Comic

【demy PANDA de のんびり育自】楽しいお洗濯

母の笑顔は皆の笑顔。

こんにちは!猛暑が続いていますが、お変わりございませんか?

洗濯物を干すために外に出たわずかな時間だけでも、滝のような汗をかいてしまうdemy pandaです。

今回は、真夏の暑さとは関係ありませんが、産後うつになりかかる前まで肩に力が入り過ぎていた私が、洗濯を楽しめるようになったエピソードをお届けします。

次男がねんね期のときはまだ良かったのですが、次男が動き出してから、長男の赤ちゃん返りが盛大に復活!!
落ち着いて洗濯ができなくなりました。
朝洗濯機を回したのに…干せぬまま夜になってしまったり。。
思うように干せないことが、ストレスになってきたので、思い切って洗濯は子どもたちが寝静まった後にすることにしましたが…

洗濯をはじめ「家事は母である自分の仕事」だと無意識のうちに決めつけてしまっていた私。
頼まれてもいないのに、一人で抱え込んだ結果、頑張りが空回り。
頑張れば頑張るほど、洗濯できない日が増えていきました。

そんなとき、次男が楽しそうに洗濯物を取り込んでいた姿(外しただけ)を見て、次男の成長を喜ぶとともに、長男も次男が産まれるまでは、洗濯のお手伝いが好きだったことを思い出しました。

子どもたちが起きている間は、家事が思うように出来ないと諦めかけていましたが、子どもたちと一緒に楽しめる方法を考えていくことにしました。

もちろんお手伝いを強要して、子どもたちがしんどくなってしまってはいけないので、「手伝ってもらえたら、ラッキー!」という軽い気持ちではじめました。

子どもたちが、達成感を得られるように、どんなにぐちゃぐちゃにしても褒めちぎるようにしました。

はじめは、洗濯カゴを分けていなかったのですが、長男が干しやすそうなものを小出しに渡していると、長男が待っている間に飽きてしまったりするので、靴下やタオルなど長男が干しやすそうなものは、洗濯機から洗濯カゴに移す段階で、長男専用洗濯カゴ(百均の可愛いゴミ箱を使っています)に、入れるようにしました。
自分専用というのも嬉しかったようで集中して干してくれる時間が増えました。
長男が、自分専用折りたたみハンガーに干している隙に、私は全力で残りの洗濯を干し終えるようにフル稼働!


そして、その間次男は、どうしているか?ですがー…。

この頃の次男は、まだ洗濯物を折りたたみハンガーから外すことしか出来なかったのでー…
長男が干した洗濯物が乾いても、外さずに置いておくようにしました。
そして翌日、長男が洗濯物を干している隣で、外さずに置いてあった乾いた洗濯物を外してもらいました。

もちろん次男は、外すことが楽しくなると、まだ事訳がよく分かっていなかったこともあり、まだ乾いていない洗濯物まで外したがります。

はじめから上手くはいきませんでしたが、洗濯=母の仕事!ではなく、子どもたちと遊び感覚でするようになってからは、子どもたちと私の笑顔の時間が増えました。

家事に育児に…仕事に…毎日本当に、本当にお疲れさまです。
どうかどうかご無理などなさらぬようご自愛くださいね。

今日も良い日になりますように…!

demyPANDA

パンダ大好き2男児の母です。
instagamで、我が子(時々主人)への果てしない愛情と時折込み上げてくる苛立ちを赤裸々絵日記にして公開しています。
【Instagram】@demy1632
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

TODAY’S BOARD

Ranking
[ 人気記事 ]

HOT WORD

SPECIAL!