出典:photoAC 

Lifestyle

プラチナの価格に注目!今が買い時?貴金属に投資する人増加中

投資と聞くと、株式や投資信託を思い浮かべる人が多いでしょう。実はそのほかにも実物資産に投資する貴金属投資というものがあるんです。貴金属の価格は以前に比べると高くなってきており、最近では貴金属投資に興味を持つ人が増加中。今回は、そんな貴金属投資の種類や今後の予想などを詳しく紹介していきます。この頃注目のプラチナやその価格、そのほかの貴金属投資にはどういったものがあるのか見ていきましょう。

古くから金や銀などの貴金属は世界共通資産として、お金の代わりに使われていました。紙幣や硬貨といったお金は、万一発行している国が破綻してしまったら価値が無くなってしまいますが、貴金属であれば、世界共通の資産なので価値が無くなることはありません。
まずは、貴金属投資の種類についてからご紹介していきますね。

■貴金属投資にはどういったものがあるの?

出典:photoAC 

<金>
金は希少性から、世界中でお金の代わりとして使われていました。「有事の金」ともいわれ、戦争や自然災害が起きたときも無価値にならないとして人気です。
そのため株式などと反対の動きをすることが多く、信用不安やお金の価値が下がるインフレのときに強くなります。金の市場は比較的大きいので、長期的に運用するのがおすすめです。

<プラチナ>
希少性で考えると圧倒的にプラチナが有利ですが、通貨としては弱く主に工業用として使われています。市場が小さいため価格が乱高下しやすく、景気に左右されやすいです。そのため、短期売買といった投機色が強いものになります。

<銀>
金と比べると非常に安いため、小口投資ができると人気なのが銀です。値動きは金と似ていますが、主に工業用として使われているので景気に左右されやすい傾向にあります。市場が小さいため価格が乱高下しやすく、投機色が強いのが特徴です。

■注目のプラチナってどんなものなの?

出典:photoAC 

プラチナとはそもそもどんなものなのか、詳しくみていきましょう。

・そもそもプラチナってどんな金属?

指輪やネックレスなどの宝飾品で見かけるプラチナですが、そもそもどういったものか知っていますか?プラチナはレアメタルといわれる希少金属。原鉱石1トンから3gほどしかとれません。
またプラチナは白金(はっきん)と呼ばれることがあり、プラチナとホワイトゴールドが同じと考えている人も。結論からいうと、まったく別のものです。
プラチナは内面から銀白色ですが、ホワイトゴールドは金にパラジウムといったほかの金属を混ぜて銀白色にしています。そのためプラチナは変色することなくずっと銀白色です。

・金や銀との違いは?

出典:photoAC 

金属としては見た目も違うので、違う金属だということはわかりますよね。では宝飾品以外での使い方で、なにか違いはあるのでしょうか?
金は主に通貨として資産としての役割があります。銀も通貨や資産としての役割もありますが、約6割が工業用で利用され半導体や太陽光発電でも使われています。
プラチナは銀と似ていて工業用で使われますが、その多くが自動車分野。ディーゼル車から出る排気ガスの有害物質を無害化するために、使われているようです。

・現在1グラムあたりの金額はどれくらい?

「田中貴金属工業」のプラチナ価格をチェックしていきましょう。
税込小売価格 3,210円
税込買取価格 3,090円
いずれも1gあたりの金額で、2020年7月2日9:30公表時点のものです。

■プラチナと金の価格が逆転

出典:photoAC 

プラチナや金の価格推移がわかる、5年から10年くらいの期間の長いチャートを見てみると一目瞭然なのですが、プラチナの価格は下落し、金の価格が上昇しています。
そもそもプラチナの方が希少価値が高く、生産量も少ないのでプラチナが高くなるはず。以前はプラチナの方が高かったのですが、現在は金の方が高くなっているようです。

■どうしてプラチナの価格は下落したの?

出典:photoAC 

プラチナは自動車分野で使われることが多いため、自動車の販売状況によって変動し世界の景気にも左右されます。その例として挙げられるのが、2008年のリーマンショックです。
田中貴金属の税抜参考小売価格を見てみると、プラチナは最高7,589円最低2,454円。金は最高3,339円最低2,240円です。価格の変動幅を見るとプラチナの方がかなり大きいことがわかりますね。
また宝飾品としての需要が中国で伸び悩んでいることも原因なんだとか。こういったことから、プラチナは景気に左右され下落し、金よりも低い水準のままになっているのです。

■金より安いプラチナは今が買いどきなの?!

出典:photoAC 

これまでの話をまとめると、プラチナは金よりも希少価値が高く流通量も少ないです。それなのに金よりも価格が低いのは違和感がありますよね。この逆転現象はどこかでまた変わる可能性もあるので、長い目で見るとプラチナは買いどきなのかもしれません。

■今後のプラチナ価格はどうなると予想されているの?

出典:photoAC 

プラチナは景気に左右されますが、景気が落ち着いてくれば自動車分野での需要も増えてくるので金との価格差が縮まる可能性もあるでしょう。また金の価格と逆転しているという歪みが改善されることも予想できますね。

■目が離せない貴金属投資!金やプラチナは持っておいて損はないかも

金やプラチナの現物取引を検討している人は「東京商品取引所」や各証券会社、貴金属投資会社などのホームページなどで、現状の価格をチェックすることから始めてみて。たとえば「SBI証券」では、ほぼリアルタイムで取引ができますよ。
プラチナの価格は以前に比べると上昇してきていますが、金と比較するとまだまだ上昇しても良いと考えられています。景気の変動に備えて、資産価値のある金やプラチナといった貴金属は持っておいて損はないでしょう。

nobii

お調子者女児のママ。証券会社に勤務し夫の転勤を機に退職。出産後ライターへ。2級ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有。
【Instagram】nobii00
沖縄専用アカウント→okinawa.daisuki01
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!