撮影:モリサキエイキ

Comic

ロバート山本が明かす品川祐の魅力「ちょっとこっち来い」と起こされると…

ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、日常の気づきを綴る本連載。
第127回目は、吉本の養成所「東京NSC」では特別な存在だったという品川庄司。山本さんが品川さんとの思いでを語っています。
 

■東京NSC1期生、品川祐さんは実は……

以前、ダウンタウンの浜田雅功さんとの初共演で、勝手に抱いていた「怖い」というイメージとは裏腹にとても優しさに溢れる対応をしてもらった話を紹介させていただきました。

芸能界ではほかにも、世間のイメージではコワモテだったり厳しそうな印象だけど、実際にはとても優しい、という方がたくさんいらっしゃいます。

やっぱり、どんな業界でも結果を出す人って、周囲に気配りができる人だと思うんですよね。
そして僕が思う「実はとても優しい先輩」は品川庄司の品川祐さんですね。

品川さんといえば、ご自身でも「学生の頃はヤンキーで悪さばかりしていた」と公言していますし、映画化・漫画化もされた不良小説『ドロップ』の作者としても有名ですよね。若手時代は「尖ってる」なんてことも言われていました。
僕も、後輩として初めてお会いしたときは怖かったです。

というのも、品川庄司さんって吉本の養成所「東京NSC」では特別な存在。僕らロバートは東京NSCの4期生でしたが、品川さんは記念すべき1期生。そのなかで一番に有名でリーダー格の先輩と呼べる存在だったのが品川庄司さん。
「一期生」ってやっぱり特別なんです。大阪ならダウンタウンさんで、東京NSCは品川庄司さん。この一期生が成功しないと次が続かないわけですから特別な存在です。

撮影:モリサキエイキ

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]