撮影:モリサキエイキ

Entertainment

いつか息子と!ロバート山本が語る、LUNA SEAに学ぶプロ意識とは

ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、日常の気づきを綴る本連載。
第152回は、山本さんが10代の頃から好きな「LUNA SEA」について。
山本さんが参戦した活動休止前のライブでの学び、将来的には息子さんにもライブを見せたいと語ったほど!
LUNA SEAの凄さとは?
 

■LUNA SEA「バンド休止前ラストツアー」に行ってきました

この連載で嬉しいのは、僕の好きなことで、同じ趣味を持つ人とつながれること。そのひとつがLUNA SEAです。

昔から、僕がLUNA SEAファンであることを知ってくれている人はいたんです。ただ、「そうは言っても、どの程度なの?」という懐疑的な目もあったと思います。

でも、以前この連載で「LUNA SEA山本的ベスト3曲」を発表させていただいたところ、LUNA SEA好きの皆さんからもの反響があって、コメントもたくさんいただきました。

そんな大好きなLUNA SEAですが、なんとボーカルのRYUICHIこと河村隆一さんが声帯手術をすることになってバンド活動休止を発表。居ても立ってもいられず、先月さいたまスーパーアリーナで行われた結成30周年ツアー『CROSS THE UNIVERSE』のファイナル公演に行ってきました。バント休止前のラストツアーです。

手術前で声は大丈夫? と心配だったんですけど、1曲目からものすごいハイトーン! そしてもちろん、原曲キーのまま。2時間以上あるLIVEで一曲目からこの声量で行くの!? と初っ端から驚かされましたね。

演奏メンバーもそんなボーカルを盛り立てようと、バックアップがいつにも増して熱量があったように感じました。

比べるのも大変失礼だとは思いますが、僕らもコント単独ライブなどをやると、初めは調子良くても、2、3時間声を張り上げていると終わる頃にはもう声がかすれて痛んでくるんです。

だから、今回のLIVEでは2時間最後まで喉を持たせるため、少し抑え気味で始めるかもな……とちょっとでも考えた僕がバカでした。改めて河村隆一さんのプロ意識の高さを痛感した夜になりました。

撮影:モリサキエイキ

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]