FacebookInstagramYouTube
【クレンジングのやり方】押さえるだけ?正しい方法で美肌を目指そう

出典:いま口コミで人気コスメたちが知りたい!【クレンジング部門】

Beauty

【クレンジングのやり方】押さえるだけ?正しい方法で美肌を目指そう

クレンジングの種類ごとに適したクレンジング方法をご紹介します。ぜひ今お使いのクレンジングの種類に合わせたやり方を参考にしてみてくださいね!クレンジングの方法は、その種類やアイテムによってそれぞれ適したやり方があります。しかしクレンジングの種類によって、やり方を変えているという人は意外と少ないようです。なぜならそれぞれ長年慣れ親しんだやり方があるため、それ以外のクレンジング方法を知らないということもしばしば。
そこで今回はクレンジングのタイプ別に正しいクレンジング方法を徹底解説!正しいクレンジング方法を知ってきれいな肌を目指しましょう。

■クレンジング剤を使う前に☆ほんのひと手間で仕上がりに差が出る!

クレンジングの効果をアップさせるため、事前にやっておいた方がよいポイントをまとめました。ちょっと手間に感じるかもしれませんが、クレンジングがスムーズに行えるため、結果的に時短にもなりますよ。!

・事前に手を洗っておく

出典:photoAC

日常生活の中でさまざまなものにふれる手は、想像以上に汚れているものです。その汚れたままの手でクレンジングを行うと、クレンジング剤の効果を十分に発揮できない場合があります。
また目には見えない雑菌もたくさん付着しているため、クレンジング前にはハンドソープを使って手先を清潔にしましょう。

・ポイントメイクは軽く落としておく


ウォータープルーフのマスカラやリップなどは、ポイントメイク専用のクレンジング剤などを使い、事前に落としておくことがおすすめです。
通常のクレンジングでポイントメイクまで落とそうとすると、擦りすぎてしまい摩擦によるダメージを肌に与えかねません。顔全体をやさしくなでるようにクレンジングを行うのがベスト!
 

■種類別クレンジングのやり方!総まとめ☆

出典:デイリーケアに取り入れる「最新」保湿アイテムで、この冬は乾燥しらず!

クレンジング剤にはさまざまな種類がありますよね!メイクを落とすのが得意なもの、肌へのやさしさに特化したものなど、クレンジングにより得意・不得意があるため、特定のものだけでなく、数種類のクレンジングを使い分けているという人も多いのではないでしょうか。
用途によってクレンジングを使い分けることはとてもよいことなのですが、どれも同じやり方でクレンジングをしていると、本来の効果が発揮できていない可能性もあります。
今回はクレンジングの種類ごとに適した方法をご紹介しますので、ぜひおさらいしてみてくださいね!なお、クレンジングの種類は同じでも商品により多少使用方法が異なるため、ここでは一般的な方法を紹介します。

・クレンジングオイルの使用方法

出典:mamagirl2018冬号

クレンジングオイルはメイクや皮脂・毛穴汚れを落とすのが得意なタイプのクレンジングです。
オイルの場合は、“乾いた手”でクレンジングを行います。そして適量を手に取り、両手で顔全体にやさしく円を描くように広げます。Tゾーン→Uゾーン→目元・口元の順に洗い進めるのがおすすめです。
オイルはテクスチャーが重めなのでゴシゴシ擦らず、ゆっくりと肌になじませましょう。最後にゆるま湯で丁寧に流します。

・クレンジングクリームの使用方法

出典:いま口コミで人気コスメたちが知りたい!【クレンジング部門】

クレンジングクリームはメイク汚れにも強く、なおかつ洗い上がりのしっとり感が魅力のクレンジングです。
クリームの場合は、アイメイクなどのポイントメイクを事前に落とすのがおすすめです。
クリームクレンジングには濡れた手でもOKというものもありますが、なるべく手の水気を取るのがポイントです。
適量を手に取り、顔全体に伸ばします。その後のクレンジングの進め方はオイルの場合と同様です。

