TWICEが『エル・ジャポン』1月号の表紙に初登場! 「カルティエ」のアイコニックなジュエリーを個性豊かに着けこなす 

株式会社ハースト婦人画報社

Prtimes

TWICEが『エル・ジャポン』1月号の表紙に初登場! 「カルティエ」のアイコニックなジュエリーを個性豊かに着けこなす 

株式会社ハースト婦人画報社
「エル デジタル」ではメンバーが出演するスペシャルムービーも公開

『ELLE Japon(エル・ジャポン)』(運営:株式会社ハースト婦人画報社、本社:東京都港区、代表取締役社長:ニコラ・フロケ)は、『エル・ジャポン』1月号を11月28日(月)に発売します。





TWICEが表紙初登場!9 人のメンバーが思い思いにまとうアイコンジュエリー


本誌の表紙を飾るのは、世界で活躍し、世代問わず常に注目を集めるアジア発9人組ガールズグループのTWICE(トゥワイス)。中面では6ページにわたり「カルティエ」のアイコニックなコレクションをモダンにスタイリングしたメンバーが登場。モノトーンのシックなファッションと「カルティエ」のジュエリーをまとい、そのしなやかな魅力を存分に披露しました。
9人のメンバーが着用した「パンテール」「LOVE」「ジュスト アン クル」など、彼女たちの魅力をさらに輝かせているジュエリーにも注目です。
さらに表紙撮影の裏側を収めたスペシャルムービーが公開予定です。
[エル デジタル] https://www.elle.com/jp/pr-stories/promotion/a41771182/f-cartier-2211/(11月28日AM10時公開)



 「エル クリーンビューティアワード2022」の受賞アイテムが決定!



「エル クリーンビューティアワード」は、クリーンな物づくりや企業の在り方を実現しているコスメのなかから、2022年を象徴するアイテムを選び贈られるアワード。
今年も総勢19名の専門家や美容賢者たちを審査員に迎え、「洗顔・クレンジング部門」「ポイントメイク部門」「ヘアケア部門」など全9部門のベストコスメが選出されています。さらに人権問題、サプライチェーンの見直しなどに積極的に取り組むブランドを選出する「クリーンアクション部門」では、受賞した国内外4つのブランドを紹介します。その他、ビューティ業界の環境問題への取り組みや、今知っておきたいクリーントピックスなど、クリーンビューティを取り巻く最新の状況をお届けします。

『エル・ジャポン』1月号 その他のコンテンツ


エル・ジャポン1月号 中面
・2023年上半期 私の未来占い
・どう測る?どう減らす?私たちのCO2ダイエット
・COLLECTION REPORT モード界が導く、明るい未来への道筋
・注目の東京レストランを総ざらい!
・パーティーの主役はグラムなメイク!
・ドレスアップを楽しむ10のアイデア
・[インタビュー]松下洸平
・[別冊付録]ときめきのジュエリー図鑑

『エル・ジャポン』1月号

[発売日]2022年11月28日(月)
[価格]850円(税込)
[販売書店]全国の書店、各ネット書店、ELLE SHOP


『ELLE Japon(エル・ジャポン)』について

世界でもっとも愛されているファッション誌『ELLE(エル)』の日本版として1989年『エル・ジャポン』(毎月28日発売)は創刊されました。そのコンセプトは「Open your appetite –好奇心いっぱいに生きて」。1945年のフランスで初めての『エル』が発刊されたとき、『エル』の創始者であるエレーヌ・ラザレフが読者に向けて語りかけた言葉です。ファッションをキラーコンテンツに、ビューティ、カルチャー、ライフスタイルなど、今に生きる女性たちを元気にするメッセージと明日へのイメージを高感度に発信します。そして1996年、初の女性誌ウェブマガジンとして誕生したのが『エル デジタル』。昨年25周年を迎えた『エル デジタル』は、時代のニーズに合わせて進化を続け、デジタルファッションメディアのパイオニア的存在として、圧倒的なボリュームのオリジナル記事を毎日更新しています。
また、『エル・ジャポン』の雑誌には、国際的な森林認証制度を企画運営する機関PEFC※によって認められた「環境に配慮した」「地球にやさしい」紙と、環境負荷低減を目的に生産され、再生産可能な植物由来の油及びそれらを主体とした廃食用油等をリサイクルした再生油を原料とした植物油インキを使用しています。
※Programme for the Endorsement of Forest Certification Schemes:森林認証制度相互承認プログラム


ハースト婦人画報社について

株式会社ハースト婦人画報社は、アメリカに本社を置き、世界40か国で情報、サービス、メディア事業を展開するグローバル企業、ハーストの一員です。株式会社ハースト・デジタル・ジャパンは、デジタルビジネス拡大のため2016年に設立された株式会社ハースト婦人画報社の100%子会社です。
1905年に創刊した『婦人画報』をはじめ、『ELLE(エル)』、『25ans(ヴァンサンカン)』、『Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)』、『MEN’S CLUB(メンズクラブ)』などを中心に、ファッション、カルチャー、デザイン、フード、ウエディングなどに関する多数のデジタルメディアの運営と雑誌の発行を手掛けています。『ELLE SHOP(エル・ショップ)』をはじめとするEコマース事業も収益の柱に成長、近年はクライアント企業のマーケティング活動をトータルにサポートする『HEARST made (ハーストメイド)』 、データに基づくブランドマーケティング支援を行う『HEARST Data Studio(ハースト データ スタジオ)』を立ち上げるなど、コンテンツ制作における知見にデジタルとデータを融合した企業活動を展開しています。


<メディア提供素材について>

以下の素材をご用意しています。ご必要の際は、下記までご連絡ください。
<画像> 『エル・ジャポン』1月号表紙、プレスリリースに掲載の中面画像
<動画>スペシャルムービー(27秒)※地上波テレビのみ
● プレスリリースに掲載している全画像は、本件の内容以外での使用、および2次的使用はご遠慮ください。
● 素材使用の際には、下記クレジット表記をお願いいたします。
[表紙] ELLE JAPON January 2023 photo TAKAKI_KUMADA
もしくは  『エル・ジャポン』2023年1月号 photo TAKAKI_KUMADA
●動画キャプチャ素材使用の際には、下記クレジット表記をお願いいたします。
(C)ELLE DIGITAL Movie TSUYOSHI HASEGAWA
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE