撮影:モリサキエイキ

Comic

映画『アンダードッグ』に出演!撮影秘話と千原ジュニアさんとの思い出


ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、気づきを綴る本連載。
第96回は、山本さんも出演している映画『アンダードッグ』について。勝地涼さん演じる役どころに親近感!?

 

■勝地涼君演じる芸人ボクサーは、まるで僕のよう!?

11月27日から、僕も出演している映画『アンダードッグ』が公開されます。なんと前編・後編、同時公開です。

「アンダードッグ」というのは、ボクシング界で「かませ犬」を意味する言葉。つまりは、対戦相手からも観客からも敗北を期待されているロートルボクサーのことで、森山未來君が演じています。

そして、そんなロートルボクサーと対戦するのが、北村匠海君演じる期待の若手ボクサーと、勝地涼君演じる大物俳優の二世タレント兼ボクサーです。

この勝地君の役どころが「テレビ番組の企画でボクシングに挑戦する鳴かず飛ばずの芸人」……どこかで聞いたことないですか? まさにテレビ番組『Qさま』をきっかけにプロボクサーとして試合に挑戦した数年前の僕のようだなと。そんな映画に出演できるのは本当に嬉しいです。

ちなみに僕の役は、勝地君演じる芸人ボクサーに対して、「お前、殺されんぞ」と厳しい言葉をかける、同じジムの先輩ボクサー。最初は、テレビの企画なんてふざけるな! という立場なのに、勝地君演じるボクサーのひたむきな姿にだんだん感化されて……という、数年前の僕の周囲の皆さんもこんな感じだったのかなぁといろいろ考えさせられる役どころです。
 

撮影:モリサキエイキ

■本当の試合のような森山君vs勝地君

この映画では、僕以外にも芸人が多数出演することで話題です。友近さん、バッファロー吾郎Aさん、じゅんいちダビッドソンさん……勝地君が芸人の役ですから、ある意味これもリアリティです。

ちなみにこれは裏話ですが、勝地君が演じる芸人の劇中ネタがありまして、これがとんでもないど下ネタ。テレビではもちろんNGで、劇場でも無理だろ!というような下ネタなんです。それがどこまで劇中で残っているのか!? ぜひ楽しみに確認してみてください。

ただ、お笑いシーンはもちろん、ボクシングの試合シーンもリアリティ満載です。森山君演じるロートルボクサーと勝地君演じる芸人ボクサーの試合は、設定上はテレビ企画のお遊びのようなエキシビションマッチだから、観客はそんなに盛り上がっちゃダメなんです。

でも、森山君と勝地君が体もきっちり仕上げてきて、ボクシングのトレーニングもちゃんと積んできているから、会場に集まった観客役のエキストラの皆さんが思わず興奮して盛り上がってしまうほど、すごくいい試合をしてしまう。エキストラに「もっと興味ないようにして!」という謎演出が入ってしまうほどでした。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]