撮影:モリサキエイキ

Comic

ロバート、インパルス、森三中……我ら東京NSC同期たち!

ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、日常の気づきを綴る本連載。
第132回目は、ロバート、インパルス、森三中を輩出した東京NSC4期について山本さんが振り返ります。4期はすごいぞ!
 

■ロバート、インパルス、森三中……我ら「東京NSC4期」


吉本興業の養成所「NSC」では、巷で言う「当たり年」とされる期がいくつかあります。有名なのはピースや平成ノブシコブシを輩出した東京NSCの5期。彼らの同期では、キングコングやダイアン、南海キャンディーズといった面々がいた大阪NSC22期も該当する、すごいメンバーですね。

他にも、オリエンタルラジオ、はんにゃ、フルーツポンチ、トレンディエンジェルなんかがいる東京NSC10期も有名です。

ただ、僕らロバートが卒業した東京NSC4期も面白いメンバーだったなと思っています。同期のインパルス(板倉俊之、堤下敦)、森三中(黒沢かずこ、村上知子、大島美幸)、椿鬼奴、POISON GIRL BAND(阿部智則、吉田大吾)などなど、4期の面々です。

大阪では、天津、レギュラー、とろサーモン村田くんなどもそうです。

森三中やインパルスとは一緒にユニットコントをやったこともある関係性です。だから、現場で会うことがあれば近況報告がてら話は盛り上がります。

養成所で初めて出会ったときのインパクトという意味では、椿鬼奴と森三中はすごかったですね。森三中はとにかく大島がめちゃくちゃ目立っていました。当時からすでに芸風というか、キャラクターが確立されていましたから。

養成所時代はコントをやってもまだまだ荒削りなのか、設定も意味不明というか。なかなか伝わりにくいことをやっていたと思うんですけど、とにかく大島のパワーとキャラクターでみんな笑っちゃう、みたいなことがよくありましたね。

撮影:モリサキエイキ

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]