撮影:モリサキエイキ

Entertainment

ロバート山本がゾンビを熱演しすぎた結果…「これ、パパじゃない」

山本さんが芸人として、パパとして、気づきを綴る本連載。
第83回は、息子くんが好きな「ゾンビごっこ」について。息子くんを怖がらせてしまうほど熱演してしまう山本さん。
ゾンビのマネが得意な理由とは?
 

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■「ゾンビごっこ」でリアルなゾンビを演じると…

息子は最近、ゾンビごっこがお気に入り。「パパ、ウウアァーやって」と、やたらせがんできます。

ゾンビごっこと呼んでいますが、息子は多分、ゾンビがどういう存在か理解していません。鬼とか怪物とか、“なんとなく怖いもの”だと思っているのかも。
きっと、「ウウアァー」って大声を上げて襲ってくるのがおもしろいんですよね。

いつもはキャーキャー言いながら逃げ回る息子ですが、僕が熱を入れすぎると、急に真顔になります。「これ、パパじゃない……パパが抜けちゃってる」って感じて、途中で「こわい、こわい。パパ、こわい」って、急にストップをかけるんですよ。

その顔を見るのがおもしろくて、わざと本気でゾンビを演じることもあります。でも、あまりやり過ぎると、怖がって遊んでくれなくなっちゃうから、ほどほどにしておかないと。

以前も書いたとおり、チューバッカ(『スター・ウォーズ』シリーズのキャラクター)のお面を被って、息子をおびえさせてしまったことがありますから……。
 


 

■優しい「ひろしゾンビ」は逃げ道だって教えてくれる

何を隠そう、僕はゾンビを演じるのは慣れているんです。なぜなら、ロバートの単独ライブ「ロバート企画」で、ときどき「ひろしゾンビ」というキャラクターを演じているから。

ひろしゾンビが生まれたきっかけは、沖縄にあった吉本興業のアトラクション施設「沖縄おもろおばけ屋敷」。芸人がお客さんを驚かせるおばけ屋敷で、僕らもキャストとして参加したことがありました。

ゾンビに扮して、背後からお客さんを追いかけるのが僕の役割。出会い頭は怖いけど、言ってる内容をよくよく聞くと、めちゃくちゃ親切なんですよ。

「向こうで◯◯を取ってぇ〜、それを3つしっかり集めて〜」って、やるべきことを詳しく説明する。「どうしても無理になったらぁ……そこの非常口から逃げるんだぁ〜」なんて、逃げ道まで教えてくれるゾンビなんです(笑)。

最初は怖がっていた子どもたちも、「あれ? このゾンビ怖くないな」みたいになって、むしろ近寄ってくる。「全然襲ってこないじゃん」って言われたら、「俺はまだ、理性があるっ!」「ゾンビ2割、人間8割だからぁ」って言い訳するんです(笑)。

その「怖いけどめちゃくちゃ優しいひろしゾンビ」がちょっとおもしろかったので、単独ライブでもやるようになりました。といっても、ただ顔に血のりを塗って、「ああー……」って言いながら客席に出て行くだけなんですけどね。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE