撮影:モリサキエイキ

Entertainment

ロバートがホストを務める“聴く”コント番組がスタート!3人が盗聴を…


ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、気づきを綴る本連載。
第95回は、ロバートのみなさんがホストを務める「聴くコント」番組について。新しい試みにはどんな狙いが?
 

■聴くコント番組、はじめました。

10月から、音楽ストリーミングサービスのSpotifyで、僕らロバートがホストを務めるオリジナルポッドキャスト番組『ロバート presents 聴くコント番組~秋山第一ビルヂング~』がスタートしました。

架空の雑居ビル「秋山第一ビルヂング」のオーナーを秋山が務め、僕はテナントのカフェ経営者。馬場は隣のビルのオーナー役で、毎回ゲストとして登場する芸人たちのいざこざ……たとえば、ジャルジャル出演回では「ジャルジャル商事」という設定で、仕事終わりのコントをする様子を、僕ら3人が盗聴している、という形式で進行する「聴くコント番組」です。

Spotifyにとってコント番組としてはもちろん、コメディ分野としても日本初の試みなんだそうです。何事も「史上初」は嬉しいものですね。

この「聴くコント」というコンセプトが新鮮で面白いんです。よく、落語をCDなどの音だけで楽しむ方っていますけど、音だけの方がいろんな想像を膨らませることができて、一人一人のキャラクターの表情も浮かんでくるんです。

よく、「ラジオは無音が怖い、間が空きすぎると不安になる」と言われるんですが、むしろその間によって、「今、すごい困った顔してるんだろうな」と頭に浮かんでくる。だから、まったく間が怖くないんです。

撮影:モリサキエイキ

■「聴くコント」なら、お金をかけずに化け物にも巨人にもなれる

僕らのこれまでのネタのなかには、「舞台でやってみたものの、あんまりかな」というのもありました。ただ、舞台ではあんまりだったけど、しっかりと聴いてみたら面白いネタ、というのはあるんです。

たとえば、舞台ではどうしてもド派手な衣装や顔が変なキャラクターをメインにしがち。でも、ネタによって本質は見た目じゃなくて会話劇というものもある。会話をしっかり聴いてみたら面白い、といったネタもたくさんあるはず。

これまでは埋もれるだけだったそういったネタにも、「聴くコント」なら光を当てられるかもしれない。コントの新しい魅力を感じています。

それに、コントというのは、やれ舞台背景だ、衣装だ、カツラだ……とお金が結構かかるもの。テレビでコント番組が減ってしまった要因のひとつ、ともいえます。

でも、「聴くコント」なら、お金をかけずに化け物にもなれるし巨人にもなれる。秋山にしても想像力・イメージがますます生きてくるんじゃないかなと思います。

僕らロバートのネタのほとんどがそうですが、秋山が思いついてまずはやってみる、というところから全てはスタートします。秋山から説明を受けて「それどうやってネタにするんだ?」と思うこともあります。

でも、思いついたことはひとまずやってみる。舞台にかけてみて、「こりゃダメだ」となることだってある。でも、やってみてダメなら次をやる、その中で盛り上がったものが出たら残せばいい、というのがロバートのスタンスなんです。
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]