News

【ママ対談】優木まおみさん×近藤千尋さんがmamagirlWEBで再会

2020年、惜しまれながら休刊となった雑誌『mamagirl』のラスト表紙を飾ってくれた、優木まおみさん、近藤千尋さんが、web版『mamagirl』にカムバックしてくれました! コロナ禍によって大きく変化した私たちの日常。ふたりの子育てや生活、ママとしての意識も、この1年で変わったところがいろいろあるといいます。今回はそんなふたりの変化や最近のママファッションについてお届けします!

※コロナウイルス感染対策を行い、対談・撮影を実施しました。

家族で過ごす時間が増え、お互いの理解が深まった1年でした(近藤さん)

―― まずはおふたりのこの1年の変化について教えてください。

近藤さん うちは下の子が1歳8カ月になって、最近「スクール」に行きだしたので、少し自分の時間が持てるようになってきました。上のお姉ちゃんも幼稚園に行っているので、子育てのステージの変化も感じています。この1年は、コロナ禍でしたが、自粛期間には我が家は家族でたくさん一緒の時間を過ごせたことがよかったですね。ひー坊くん(太田博久さん)とこんなに長く一緒にいたことがなかったので、それが嬉しくて、楽しくて。家事や育児をシェアできて、その大変さを実際にわかってもらえたことで、自粛期間が明けてもしっかり手伝ってくれるようになったこともよかったな、と。「手伝ってくれる」って表現、本来は変ですけど(笑)

優木さん まぁまぁ、そのあたりは言い方が難しいけれど、それでも大きな変化ですね。うちもです(笑)。

近藤さん ですよね! やっぱり、こういう状況を経験しなかったら、今のようにはならなかったかもしれないことですから。

優木さん ね、良い変化を遂げてくれる相手で良かったですよね。うちの夫もポジティブに変わってくれたほうなので、それはありがたいなと思っています。うちではそれまで、夫は家の「運営」においては頭数に入らないような存在だったの(笑)。なんとなく夫は家事においても育児においても「外部の人」って感じだったんだけど、「内部の人」になってくれたような感じ。そうなるとお互い思い入れもアップするというか、そこはすごくよかったと思っています。

近藤さん 家族の理解が深まりますよね。

優木さん うん。ただ本当に男性のタイプにもよりますね。家にいて、どんなに奥さんが忙しくしていても気が付かない人もいるみたいなので、そうだったら前よりイライラしちゃったかもしれない(笑)。

近藤さん そうですよね! それから子どもたちの生活もかなり変わりましたよね。うちは今、上の子が4歳、下の子が1歳8カ月なのですが、幼稚園なんかでも、イベントがだいぶ減っちゃったのは可哀想です。その数少ないイベントも、親は行けないっていうのが当たり前になってきて。運動会も、「子どもたちだけでやりました」って園からお知らせをもらったりして。

優木さん そうそう。報告だけ見るっていう感じですよね。うちは今、上の子が7歳、下の子が4歳。早くコロナが終息してくれたら……。海外の様子を見て、少し希望を持ったりはしていますが、まだまだね。

日常のルーティンをイベント化!一緒に楽しむようになりました(優木さん)

近藤さん うちはお料理を一緒にしたり、絵の具セットを出して好きなようにやらせたり、そんなふうにお家での過ごし方や楽しみ方も変化しました。

優木さん そうそう。絵の具セットを出したりするのも、以前はちょっと面倒でしたけどやるようになりましたね。ご飯も、前は私が作って家族が食べるだけだったけど、もうお料理を作ること自体を「イベント」にして楽しむ、というスタンスに変わっていますね。日常をいかにワクワク過ごせるように工夫するかが課題になったというか。ただうちはそれが子どもたちにとっては良かったみたい。私はもともとじっとしていられないというか、どんどん外出したいタイプだったから、土日が休みと聞けばもう、朝から晩まで予定を入れちゃってたの。土曜日はディズニーランド、日曜日はじゃあ、海行こう! みたいな(笑)。でも、実はそれで自分も疲れてイライラすることもあったんです……自分で決めたのに(笑)。

近藤さん そういうことありますよね(笑)。

優木さん ついね。でも、上の子が小学校に上がったら、やっぱり平日は気を張っているのか疲れるみたいで。「土曜の朝くらい、ゆっくり寝たいんだけど」って言われちゃって(笑)。「え、キャンプ行かないの!?」って聞いたら、「別にそんなに行きたくない」って、そうだったんだって(笑)。それよりも家でのんびりご飯を作って食べたり、一緒に過ごす時間が子どもたちには心地よかったみたいで。親子のふれあいって、とにかく出かければいいんじゃなくて、のんびりしてもいいんだ、緩急をつけることも大事なんだってことを学びました(笑)。そう考えると、小さい頃は、連れ回しちゃっていたかもなぁって少し反省したり(笑)。

近藤さん ふふ。長く一緒にいることで気がつけることも増えますよね。うちは最近、4歳のお姉ちゃんが、妹のお世話をたくさん助けてくれるんです。おむつも替えようとしてくれたり、本当に戦力になってくれて助かっています。幼くても「お姉ちゃんだから」っていう意識がすごくありますし、パパとママの笑顔が見たい、役に立ちたいって思ってくれている姿は健気で感動しちゃいます。ただうっかりあまり頼りすぎると、「●●ちゃん、まだ4歳なのに」って不満そうに言ってくることもあって、「そうだよね、ごめんね」って(笑)。

優木さん お姉ちゃんってどうしてもね、頑張っちゃうんですね(笑)。

近藤さん そうそう。これ、下の子が4歳になったときにはまた違うんだろうなって想像したり。同じ月齢でも、上の子と下の子は「赤ちゃんぽさ」が違いますね。次女はなかなか赤ちゃんぽさが抜けない(笑)。

優木さん あはは、1歳8カ月はまだ全然赤ちゃんでいい時期ですよ(笑)。うちも下の子はずっと幼い感じはあります。でももう、どんどん成長してしまうから、無理にお姉さんぽくならなくても、好きなペースで成長してね、って思ってます。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]