・水(リキッド)クレンジングの使用方法

出典:コスパ最強!「ちふれ」の人気アイテム5選♪ @ bm.peekaboo0512さん

水クレンジングはベースが水分なので、水にも油にもなじみやすいという特徴があります。水分が多く含まれているため濡れた手でも使えるアイテムが多くあります。またマツエクをしていても使えるアイテムが多いことも魅力のひとつです。

使い方はまず、コットンにたっぷりとリキッドクレンジングを含ませて、アイメイクを落としましょう。次に手に適量を取り、くるくると円を描くように軽いタッチで顔全体になじませます。サラサラとしておりクレンジングが肌にとどまりにくいため、小鼻まわりなどの汚れが集中している部分は、指の腹を密着させながら念入りになじませましょう。その後は、ぬるま湯で洗い流します。

・ミルククレンジングの使用方法

出典:@ dcc_beautyさん

ミルクタイプはクレンジング力がマイルドで、肌への負担が少ないタイプのクレンジング剤です。

ミルククレンジングはクレンジング力を落とさないために、なるべく乾いた手で使いましょう。ミルククレンジングを手に取り、手のひらでなじませます。手に取る量が少ないと摩擦により肌がダメージを受けてしまうため、商品ごとに記載されている適量を使用するようにしましょう。
最後にぬるま湯で少しずつ丁寧に洗い流すのがポイントです。

・ジェルクレンジングの使用方法

出典:mamagirl2018春号

ジェルタイプは弾力のあるゼリー状のなめらかなテクスチャーで、肌になじませやすいクレンジング剤です。
ジェルタイプは、手に取ったあと軽く揉みこむようにして、温めてから使うのがポイントです。なぜなら最初はジェルに含まれる油分が水分に包まれた状態になっていますが、手のひらで温めることで油分が表面に出てくるため、皮脂汚れなどを落としやすくなるためです。
その後は、他タイプのクレンジング剤と同様の方法でクレンジングを行いましょう。
 


■上手にクレンジングするコツとは?男ウケのよい美肌を目指す!

出典:photoAC

いくつかのコツを押さえることで、クレンジングの効果を最大限に発揮することができます!ぜひ日々のクレンジングに取り入れてくださいね☆

・オイルが入ったクレンジング剤は乳化させる


通常、水と油は混ざりません。例えば、手についたサラダ油を水だけで洗い流そうとすると大変ですよね。
しかしクレンジング剤には“乳化剤”が含まれており、その働きによりオイルの成分も水洗いだけですっきりと落とすことができます。
乳化剤の働きを発揮させるためのコツは、クレンジング剤を乾いた手で扱うこと。さらに手のひらで温めながら顔全体に伸ばすことです。
洗い流す際にもバシャバシャと水をかけるのではなく、クレンジング剤と水分をゆっくりとなじませることで乳化が進み、さっぱり洗い落とせます。

・ゴシゴシと肌をこすりすぎない


どのようなクレンジングを使う際にも、ゴシゴシとこすることはNGです。肌にとって摩擦によるダメージは意外と大きいもの。メイクとクレンジング剤がなじむよう、円を描くようにゆっくりとクレンジングを行いましょう。
また使用するクレンジング剤が少ないと、知らないうちにこすりすぎているというケースもあります。肌のために少し多めに使用するとGOOD!

・クレンジング剤はしっかり落とす

出典:photoAC

肌に残ったクレンジング剤がトラブルの原因になることもあるため、しっかりと洗い落とすことは大変重要です。特に髪の生え際や小鼻、あごの下は洗いにくく、クレンジング剤の洗い残しが気になるポイントです。注意して洗ってみてくださいね☆
 


SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 【気になるママのお仕事事情】私はこうして育児と仕事を両立しています!
  • 【コストコのデリカ】おすすめ13選!新商品から定番人気の惣菜まで紹介
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 「子どもの笑顔にママもご機嫌♪」【ハッピーセット】夏の新作にUSJの人気者たちが大集合!

Ranking
[ 人気記事 ]

今週のBaby & Kids

  • みっち(1歳)

  • ほーたん(1歳10カ月)