撮影:モリサキエイキ

Comic

『ラヴィット!』MCの川島明さんにロバート山本の息子くんがツッコミ?


ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、日常の気づきを綴る本連載。
第117回目は朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)でMCの麒麟・川島明さんが言及した、山本さんの息子さんの発言について。
 

■麒麟・川島さんにツッコミした我が息子


先日、我が家の息子の話題が全国に放送されました。この春から始まった朝の情報番組『ラヴィット!』で、MCを務める麒麟・川島明さんが喋ってくれたんです。川島さんが出演しているテレビに向かってウチの息子が「また出てるじゃん!」とツッコミをしたという話……。大変失礼しました。
 
それもこれも、我が家と川島家が家族ぐるみでのお付き合いをさせていただいでいます。でも不思議なのは、その家族ぐるみのきっかけは我々父親ではなく、ママ同士の交流なんです。
 
川島さんの奥さんと僕の奥さんが近所の育児会のような交流会でたまたま出会い、そこから深いお付き合いに。そして偶然にも、僕の息子と川島さんのお子さんが同い年で、誕生日もすごく近いんです。
 
そんなわけで、息子も会ったことのある川島さんがテレビに出ていると、ちゃんと認識してよく反応します。僕もそれを受けて「あ、川島さんだね」「また出てるね。知ってるもんね」という会話をよくしていました。
 
ただ、『ラヴィット!』は帯番組。息子にとって「帯番組」というものがまだよく理解できていなかったみたいで、「また出てる」「きょうも出てる」「出てる出てる」とだんだん面白くなり、ついには「また出てるかーい!」というツッコミが入りました。厳密には「また出てるじゃん!」ではなく「また出てるかーい!」です。出てるんかい!でもなく、出てるかーい!です。まあ、それくらい今、川島さんはテレビに出まくっている、ということです。
 

撮影:モリサキエイキ

■あるある過ぎる! 川島さんとの「ストII芸人」

ちなみに、僕の下の娘と、川島さんの下のお子さんも同い年です。息子も保育園も一緒です。お迎えのときに保育園でバッタリ、なんてこともありますね。
 
そんな子どもを通したお付き合い以前に、僕らロバートと麒麟さんの2組は“ほぼほぼ同期”。正確には麒麟さんが半年先輩なんですけど、昔から劇場でも仲良く可愛がっていただいています。
 
なかでも僕と川島さんは年齢も近いから、青春時代に遊んできたゲームも一緒なんです。僕と一緒で川島さんもゲームが大好きで、ゲームに関する連載を持っていますから、ゲームの話で盛り上がることも多いです。
 
『アメトーーク!』で以前、「ストリートファイターII芸人」という企画で一緒に出演したときも、川島さんのエピソードがあるある過ぎましたね。めちゃくちゃ言っていることがわかるんです。
 
「ストリートファイターⅡ」ってゲームセンターで遊べる対人対戦ゲームとして、90年代前半においてはものすごく画期的で大人気。当時のゲームセンターは僕らひ弱なゲームオタクだけでなく、ヤンキーも多かったんです。対戦相手が気がつけばヤンキー、なんてこともよくあって、「ゲームでは勝ちたい。でも怒りを買ったらどうしよう……」といった話題で盛り上がりましたね。

■グルメな川島さんに教えてもらった素敵スポット

川島さんはグルメなので、美味しい店を教えてもらったりもしています。忘れられないのは川島さんの地元・京都のお店で、僕はいまだに京都に行くとそのお店に通ってしまうほど。
 
祇園の劇場近くで、建物もすごくレトロな昔のお屋敷みたいな趣があって雰囲気も最高。川島さんがこの店を教えてくれたときは、「お高いだろうなぁ~」と思ったんですけど、値段を見たら普通のランチの値段なんです。
 
そのランチで、川島さんがとくにオススメしてくれたのがマンゴープリン。マンゴーよりもマンゴーなマンゴープリンがあると。本当に美味しくて、僕も京都で「どこかお店知らない?」と聞かれると、「川島さんに教えてもらったお店だけど……」と紹介することがあります。
 
先日も、先輩ピン芸人の佐久間一行さんと一緒にそのお店に行きました。佐久間さんもすごく気に入ってくれましたね。中庭みたいな場所があって、その庭を眺めながらちょっとレトロな円卓テーブルと椅子を置いて食べるのがまたオシャレなんです。誰と行っても喜ばれます。
 
  
そんな風に、公私にわたって川島さんにはお世話になっています。奥さんは奥さんで、川島さんの奥さんと、もう一人のママ友との3人でライングループを作るほどの仲良しっぷり。これからも家族共々よろしくお願いします。
 



撮影/モリサキエイキ 構成/オグマナオト 企画/mamagirlWEB編集部
 

ロバート 山本博

2018年で結成20年を迎える、お笑いトリオ・ロバートのメンバー。テレビ番組や劇場でのコントではツッコミとして活躍する一方、ボクシングのトレーナーとしてレッスンを開講したり、相方の秋山竜次から「むちゃぶり」で描かされた「むちゃぶりかみしばい」(文芸社)が出版されるなど、多方面に渡って活動している。

趣味:ボクシング(フェザー級、戦績:1戦1勝1KO、トレーナーライセンス取得)、ポケモン、お城巡り、蕎麦屋巡り、体を動かすこと
特技:ルービックキューブ、ロボットダンス、オカリナ、運動保育

【育児絵日記Instagram】yamamotohiroshipapa
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]