出典:mamagirlLABO@hinechi_pageboyさん

Fashion

ドクターマーチンの8ホールをおしゃれに履きこなしたい!実例をチェック♡

どんなコーデもピリッとおしゃれに仕上げてくれるシューズブランド『Dr.Martens(ドクターマーチン)』を知っていますか?ブーツやサンダルなど、たくさんの種類の靴が販売されていますが、8ホールのショートブーツがとってもおしゃれで履きやすく、男女を問わず大人気。今回はそんなドクターマーチンについて、ブランド概要や商品のラインナップ、選び方までチェックしていきます!

8ホールのショートブーツを取り入れた素敵なコーデの実例も紹介します。ぜひ秋冬の着こなしの参考にしてくださいね。

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■今さら聞けない!ドクターマーチンってどんなブランド?

出典:@naokoko70さん

イギリスの老舗シューズブランドドクターマーチンの始まりは、今から50年以上も前のこと。最初はブランド名の由来にもなっているクラウス・マルテンス博士が発明したエアクッションソールを使ったワークシューズの販売をメインとしていたブランドでした。
その後、ドクターマーチンのワークブーツは、ファッションアイテムとして取り入れられるようになります。たくさんのミュージシャンが独自のセンスで履きこなし、女性たちがシンプルなブーツをカスタムして履き始め…ドクターマーチンのワークブーツはサブカルにも必要不可欠な存在となっていったのだそう。
流行に左右されないドクターマーチンのシューズは、現在もアーティストやミュージシャンをはじめたくさんのファッショニスタたちに愛されています。

■ドクターマーチンは「ホール」や「年代」で商品が決まる

出典:Unsplash

ドクターマーチンの定番アイテムの名前についている"ホール"とは、紐を通す穴の数のこと。ブランドのアイコニックアイテム「1460 8ホール」の1460は、生産が始まった日に由来しています。その1年後に販売された労働者用の「1461 3ホール」は、学生やミュージシャンにも支持されたシンプルなワークシューズ。そのほかにも、パンクロックな雰囲気が特徴の「1490 10ホール」など、生産が始まった年代やホール数によって定番商品は分類されています。
ほかにも、おしゃれに敏感なティーンエイジャーが好んで履いた「Tassel Loafer(タッセルローファー)」や、子ども用シューズとしてスタートした「Monkey Boot(モンキーブーツ)」など…ドクターマーチンでは名作と呼ばれるシューズがたくさん販売されているんですよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE