撮影:モリサキエイキ

Comic

ロバート山本がおすすめ!映画も小説も面白い『燃えよ剣』の魅力とは?

ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、日常の気づきを綴る本連載。
第136回目は、司馬遼太郎の『燃えよ剣』について。映画も小説もおすすめする理由は?

■司馬先生の小説『燃えよ剣』の偉大なる功績

10月15日、私、ロバート山本も参加した映画『燃えよ剣』がついに公開を迎えます。当初は去年の公開予定でしたが、コロナ禍の影響で1年以上延期に。ようやく皆さんにお披露目で、参加した自分としてもこの日を待ちわびました。

主人公の新選組副長・土方歳三役が岡田准一さん。そして、私が務めたのは……ボランティアエキストラ!

そりゃそうです。これほどの歴史的大作に“俳優”として私にお声がかかるはずもありません。でも、司馬遼太郎先生の原作『燃えよ剣』が好きなので、どうにかしてこの作品にかかわりたかった。だから、仕事とはまったく関係なく、原田眞人監督の「原田組」のボランティアエキストラに登録することで、映画に参加させていただきました。

『燃えよ剣』はとにかく面白い話で、これだけ新撰組が世間に知られ、新選組ファンを増やしたのって、司馬先生の小説『燃えよ剣』の影響は大きいはずです。

というのも、『燃えよ剣』を読んだら、新選組のことが好きになっちゃいます。僕もそうですけど、読むと新選組のことが気になって別の新選組本にも手を出して、さらに新撰組が好きになっていく……そんなサイクルが生まれるんです。

今の世の中にある多くの新撰組作品は、「新選組というものを司馬遼太郎先生に教えてもらいましたよね? その真実はこうゆうことですよ」みたいなものばかり。それくらいの大ヒット作品。だからまず、大前提として司馬先生の『燃えよ剣』のことを皆さんにも知っていただきたいです。

撮影:モリサキエイキ

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]