する時間が足りないときは、圧力鍋で作ると時短できますよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]