Comic

意外!?質素倹約だった徳川家康のお宝とは?ロバート山本の歴史かみしばい

 

ロバート山本さんのエッセイ連載「パパになりました!」
今回は番外編として、山本さんオリジナルのミニミニかみしばいシリーズ。
第4回は、あの有名な戦国武将にまつわる、意外なエピソードです。


 

■歴史ミニミニかみしばい #4 徳川家康

自分の息子にぜひとも教えてあげたい、歴史上の人物にまつわる逸話。
今回は徳川家康のおはなしです。

 

1 徳川家康は天下人となり、江戸幕府を開いたことで有名です。
家康は天下人になってからも、勉強や運動を続け、常に自分自身を向上させたと言われています。
そして、徳川家康は『三河武士』というとても強くて優秀な家臣達に支えられていました。

 

2 ある日、多くの武将達が、豊臣秀吉のお城に招かれました。秀吉はそこで誰もがうなるような、お宝の数々を見せて集まった武将を驚かせました。
そして「皆のお宝も見せてくれないか?」と言いました。

 

3 他の武将達は用意したお宝を見せ合いました。
しかし、家康の家臣達は、殿が恥をかいてしまうのではないかと心配しました。

なぜならば、家康は質素倹約を続け、贅沢をしないことで有名でした。
そして秀吉の目が、家康の方に向けられ「宝は一体どれか?」と尋ねました。

 

4 すると家康は、「私は田舎者ゆえ、そういった宝は持ち合わせておりませぬ。しかし、命懸けで私を守ってくれる家臣が五百騎ばかりいます。その家臣こそが私の宝です。」と答えました。
家康の言葉に家臣団はもちろん、秀吉も感動しました。

 

5 その後も三河武士団は身を粉にして、家康のために戦いました。
この家臣団の支えもあって家康は天下人となり、260年続く江戸時代の初代将軍となりました。
家臣達からも慕われる家康の人間力は、天下を収めるために、一番必要な能力だったのかもしれません。

おしまい

ロバート 山本博

2018年で結成20年を迎える、お笑いトリオ・ロバートのメンバー。テレビ番組や劇場でのコントではツッコミとして活躍する一方、ボクシングのトレーナーとしてレッスンを開講したり、相方の秋山竜次から「むちゃぶり」で描かされた「むちゃぶりかみしばい」(文芸社)が出版されるなど、多方面に渡って活動している。

趣味:ボクシング(フェザー級、戦績:1戦1勝1KO、トレーナーライセンス取得)、ポケモン、お城巡り、蕎麦屋巡り、体を動かすこと
特技:ルービックキューブ、ロボットダンス、オカリナ、運動保育

【育児絵日記Instagram】yamamotohiroshipapa
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

TODAY’S BOARD

Ranking
[ 人気記事 ]

HOT WORD