撮影:モリサキエイキ

Comic

『麒麟がくる』最終回!ロバート山本家の息子は今井翼くんにゾッコン!?


ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、気づきを綴る本連載。
第103回目の更新は、いよいよ最終回を迎えるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』について。

■今、歴史はどんどん新しくなっている!

いよいよ、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』が最終回ですね。我が家では3歳の息子も大ハマりでした。

最終回は「本能寺の変」。この出来事はみんなが知っているのに、その真の理由は誰もわからないという日本史最大のミステリーでもあります。

僕はそもそも、織田信長にハマって歴史好きになりました。強くてカリスマ性があって革新的なことをやった織田信長が天下を獲るわけじゃない、というのが人間の面白さというか、戦国時代の面白いところというか。面白い、と言ったら信長様に失礼ですけど。

これまでも、「タイムマシンで歴史上の人物に一人だけ会える」と言われたら僕は絶対に明智光秀だ、と言ってきたんです。なぜ謀反を起こしたかも聞きたいし、天下を獲りたかったのか、共犯者がいたのか、信長を止める為なのか……いろんな説を確かめたい!

でも実は、ここ5年10年くらいで光秀にまつわる資料がどんどん出てきているんです。教科書で教えている「明智=裏切り者」という短絡的な図式で果たしていいのか? というのがだんだん紐解かれてきた。

歴史という古いものが今、どんどん新しくなっている。そんな最新理論も踏まえつつ、これまで描かれなかった明智光秀像を1年間見ることができた、ということも含めて、すごくハマった大河ドラマでした。
 

撮影:モリサキエイキ

■『麒麟がくる』で魅了された道三と桶狭間

これまでの『麒麟がくる』で、個人的に大好きなシーンはたくさんあります。ひとつは、斎藤道三。ただの油売りの商人だった(諸説あります)男が一国の殿になるという、下克上の象徴ともいえる斎藤道三は、歴史好きからするとすごく面白がられる人物です。

「美濃の蝮」と呼ばれ、出世のためなら手段を選ばない、あまり気持ちのいい武将ではないはずの男を『麒麟がくる』はこんなにも描いてくれるのか、と。僕は道三好きすぎて、稲葉山城(岐阜城)はもちろん道三塚にお参りに行ったほどです。

しかも、その道三を本木雅弘さんが演じてくれる! そもそもこのキャスティングが嬉しかったですね。新たな斎藤道三ファンも生まれるほど魅力的でした。

第2話でその道三が毒殺を仕掛けるシーンがあったんですけど、毒を盛られてのたうち回る頼純公をバックにわらべ歌を歌う姿が本当に恐ろしかった。本木さんが表現する蝮っぷりが“戦国を生き抜いた道三の怖さ”を感じさせるもので、そのシーンが本当に大好きでした。

やっぱり大河って「ファーストパンチ」が大事で、作り手も序盤でしっかり「ここだ!」という場面を用意してくれる。この毒殺シーンがまさにそうでした。そんな怖い道三の物語からスタートする、というのが斬新でしたね。

そしてもうひとつは一番興奮したシーンです。光秀は参加していない話なんですが、「織田信長の奇跡」と言われている桶狭間の戦い(第21話)。その描き方が非常に丁寧で面白かったんです。
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]