撮影:モリサキエイキ

Entertainment

ボクサー芸人、ロバート山本が伝授!コロナ禍の運動不足を解消するコツ


ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、日常の気づきを綴る本連載。
第121回目はコロナ禍の運動不足解消について。気がつけば体重増加…という人も多いのでは?

 

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■コロナ禍の運動不足解消に「縄跳びよりもランニング」


コロナ禍のなにが大変って、どうしても運動不足になってしまうことですよね。長年、ボクシングジムに通って汗を流してきた僕もジム通いを控えた結果、今の身体は逆の意味で相当キテます。体重も増加中です。
 
ジム通いをしているときは、ジムの運動をベースに、その何日後かにジョギングをしたりと走る日を作ることで、週に2、3日は身体を動かす日を確保することができていました。
 
でも、ジムに行かないとどうしてもリズムが作れず、走る頻度もだんだんと減ってきてしまったんです。今では週に1度走るか走らないか。それと、コロナ以降はゲーム配信に力を入れ始めた結果、子どもが寝た後の時間もゲーム配信で埋まってしまって、そもそも時間が取りにくくなってきたことも影響しています。
 
よく、ボクサーなら走らなくても縄跳びがあるでしょ、と思われがち。でも、縄跳びってボクサーにとってはあくまでもステップワークやリズムを掴むためのものであって、縄跳びで減量できるかというと、ちょっと安直です。
 
脂肪を効率よく燃焼させるには30分は動いた方がいいんですが、縄跳びをひたすら30分って、もう飽きます。周りからも「あの人、ずっと縄跳びしてる」って思われますし。

それよりも、景色を見たり風を感じたり、「あ、こんな建物できたんだ」「さくらがつぼみになってる、もうすぐかな?」「あの人もいつもこの時間走ってるんだ!」と気づきを得ながら走ったほうが継続はしやすいですね。
 

撮影:モリサキエイキ

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE