画像/筆者提供

Entertainment

気分アゲアゲがいいね♡【酷暑の夏】どう乗り切る!?

幼児向けテレビ番組『シナぷしゅ』プロデューサー・飯田佳奈子が綴る等身大ママエッセイ。

梅雨明けしましたね。そしてやってきた連日の真夏日…気づけばもう夏本番!どうやら今年の夏は酷暑になりそうです。そこで今回は、小さな子どもとどうやってこの暑い日々を楽しく乗り切るか!?私なりの夏の楽しみ方について書いてみたいと思います。

まずは、自分の気持ちをあげる!フットネイル♪

毎年夏だけの私の楽しみが、フットのジェルネイルをすること。もともとネイルは大好きなのですが、毎日の育児や家事にどうしても邪魔になってしまうので、子どもが生まれてからはハンドネイルは諦めています。ただフットであれば、そういった悩みからも解放され、そしてサンダルをよく履く夏だからこその可愛さがあるので、とってもオススメです。

手に比べて足の爪は伸びがゆっくりなので、コスパも良かったり。今年も、暑くなってきて真っ先に、「ネイルだ!!!」と予約を入れてやってきました。自分の足は毎日目に入るので、このささやかな楽しみが日常のモチベーションに効果抜群。毎日暑くて嫌になりますが、暑いからこそ楽しめることがあれば少し心が軽くなります。ちなみに、今回本当はクールなデザインにしよう!と心に決めて行ったのに、ギリギリのところで「息子から可愛いって褒められたい」という欲が出てしまい、お花やハートのワンポイントが入ったネイルにしました。「ママの爪、かわいい!」と喜んでもらえると、やっぱりうれしいです。

コロナ禍でできなかった夏のイベントにリベンジ!

湘南に住んでいるので、海が身近な存在ではあるのですが、ここ2年はコロナ禍ということもあり、夏らしい夏は過ごせていませんでした。今年は海開きもされたので、思う存分湘南の夏を満喫したいと思います。海といえば『海の家』。今どきは子連れに優しくキッズコーナーを設置した海の家もあるので楽しみです。あとは、何事もまず形から入るタイプなので、予定もないのに先走って息子の甚平と下駄を新調しました。今年は開催されるところも多そうな夏祭りや花火大会に、ぜひ行きたいなと思っています。屋台で食べるかき氷や焼きそばならではの美味しさを、息子にも体験させてあげたいです。

公園遊びは控えてホームパーティーを♪

この酷暑だと、昼間の公園遊びはもはや危険なレベル。今年の夏は、お友だちと遊ぶのは家の中をメインにしたいなと思っています。庭に出したプールで水遊びをしたり、シャボン玉をしたり、夏らしい遊びを満喫しながら、水分補給や休憩がこまめにできるのはおうち遊びならでは。先日は、我が家でケバブパーティーをしました。ピタパンに好きな具材をつめてワイワイと食べるのはとっても楽しく、スパイシーな香りが暑い日にも食欲をそそりました。

あとは夏のホームパーティーに欠かせないのが、フルーツポンチ!見た目もさわやかですし、遊びにきた子どもたちも大喜びで食べてくれました。たくさんのフルーツにサイダーを注いでおくだけで簡単にできるのに、見た目もとっても華やかなのでおもてなしにもピッタリだと思います。そうめんパーティーや、手巻き寿司パーティー、たこやきパーティーなどまだまだたくさんやりたいです!

勇気を出して…○○デビュー!??

これは、まだ実行できていないのですが自分を追い込むためにもここに書いてみます(笑)。今年の夏は、カブトムシデビューしてみようと思っています!息子も4歳になり、生き物を優しく扱ったりお世話をしたりすることもできるようになってきて、興味も湧いているようです。昆虫を飼うのはなかなか抵抗がありますが、夏の風物詩でもありますし、涼しい家の中でできるいい経験、なにより生き物の成長を見守ることは、子どもの情操教育にとっても間違いなく良いと思うので、ママ、勇気を出して頑張ります!!子どもがいなかったら、カブトムシを飼おうと思うこともきっとなかったと思うので、やっぱり子どもの存在は偉大ですね。ママならではの夏のあるあるも増えるのかな、と楽しみです。

みなさんは今年の夏をどう過ごしますか?久しぶりに飛行機に乗って遠出するもよし、おうち遊びを満喫するもよし。毎日暑くて確かに大変ですが、暑い暑いと嘆いていても涼しくはならないし勿体ない!どんどん成長する子どもたちの今しかない輝きをしっかりとらえて、キラキラまぶしい思い出でいっぱいの夏にしたいですね。今年の夏にはきっと今年の夏にしかない幸せがあるはずです。熱中症と電気の使いすぎに気を付けつつ、最高の夏になりますように!

あわせて読みたい

大人もぞっこん!【夢の国】で過ごすとっておきのバースデー♪

Entertainment

2022.06.25

大人もぞっこん!【夢の国】で過ごすとっておきのバースデー♪

飯田 佳奈子

テレビ東京「シナぷしゅ」プロデューサー。湘南在住34歳、同じくテレビ局勤務の夫と3歳の息子の3人家族。好きな食べ物はエビ、たらこ、たけのこ。同じくエビ好きの息子にエビを全部食べられるのが悩み。

Recommend

お手軽レシピが魅力!【アーモンド効果】があればクリーミーな七草粥も楽しめちゃう!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]