Entertainment

【むすこ!むすこ!むすこ!】〜XL先生との再会【後編】〜

 

 

前回の続きです。

以前お世話になっていた保育園に着き、XL先生とK先生を見つけようとガラス窓から園の中を覗き込む息子と私。

先生方は私たちにすぐ気づいてくれ、とびっきりの笑顔で手を振ってくれました。

「ほら先生だよ!ずっと会いたがってたXL先生とK先生だよ!」と息子に声を掛けると、息子は
まさか本当に会えるとはと言わんばかりの表情をした後、思いっきり恥ずかしがって園に入ろうとしません。

夫に抱っこをせがみ、園の中に入って先生が「お顔見せて〜!」と言っても「だ〜め〜だ〜よぉ!」と言って
顔を隠してしまいます。

こちらからお会いしたいとお願いしたにも関わらず、まさかの息子の反応に申し訳なさいっぱいに
なっている親二人に対して、先生方は息子の対応を一切気にせず
「脚が伸びましたね!」
「お顔もシュッとして〜!」
「ほらっこの玄関でパパにいってらっしゃ〜い、ママにおかえり〜って言ってたの覚えてない?」
と息子がリラックスできるよう促してくれました。プロって本当にすごい。

が、まだまだ息子の緊張は解けず、チラッと先生を見ては顔を隠すような仕草を
繰り返していました。

「あぁこりゃ【会いたかったよ〜】なんて伝えるのは難しそうだなぁ」と思っていた時に、
息子がある絵本を発見。
こちらの園でお世話になっていた時に気に入ってよく読んでいた本でした。
見つけるなり自分から絵本を取りに行き、先生の膝に座って読んでとせがみます。
その息子の行動に先生が当時を思い出して涙を流し、その涙につられた夫が泣き始め、若干カオスな展開に。

絵本を先生に読んでもらった事で、緊張が一気に解けた息子は、もじもじしつつ、あのセリフを先生に
ぽそりと伝えます。

一同一斉に涙。(夫に関してはなぜか始終涙。)

ご迷惑かなと思って躊躇していた再会でしたが、会えて本当に良かったなと思いました。

先生もハンカチで涙を拭きながら「また来てね。絶対ね。」とおっしゃってくれました。

現在第二子を妊娠中なので、二人目が生まれたら
ご報告に来ますと約束をした私たちなのでした。

おしまい


あわせて読みたい

【栗鼠】はなんて読む?森の小動物といえば…?

Entertainment

2022.08.03

【栗鼠】はなんて読む?森の小動物といえば…?

めい

3歳の息子を育てています。毎日わーわードタバタしていて何をしていたか忘れそうなので、日々の出来事をイラストにしています。
【Instagram】@son_son_sooooooon

Recommend

世界に一つ!家族の手形が残せる『ファミリーハンドプリント・フレーム』で記念アートに挑戦!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]